顔が小さくなる小顔矯正

初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしています。当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますので年齢に関係なく受けてもらうことができますが電気などを使うこともなく顔を無理に押さえつけたりすることもしていませんができるだけご自分でわかるように小顔矯正おすすめていきます。
小顔矯正
そのため、ご自分にわかるようにするために触り方に特徴がありますので簡単な触り方ではありませんができるだけわかるようにしています。
小顔矯正をしていくときには体調の検査もしていますが初回から色々なことをしてしまうと矯正したあと、だるくなる場合がありますのでできるだけだるくならないようにしていますが小顔矯正をした後もだるくなるか違います。

小顔矯正とは

小顔矯正をして行く時には顔だけ触って小さくすることができる段階と身体全体的に調整をしていかないと維持することができない段階と色々なものがあります。
特に最近は自分で感じていなくても体調が異常と思えるほど悪いのにそれを感じていない方が多くいますので小顔矯正をした後にだるくなる場合があるのは関係があります。
同じような小顔矯正をしても顔が小さくなってもだるくなるかとだるくならない方がいます。
初回や2回目などは顔だけ触って小さくすることをしていきますが小顔矯正と言っても顔だけすればいいというものではありません。
本当は顔を触らなくても体を調整することでも顔が小さくなっていきますがそれでは多くの方が納得してもらえませんので初回と2回目は顔を触って小さくすることをしていきます。

顔というのは頭蓋骨の一部です。

頭蓋骨というのは顔を含めたものを言いますので正式名称に 頭蓋骨矯正ではありませんが小顔矯正というのは頭蓋骨を小さくしていくことになります。
頭蓋骨の前面つまり前側の部分を小さくしていくのが小顔矯正です。
顔を小さくしていく矯正をしていくときに顔が小さくなっても頭が大きいままではバランスが悪く頭でっかちになってしまい宇宙人のような状態になってしまいますので頭蓋骨矯正ではありませんが頭蓋骨全体を小さくしていくことをしなければいけません。
頭蓋骨全体を小さくしていくときというよりも頭骸骨の顔の部分を小さくしていくことをしていくのが小顔矯正です。
小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますが小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の大きさを覚えてもらうことをします。
小顔矯正とは

顔を触って見る

まずは鏡で目で見ることをして顔の大きさを覚えてもらうわけですけど覚え方に特徴があります。
何も考えずに顔だけ見ても分かりませんので顔の左右山を見てください。
顔というのは全員の方が左右は違います。
例えば右側の輪郭が大きく張っていて左側は頬ぼれの辺りだけが出っ張っているという感じが必ずあります。
この顔の左右差を、まず目で見て覚えるようにしてください。
顔の左右差を目で見て覚えたら今度は目を閉じて手だけで顔を触ってみてください。
場合によっては 左右が逆転しているような感じで感じるかと思います。

顔の大きさを見て

小顔矯正とは
目で見ることが一番正確ですから右側が大きくで待っているという感じでしたら手で触ったときも右側が大きく感じなければいけませんが手の感覚神経というのは大変難しく単純に顔に手を置いただけではわかりません。
小顔矯正をして顔が小さくなったにもかかわらず分からないという方は感じようとしていません。
小顔矯正をして顔が小さくなってもわかろうとして触っていない限りはわかりませんので手を置いただけになってしまっています。
人の感覚神経というのは手にもありますが大脳を働かせながら触らないと分かりませんので大脳を働かせながら左右さを感じようとしてると分かります。
ですからただ単に顔に手を開いただけでは大きさを把握することができませんし顔が小さくなったのも分かりにくいと思いますが最近多くの方が感覚神経を弱らせていますので感覚神経を弱らせてしまうと本当にしっかりと一生懸命、触らないと分かりません。
手の感覚神経野大脳の感覚神経を弱らせてしまう原因は睡眠負債と睡眠障害にあります。
最近は多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると単純に考えてしまっています。
もう少し詳しく睡眠を説明すると夜寝てすぐに眠れるんですが寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に5時間以上あったり6時間以上あったりして目が覚める瞬間に夢を見て目が覚めています。

睡眠負債と睡眠負債と小顔矯正

一番最悪な睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠ですから寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまい記憶に残ることはありません。
目が覚める瞬間に見ている夢だけ覚えていて寝ていると勘違いしている場合が多くあります。
眠りが浅いということは一番近い大能に影響を起こしますので大脳顔が弱った状態や疲れやストレスを溜めた状態を長期にわたり起こしてしまいますと大脳にある感覚神経や手の感覚神経が極端に落ちて麻痺状態に陥っています。
こういう状態の方もいますからしっかりと触らないと分からないということなんですが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか言われると多くの方が「体調は悪くありません」とか「調子はいいです」と言っていますが骨盤の検査をしたり背骨の検査をしてみると大変な状況がわかってきます。
大変な状況というのは骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなったり背骨のズレがずれすぎてガタガタ状態になっている箇所があるのにさらに椎間板ヘルニアが起きているのが見受けられるのに、それらを感じ取っていません。
普通であれば体調が悪くて慢性化状態になっている方なのにその悪さを感じていないんです。
慢性化状態になってしまった体を回復させていくためには単純に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを矯正すればいいというわけではありません。

体の奥底から回復させていかなければ回復はしません。

また大脳や脳幹などの検査をして状況を確認しながら調整をしていかないと回復は一生できないと思います。
一生できないというのは大脳、脳幹まで悪くしてしまっているからです。
大脳脳幹というのは一番大切な部分ですから生命機能の中枢であり自分が生きている証の部分までやられているということですから。
最近は多くの方が眠れているようで眠れていませんので夢というのは長く夢を見ていた記憶があってもたった数秒の時間だったりというトリックが起こります。
そして最近は気温の変化が大きく異常と思えるほど温度差があったりすることもありますので温度差の中に生活している場合かなりのダメージを受けています。
温度差の中に生活して生きている限りエネルギーも多く使われますのでエネルギー発散から起きる体調の悪さも起きてしまいますし毎日毎日の生活や運動することで仕事をすることや精神的なプレッシャーなどを加えて体はダメージを溜め込んでいます。
体に溜め込んでしまうダメージというのは疲れやストレスと一概に言ってしまうことができないレベルなんですが分かりやすく説明するために疲れやストレスと説明しますが実はそういう軽いものではありません。

疲れやストレスと矯正

疲れやストレスというのは大変多くの方に溜まっていますが単純に体が疲れたとかストレスが溜まったと簡単に入っていますが疲れやストレスというのはどこに泊まっていくのかということが一番の問題になります。
疲れやストレスというのは体に溜まっていくということは分かっていると思いますが体のどこに溜まっていくのかということが一番の問題だということなんですが例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg にもなります。
体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり筋肉の中にも水分が存在していますし骨の中にも水分があります。
これらを全て集めたものが60 kg 以上にもなるということです。
水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思いますので後残った40 kg の中に疲れやすいですが食べるところが存在しているということです。

体の中に蓄積

小顔矯正で顔が小さくなる
体の中に疲れやすいですがためるところが存在しているということです。
40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
大きく分けてしまってこの9種類しかないということです。
筋肉にも疲れやストレスが溜まるということはよく言っていると思いますが筋肉に疲れやストレスが多く溜まっていくと乳酸が増えてしまうということで疲労物質になるということを紹介されているテレビが多くあります。
そのため筋肉にも多くの疲れやストレスが溜まることはもちろん何ですが。
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

トップへ戻る