小顔矯正

小顔矯正をする時には初回から顔が小さくなることで評判の良い子顔矯正をしていますが小顔矯正をする時には重要な関係するものが二つあります。
単純に何も考えないで小顔矯正するのではなくどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えなければいけませんし顔が小さくなったらなったで維持することや持続性というのを考えなければいけませんので顔を小さくするためにはどうしたら顔が小さくなるのかということを考えています。
小顔矯正

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔を触らなくても小さくすることができますが顔よりも体の方が重要になる場合もありますので小顔矯正というのも顔だけして顔が小さくなる場合と体もしないと小さくならない場合が存在しています。
しかし小顔矯正をしていく時には重要なものがあると説明したように重要なものというのは 疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠負債状態です。
今まで多くの方はお顔を小さくすることをしていきましたが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと多くの方が体調は悪くありませんとか調子はいいと思いますと簡単に答えてしまっていますが検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあることがあります。

骨盤の歪み・背骨のズレとは

骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなるということは体調が悪いということを指していますので痛みやこりがないからといって体調は良いとは限らないということなんです。
また体調が悪い時には骨盤の歪みは骨盤の開きだけではなく背骨のズレが大きくありますので背骨がズレ状態になっている方もいますし椎間板ヘルニアが起きている方もいます。
背骨がずれたりする時も体調の悪さを表していますので体調が良ければ背骨がずれが少なくなっていると思いますので検査をしてみると、よくわかるんですが、自分の体調がわかっていないことが多くなっていますが体調が分かっていない場合は痛みやこりがないからといって安心していられません。

睡眠負債と疲れやストレス

というのも睡眠負債状態を深く関係している場合があるからです。
睡眠負債状態というのは不眠症とは違いますので不眠症を説明すると夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症ですし夜中に何回も目を覚ましてしまうのが不眠症の特徴です。
睡眠負債というのは不眠症とは違います。
睡眠負債というのは夜寝ようとすると、すぐ眠れて朝まで目が覚めません。普通に考えれば良い睡眠をしているような状態なんですが目が覚めないだけで眠りが一番、浅い睡眠になります。
小顔矯正

睡眠負債

浅い睡眠の方は痛みやコリを感じにくくなっていきますので麻痺した状態になり鈍感状態になりますから大脳が急激に弱っていくということが起きますので大脳が急激に弱っていくと風邪の細菌やインフルエンザウイルスが体内に増殖傾向を示していても熱を上げることはありませんので風邪で寝込むこともないしこう熱が上がることもありません。
この結果、バカは風邪をひかないという意味あいになります。夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますので夢よりもさらに浅い睡眠をしている場合が多くありますから夢より浅い睡眠の事を寝ながら考え事をしてる睡眠と言います。

寝ながら考え事をしている睡眠


寝ながら考え事をして睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまいますので目が覚める瞬間に夢を見ていたら寝ていると勘違いしてしまいます。
しかし例えば6時間睡眠時間ある方が寝付くまでの時間に約5分目が覚める時間に3分あるとしたら夢を見てる時間に1分費やしたとしてもあと残りの5時間52分が寝ながら考え事して時間になります。
眠りというのは大脳が休養とって寝ている熟睡状態のことだけをいいますので熟睡状態がどれだけできているのかということが眠りにつながります。

つまり熟睡状態ができていない限りは寝ていないわけです。

目をつぶってスースー寝息を立てている人がいたとしたら寝ていると勝手に思っていますが大脳が妄想状態を描いていたり夢を見たりしているかも分かりません。
人というのは目を閉じてスースー寝息を立てていると寝ていると思うわけです。
しかし目を閉じてスースー寝息を立てていても頭の中がもうそうに近い状態を描いていたり変な夢を見ている可能性もありますが寝ながら考え事をしている場合が多く見受けられます。
寝ながら考え事をしているというのは寝ているわけですけどスーツを寝ている状態でも頭の中は分からないということですから熟睡状態ができていない限りは寝ていないということになりますので小顔矯正をしている時に一番の邪魔なものになりますので睡眠負債状態が多いのか少ないのかで顔が小さくなると顔が全然違ってきます。
小顔矯正とは

鏡で顔を見る

小顔矯正をする時には小顔矯正に入る前に鏡で見て顔の大きさや左右さを覚えてもらいます。
特に見てもらいたいのが目で見て確認できるのが一番ですから顔の大きさと左右山を見てください。
誰でもそうなんですが顔というのは左右が同じではありませんのでシンメトリーではないということで同じではありません。
顔というのは左右差がありますから鏡で真ん中に置いてみてみると他人の顔が出来上がります。
顔の左右差と言うともう少し説明を加えると右側が大きくを全体的に輪郭が大きいという状態があるとしたら左側はホホ骨の部分だけが大きく張っているという感じになります。

鏡で見て左右さを覚えたら今度は目を閉じて手だけで触ってもらいます。

しかし体だけで触ってもらう顔の左右差というのは単純に手を当てただけではわかりませんので逆に感じてしまっている方もいます。
逆に感じてしまうほど難しいんです。
ですから単純に手を置いただけではわかりませんし顔に手を当てただけでもわかりません。
左右差を感じようとしてやっとわかるという感じですが手で触って分かった方がより小さくなったのが分かりますし喜びも違いますし笑顔が違います。
小顔矯正

トップへ戻る