小顔矯正とは

小顔矯正をしていくならボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしているので人気のある当院は、どうですか。
当院では小顔矯正の経験が30年以上ある院長が矯正をして行きますので無理やりな治療をしているわけではなく自然に顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしています。
更新日:2018/12/06
小顔矯正
小顔矯正をしていくときには初回から顔が小さくなることで評判が良いわけですけどどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えるようにしてください。
むやみやたらに顔を小さくすればいいというわけではありませんので何をしたら顔が小さくなるのかということを考えなければいけませんし、どうやったら顔を小さくすることができるのかということを考える必要もあると思います。

小顔矯正をするなら

小顔矯正をして行く時には顔というのは前側にありますが全体で捉えれば頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨矯正というわけではありませんが頭蓋骨を小さくするということになります。
顔というのは頭蓋骨の一部ですから頭蓋骨の前澤にある部分が顔面骨という感じになりますので顔という感じになると思いますが実際には一体化していますので頭蓋骨の状態に影響を与えてしまいます。
頭蓋骨に影響を与えてしまいますので単純に顔を小さくすればいいというわけではありません。
何も考えずに頭蓋骨矯正をしているというよりも小顔矯正をしているというのは怖さがあります。
当院では無理なく頭蓋骨矯正というよりも小顔矯正をしているわけではありませんので正常に戻していくことで顔を小さくしていく小顔矯正をしています。
顔と言うのは誰でも同じように正常な顔の大きさをしているわけではありません。

顔を小さくする為には

今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが顔が正常な大きさをしている方は一人もいませんので全員の方が顔が大きくなっています。
しかしなにも原因がなくて顔が大きくなることはありませんので、どうして顔が大きくなっているのかという原因があるということです。
小顔矯正をしていくときには単純に顔だけを小さくすればいいというわけではなく体の状態も深く関係していますし体に疲れやストレスが多く溜まっていると必然的に骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きています。
疲れやストレスというのは誰でも溜まっているものなんですが何回と言うか程度があります。
小顔矯正と疲れやストレス

疲れやストレスと小顔矯正

多くの疲れやストレスが溜まっている方もいますし軽く疲れやストレスが溜まっている方もいるでしょうが最近は多くの方が疲れやストレスの度合いと言うか次元が違います。
疲れやストレスの溜まり具合が無茶苦茶と言っていいほど多いのが原因なんですが疲れやストレスが溜まるということは体にもたまりながら顔にも溜まっていきます。
次元が違うほど多くの疲れやストレスが溜まっているのが最近の方の特徴ですから検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっていたり背骨のズレから椎間板ヘルニアで起きている方もいますが普通でしたら痛みやコリや体調の悪さを感じていなければいけませんが感じていない方が多くなっていますので麻痺状態になって鈍感になっています。
麻痺状態や鈍感になる理由として考えられるのは眠りにあります。

睡眠負債は体調をマヒさせる

本人が気がついていない場合が多くあり説明するのが厄介な状況になっていますが最近は多くの方が寝ているようで眠れていないんです。
眠りというのは不眠症が特徴なんですが不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますのが不眠症です。
しかし不眠症とは違って睡眠負債という言葉がありますが睡眠負債のは夜寝ようとする時に目が覚めることはなく朝まで目が覚めません。
夜中に目が覚めたりすることがないために寝ていると勘違いしている方が多くいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので熟睡状態なんです。

睡眠負債になるのは

例えば6時間の睡眠時間があるとしたら多くの場合熟睡状態の時間というのは2時間前後だと言われていますが当院の院長が検査をしてみると2時間どころの話ではありません。
熟睡状態が全然できていない方も多くいますから2份の時間だったりという感じになっている方が多くなっています。
睡眠負債の時間が多くあればあるほど大脳が急激に弱っていきますし大脳に衰弱状態や疲弊状態が起きていきますので大脳が弱るということは緊張も高くなりますし興奮が高くなりますから痛みやこりにも弱りすぎていると麻痺状態になり鈍感になっていきます。
大脳が弱ってくると痛みやこりも鈍感になり感じなくなりますのでどんなに痛みやこりが起きているような状態を示していても痛みやこりとして感じとることができません。
毎日の生活でも風邪を引くような生活をしていても薄着をしていても汗をかいていても風邪っぽくなることも限界まで悪くならないとありません。
小顔矯正と疲れやストレスと眠り

免疫力低下

インフルエンザウィルスが体内に入って増殖していても大脳が弱ってしまっていると発症することもなくウイルスを減らすことができないので大量にウイルスが入ってしまっているという方がいますが猫のようなことにもならずインフルエンザウイルスが発症することはありませんので隠れインフルエンザウイルスになっていて他の人に移してしまいます。
大脳が元気だからインフルエンザウイルスが体内に入ったら高熱を上げて関節が痛くなったり体がだるくなったりします。
インフルエンザウイルスのワクチンというのはインフルエンザにならないというわけではなくひどくならなくて済むと病院の先生も入っていますのでインフルエンザウイルスにかかったら インフルエンザとして発症しなければいけません。
しかし

大脳が弱ってしまうと発症することもありませんのでたまりっぱなしになっていきます。

小顔矯正をしていくときには一番近くにあるのが大脳ですから大脳の疲弊状態が起きると体のダメージがありますので骨盤の歪みは骨盤の開きが落ちたり内臓の冷え状態を着たり筋肉疲労が起きたりしますから大脳も弱ってしまいますので、弱るところではないということもあります。
小顔矯正をする時には多くの方が正常な顔の大きさではありませんので正常な顔に戻していくことで特に顎のラインはすっきり細く引き締まっていきます。
顔には何があるのかということを考えなければいけませんが顔にある何かを減らすと顔が小さくなったり細くなっていくわけですから何をしたら顔を小さくすることができるのかということを考えてください。
顔というのは皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と神経と血管とリンパとむくみしかありません。
この中で何をすれば何を減らせば小さくすることができるのかということなんです。
もちろん顔に多くなってしまった脂肪やむくみを減らすことでも少し顔が小さくなると思います。
しかし単純にむくみや脂肪を減らせばいいというわけではありませんのででは何をすればさらに顔を小さくすることができるのかという問題なんですが、当院の院長は検査することはしていますので検査をしてみるとむくみや脂肪を見つけ出すことも出来ますし触って感じ取ることができればむくみや脂肪があるということがわかりますのでむくみや脂肪を減らすことをしていますが単純にそれだけではありません。
美容外科でや美容整形外科に行かれると手術をして 脂肪を減らしたり骨を削ったりということをしています。
しかし手術もしないで骨を小さくすることができるのかということがありますが骨が正常であればできることはありませんが骨に何らかの異常は加わっていれば正常に戻すことで小さくなることはできます。

顔の骨が炎症やハレを気が付かないで起こしている

今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが検査をしてみると全員と言っていいほど顔の骨が炎症を起こしたりハレたりということで大きくなっています。
顔にも疲れやストレスがたまるということがありますので顔に溜まった疲れやストレスが原因で骨まで炎症を起こしたり腫れたりということが起きるんです。
顔に溜まった疲れやストレスというのは大変多く蓄積していますので顔のむくみや脂肪になったりしますのでむくみや脂肪を減らすだけでは効果が半減してしまいますので疲れやストレスを減らさなければいけません。
また顔の骨にも疲れやストレスが溜まると骨自体が炎症を起こしたり大きくなったり肥大したり膨らんだりします。
そうすると顔全体が大きくなっていきますので当然としてむくみや脂肪が多くなっていきます。
小顔矯正と疲れやストレスと眠り

 

トップへ戻る