顔が小さくならから人気がある

初回から顔が小さくなる小顔矯正で人気のあるボキボキもしないし痛くもないし電気などを使うこともなくての技術だけで顔を小さくすることをしています。
当院では小顔矯正を希望されて訪れた方の顔を全員の方が小さくすることをしていますが小顔矯正をしている時にはトップページで書いてあるようにストレスの蓄積が一番、深く関係をしています。
小顔矯正
ストレスというのは疲れが大きくなって疲労になり疲労が多くたまった状態のことをストレスと言いますのでストレスというのは肉体的に体に溜まるストレスと精神的に溜まるストレスと寝ているようで眠れていない状態で溜まるストレスの三つがあります。

小顔矯正に関係するもの

小顔矯正をしている時には三つとも深く関係をしていますが一番深く関係しているのが精神的なストレスや睡眠負債状態で寝ているように思っても眠れていないストレスです。
ストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで多くなったりするものですしアルコールを飲んだりすることでも油っこいものを食べたりすることでも食事をすることでも多くなっていくものです。
ストレス(蓄積疲労)が溜まっていない方はいません。

しかし一番厄介で減りにくいのがストレスなんです。

小顔矯正をして行く時には小顔矯正に入る前に入る前の顔の大きさや輪郭などを触ってもらって覚えてもらうことをしています。
小顔矯正に入る前に顔の大きさを確認してもらうのが一番だと思いますので矯正した後の変化がよく分かるようにしているのが特徴なんですが触り方が簡単なようで大変難しいので簡単に触ってしまったかたほど時々分からないという方がいますのでわからないということがないようにしっかりと触って覚えるようにしてください。
強制に入る前に顔を触ってもらいますが単純に手を置いただけでは自分の顔の大きさをわかることはできませんのでしっかりと左右さを比べるようにして触って欲しいのですがただ単に手を当てただけの方は小さくなっても分かりにくく小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も変わることはありませんので小顔矯正をして変わるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じなんです。
小顔矯正とストレス

顔が小さくなるのは

たとえ1 CM 変わってもわかるように触っておいて欲しいんですが特に顎の部分はストレスをためやすくストレスを溜めてしまったりすると炎症や腫れやただれなどを起こすことがありますので炎症や腫れ、ただれを起こすと顔が大きくなっていきます。
ストレスを溜めてしまうということは顔が大きくなっていきますので顔が大きくなったぶんだけむくみや脂肪が多くなっていきますので顔を通常に戻すことをすると顔が小さくなっていきます。

矯正する前に顔を触ること

小顔矯正をして行く時には必ず矯正に入る前に顔の大きさや輪郭などを覚えてもらうのが基本ですから本当に変わるからこういう行為ができるのでスタッフがメジャーで測ったり計測する道具で測ることはありませんので自分の体で感じ取るようにしてください。
他人が継続したりメジャーで測ったりすると位置が違ったり初めにゆるく測って矯正した後に強く測ってしまうと締め付けた状態になりますので締め付けでも誰でも小さくなったと言えることができますので嘘偽りがないように自分の両方の手のひらで顔の変化が分かるくらい変えていきます。
しかし変えて行く時も先ほど説明したように10 CM も変わることはありませんので1 CM が変わってもわかるように触っておいて欲しいんです。
鏡で見て顔の大きさ

鏡で顔を見る

小顔矯正に入る前に鏡で見て顔の大きさを覚えてもらいますが鏡で何を見るのかと言うと左右さを比べるように見てください。
鏡で見て左右さが分かったら今度は目を閉じて両方の手のひらを顔にあてて左右さを感じ取るようにすると顔全体の大きさがしっかりと分かってきますから。
目で見るよりも手のひらだけで大きさを把握するというのは大変難しい行為ですからしっかりと集中して触らないと小さくなってもわからないということがあります。
本当に時々分からないという方は感じ取ることをしていませんので大脳を働かせて感覚神経を働かせることができていない方が小さくなったのがわからないということになりますからそういうことがないようにしっかりと触って覚えてください。

ストレスがたまる

顔を小さくしていくためには毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することで積み重なったストレスを減らすことをしていかなければいけませんがストレスというのは身体全体にも停まりながら顔にも溜まっていきますので体に溜まったストレスが顔にも影響を出していますし顔に溜まったストレスが体にも影響を出して行くほど相互関係にあります。
初回から色々ストレスを解消してしまうとパワーダウンしてしまいますのでパワーダウンしてしまうとだるくなる場合がありますのでだるくなることはできるだけ避けたいところなんですが最近は体調が悪い方が多くいますが院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかどうか聞かれると多くの方が体調はいいですとか体調は悪くありませんと簡単に答えてしまっていますが痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。
小顔矯正とは

体調と小顔矯正

体調が良い状態でもないのに痛みやコリが起きているような状況でも大脳が極端に弱ってしまったかたほど痛みやコリを感じにくくなっているほど体調を落としていますので麻痺した状態は鈍感状態になっている方も増えていますので。
大脳を弱らせる原因は寝ているようで眠れていない睡眠負債状態が原因なんですが多くの方が勘違いしていますので睡眠負債というのは不眠症とは違います。
不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますのが不眠症ですけど目を覚まさない不眠症があるんです。
目を覚まさない不眠症というのは睡眠負債という言葉に置き換えることができます。

ストレスと睡眠負債

睡眠負債という言葉は夜寝ようとすると朝まで目が覚めることはありませんが夢を見るというよりも寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長く大脳が極端に弱らせた状態の方がいいます。
大脳を弱らせた方は痛みやコリを感じにくいだけではなく風邪を引くこともできませんしインフルエンザウイルスが体内に入っていても隠れインフルエンザウイルスになり発症することができないほど落としています。
体調が悪いことほど顔を小さくすることができても維持することや持続力はないのは当然ですからストレスを減らすことをしなければいけませんし仮に風邪の細菌やインフルエンザウイルスが体内に入っているような状況では顔を小さくしても維持することができないのは当然だと思います。
小顔矯正とは小さくする