小顔矯正

小顔矯正をして顔を小さくしていくためにはどうすれば顔を小さくすることができるのかということを考えることも必要だと思いますので、ただ顔を小さくしたいというだけではなく、どうやったら顔を小さくすることができるのか、小顔矯正とはどういうものなのかということを知らなければ顔を小さくしていくことが難しいと思いますので、小顔矯正をして顔を小さくすることを知っているわけですけど、知ってもらうために説明していきたいと思います。

顔を小さくしていくためには

実際に顔を鏡で見て、イメージしてみてもらえば分かると思いますが、顔をどうやったら小さくすることができるのかというのをいくら考えてもわからないということなので説明をしますが、顔を小さくするためには骨を小さくすることができなければ顔が小さくなるわけはありませんし、顔のむくみや脂肪を減らすだけでは小顔矯正とは言えません。

 

顔を小さくしていくためには、どうやったら顔のむくみや脂肪を減らすことができるのかということもありますが、実際に顔には皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しかありません。

 

この中で確かに脂肪やむくみなどを減らすことでも、顔が小さくなると思いますが、それだけでは小顔矯正というよりも顔周辺の矯正という意味になりますので、小顔矯正ということはできないと思っています。

 

今まで多くの方の顔を30年間で小さくすることをしてきましたが、小顔矯正を希望されて訪れた方全員に対して院長が調子はどうですかとか体調は悪くないですかと聞くと全員の方が同じ答えを答えます。

体の状態と小顔矯正

その答えというのは、調子は悪くありませんとか体調は良いと思います、という感じなんですが、院長は検査をすることが出来ますので、検査をしてみると逆のことが分かります。

 

検査をしてみて、逆のことが分かるというのは当院の院長は検査が正確にできるので小顔矯正を希望されている方の検査をしてみると、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり、背骨がずれすぎてガタガタ状態になっているという感じなんですが、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレというのは体調の状態を表わしています。

 

検査をしてみると、色々な状況がわかってきますが、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレというのは小顔矯正をする時に一番厄介なものになります。

 

一番厄介なものというのは、小顔矯正を邪魔するものです。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると顔にも歪みやズレが起きています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると顔の脂肪が多くなっています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるとむくみが多くなっています。

小顔矯正をするときには

小顔矯正をしていく時には、骨盤の歪みや骨盤の開きを改善することも必要なんですし、背骨のズレを矯正して体を整えていくことでも顔が小さくなるということなので関係があるということなんですが、初回から色々な小顔矯正はできませんので、まずは小顔矯正を希望されて訪れていますので、顔を小さくすることに専念していきます。

 

しかし、これだけ骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて背骨がガタガタ状態になっている方は小顔矯正をしただけでも体調や体力がないために小顔矯正をした後にだるくなる方が多くいます。

 

小顔矯正といっても、全身が変わってくる訳ですから、顔だけ変わることはなく、すべてを変えてしまうのが小顔矯正ですから。

 

小顔矯正をする時には、どうやって小顔矯正をするかというと、マッサージをするような感じだと思ってしまえば近いと思いますので、マッサージをするような感覚で顔を問題にしているだけで顔が小さくなっていく、小顔矯正をしていますが、実際にマッサージではありませんのでマッサージをして顔が小さくなることはないと思います。

 

小顔矯正をする時には、マッサージをするような感じで、徐々に顔が小さくなっていき、むくみや脂肪も減っていきますので、特に顎のラインは細くすっきり引き締まっていくというのが当院の小顔矯正の特徴です。

顔を小さくしていくためには

小顔矯正をして顔を小さくしていくためには、身体の状態も大切な要素になりますので、本当は初回から顔を小さくするよりも体が整えて顔を小さくしたいんですが、初回から色々やってしまうと小顔矯正をしたあとだるくなることがありますので、できるだけだるくなることは避けたいですから顔だけ触っていきますが顔だけ触っても本当に最近体調や体力がない方が多くいますので、多くいる割には小顔になりたいと言いますので一応説明をして小顔矯正をして顔を小さくすることをしていきます。

 

最近は多くの方が疲れやストレスを溜めてしまい、疲れやストレスを貯めることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが大きく起きています。

 

疲れやストレスを溜めることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい背骨のズレが起きてガタガタ状態になって顔が変形したり、むくみが起きたり、脂肪が多くなったり顔が大きくなったりしていきます。

 

疲れやストレスの蓄積というのもたまるところがあるから、溜まっている訳ですけど、疲れやストレスを溜まった体から減らすことをしなければ顔を小さくすることもできないし、維持することもできません。

疲れやストレスの蓄積が顔にも

疲れやストレスの蓄積というのは、筋肉にもたまにながら例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと搾ってみれば65キロも水分が出てきますので体重の半分以上は水分だということですが、水分と言っても血液だったりリンパ行きだったり色々な体液だったりという水分ですから単純な水ではありません。

 

しかし、水分に疲れストレスが、溜まるというのは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓にたまっていきますが、最大限たまる所というのは内臓と筋肉になります。

 

内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まりながら、体のバランスを崩していき、顔を小さくすることができにくくしていきます。

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が小顔矯正に訪れています

トップへ戻る