小顔矯正で顔を小顔にしていくなら

小顔矯正で顔を小顔にしていくなら

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしていくときには矯正する前と矯正した後を比べることが出来るようにしています。

 

小顔矯正

 

どうやって矯正する前と矯正した後を比べるのかと言うと矯正する前に必ず顔の大きさを覚えてもらうことをしています。

 

鏡で見て顔を覚える

 

1、まずは鏡で見て自分の顔の大きさを確認してもらうことをしていますが目で見て自分の顔を見るためにも顔の大きさや左右差を比べてもらうことをしていますので特に推薦しているのが顔の左右差を確認してもらうようにしています。

 

顔と言うのは左右に違いがありますので全員の方が顔の左右の違いがあり対称ではありませんから非対称だと言うことで顔の違いがあると言うことを確認してもらえます。

 

顔と言うのは端を中心にしてみた場合、右側の顔と左側の顔の大きさが違うのがわかると思いますし形が違うと思いますので、例えばですけど右側が全体の顔が大きいのに左側は頬骨のあたりだけが出っ張っていると言う感じで左右が違うと言うことを鏡で見て覚えて欲しいんです。

 

鏡で見て左右差を覚えることをしたら今度は手で触ってもらうことをしています。

 

手で触って顔を覚える

 

2、鏡で見た左右差を覚えてもらいながら今度は両方の手で触ってもらうことをしていますのでまずは触り方なんですが両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるだけだんですがこの時に鏡で見て確認してもいいんですが自分では顔につけているような感じがあっても実際は手のひらや指の部分が浮いていることがあります。

 

自分で意識しなくても結構手のひらや指が浮いていることがありますので浮いているところがないようにできたらして欲しいところです。

 

鏡に映った自分の顔を見て輪郭を覚えるよりも手で触ると言う事は簡単なことではありませんので意識をしないと覚えることができませんので鏡で見たことと逆に感じてしまうことがありますのでそういうことがないように性格なのは目で見た感じが性格ですから右側が出っ張っているとか言う感じを手で触りながら意識をして触ると言うことが大切ですからただ顔に手を当てただけでは小さくなってもわかりません。

 

小顔矯正といっても

 

小顔矯正といっても顔が10センチも20センチも変わることがありませんので、1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで変わってきますのでしっかりと1センチ変わってもわかるように触っておいてください。

 

そのため本当に顔に手を当てただけで意識していない方は小さくなってもわからないと言うことがありましたので注意したいところなんです。

 

また1においては鏡で見たら顔が小さくなったのがわかるのに手で触ったらわからないと言う方までいましたので1番は鏡で見る事は基本的なことではなく推薦しているのは手で触ると言うことです。

 

当院では顔が小さくなったのが測るのも、院内のスタッフがメジャーや計測する道具を用いたりする事はありませんので、全て自分で覚えてもらうようにしていますので間違いなく小さくなると言うことが言えると思います。

 

当院の小顔矯正は痛くもなくボキボキもしないし無理矢理押さえつけたりすることもなく1番小顔矯正の中でも優しい小顔矯正だと言っても間違いはないと思いますが小顔矯正をするときには検査することをして顔を小さくすることをしていますので状況判断をしながら顔が小さくなると言う小顔矯正ですから初回から顔が小さくなっていくんです。

 

小顔矯正をしていくときには朝からむくんでいるとか、朝からパンパンだとか言う感じを聞くと思いますが、朝からむくんでいたり朝から顔が大きいと言う状態のパンパンになっているような状況では眠れていませんので、1番は眠りの改善もしていかなければいけませんが眠りの改善と言うのは簡単な方法ではできません。

 

小顔矯正と言うのは顔を小さくしていく矯正の事なんですが顔と言うのはどうしたら小さくすることができるのかということも考えなければいけませんのでただ顔が小さくなりたいとか小顔になりたいと言う感じで思わず顔を小さくすると言う事はどういうことなのかということを考えるようにしてください。

 

小顔矯正とは

 

小顔矯正をするときに何をしたら顔が小さくなるのかと言うとその説明をする前に顔には何があるのかということを知らなければいけませんので今でも自分の顔を触ってみてください。

 

顔を触ってみると表面上にあるのは皮膚と皮下脂肪と筋肉と人体とむくみと顔の骨しか存在していません。

 

むくみや脂肪がどれぐらいあるかでむくみや脂肪を減らすことをしていくと顔が小さくなっていくと言うこともあります。

 

しかしむくみや脂肪と言うのは多くの方の場合そんなに大量にある方はいませんので、では何を減らすことをしたら顔が小さくすることができるのかと言う問題があるんです。

 

顔を小さくする

 

顔小さくしていくためにはむくみや脂肪を減らす事は、当然の事ですからむくみや脂肪以上のものを減らさなければいけませんしどうして顔に浮腫や脂肪が増えていくのかということも考えて減らすことをしないと、単純にエステがよりクリームを塗ったりパックをしたりマッサージをしたりと言う感じでは、むくみや脂肪は減っていく可能性もありますが単純にそれだけではないと言うことなんです。

 

顔を小さくする方法は

 

顔を小さくする方法はエステなどの小顔矯正がありますが正確ではありませんがエステの小顔矯正はクリームを塗ったりパックをしたりラップをしたり暖かい状況をかけたり冷たい蒸気の出る機械で肌を引き締めたりマッサージをしたりと言う感じで発汗作用を促したりとかするのが一般的に行われている方法だと思います。

 

しかしこれらはむくみや脂肪を減らしたり肌をきれいにしたりする方法ですからそれ以上でもないしそれ以下でもないと言うことを言えると思います。

 

美容形成外科で行われている小顔矯正と言うのは脂肪吸引したり皮膚を引っ張ったり顔の骨を削ったりと言う行為が小顔矯正で行われているようです。

 

当院の小顔矯正は

 

当院で矯正をやっている方法と言うのはマッサージをするような感じだと思ってもらえれば分かりやすいと思いますが顔を揉んだりすることで本当に顔が小さくなっていくと言う特殊な小顔矯正をしていますので実際にマッサージをしているわけではありませんしマッサージで顔が小さくなる事はないと思っています。

 

しかし本当に簡単にやっているようにしか見えないので自分でも出来るような感じで患者さんがよく言われるんですができるわけはありませんし30年の経験と秘密の技術を使いながら小顔矯正をしていますから、できる技ですから院長しかできません。

 

見た目で見て簡単そうにしていることほど難しい事はありませんので簡単にしているのに変わると言う事は凄い技術を有しているとことを言うことがわかると思います。

 

実際にマッサージをしているような感じで顔を揉んでいるだけで顔が小さくなっていくのでむくみや脂肪が取れて顔自体が小さくなっていきます。

 

しかしむくみや脂肪を改善することをしても限界はありますのでそれ以上変えるためには検査することをして顔の骨が正常なのかと言うことを見つけ出すことをしています。

 

顔の骨の肥大

 

今まで多くの方の顔を小さくすることを指摘ましたが全員と言っていいほど顔の骨も大きく膨らんでいるということがわかっていますので正常に戻していくことで顔が小さくなっていくと言う小顔矯正をしているので普通ではできないレベルの小顔矯正をしています。

 

当院の小顔矯正と言うのは初回から顔が小さくなることで人気があるんですが顔が小さくなったのがわからなければ意味はありませんのでできるだけ顔が小さくなったのがわかるようにしているのが当院の特徴ですから院内のスタッフがメジャーや計測する道具で図ったりする事はありませんので自分で確認することができます。

 

小顔矯正をする前に

 

小顔矯正をしていく前には、まずは初めは鏡で見て自分の顔の大きさや形や左右差を覚えてもらう事をしています。

 

単純に鏡で自分の顔を映して見てみても何も感じていなければわからないと言う思いますので顔の輪郭と言うよりも1番は左右差を比べてみるということが分かりやすいと思いますので自分の鼻の中心にして右側の顔の大きさと左側の顔の大きさを比べてみて下さい。

 

多くの方の場合といっても全員の方だと思いますが顔の右半分と左側半分の形とか大きさが違うと言うことです。

 

鏡で見るときにはお化粧するときのような感じで見てもらったほうが分かりやすいと思いますし意識をしてみるということが大切になりますのでただ顔おぼろげに見ても顔が小さくなる事はわかりにくいと思いますので特徴的には左右差を比べてもらうことをしています。

 

顔と言うのは左右差が

 

顔と言うのは右側半分と左側半分の形や大きさが違いますので、例えて言うなら、右側が全体的に顔が大きいので左側の顔は頬骨のあたりだけが出っ張っていると言う感じだと思います。

 

これは例ですから、逆の方もいるでしょうが、一例で言うと顔の右側が半分が大きくて左側の1部分だけが出っ張っていると言う方が多くいます。

 

鏡で見ると言うことを自分の顔の輪郭を見ると言うことも大切なことですが左右差を比べてみるということが1番、小顔矯正をするときにわかりやすいことだと思いますので、鼻を中心として右側の顔と左側の顔を比べてみるとより自分の顔の形がわかると思います。

 

鏡で見てわかったら今度は手で触ります。

 

顔手で触る

 

顔を手で触ると言う事は鏡を見るよりも難しいことですから簡単だと思って触ってしまうとどんなに顔が小さくなってもわからないと言うことがありますので、わからないと言うことがないようにしっかりと触って覚えておいてください。

 

小顔矯正をしていくときには顔が10センチは20センチも変わる事はありませんので、例えば1センチ変わってもわかるように触っておかなければ小さくなったのがわかりません。

 

顔の触り方は

 

顔の触り方と言うのは、すごく簡単なんですが、両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

 

しかし、この触り方と言うのは大変難しいので、ただ手を置いただけではわかりませんし、顔に手を当てただけでも分かりません。

 

目で見るよりも体だけで顔を触ると言うのは、感覚神経の働きを促していないと分かりませんので右側と左側の顔を比べるようにしてみてください。

 

そして比べるだけではなくむくみ度合いと言うのも、右側と左側で違いますし、脂肪のつき方が違いますので手の感触だけで、ぶよぶよした状態や脂肪が暑いなと感じとる位のことをしてもらうと小さくなったのが、しっかりとわかるようになります。

 

小顔矯正をしていくときにも感覚というのが、大切になりますので感覚神経を働かせて左右差を感じとるようにしたりむくみの度合いや脂肪を親指と人差し指でつまむようにして引っ張ってみるのも大切なんです。

 

顔の左右差だけではなく手のひらのあたる皮膚の部分がぶよぶよしているのを右側と左側を比べてみるんです。

 

ぶよぶよしている側の方が脂肪やむくみが多いことになります。

 

顔と言うのは形にしろ、むくみ度合いや脂肪のつき方も違いますので歳を比べてみると言う事は大切なことになります。