小顔矯正なら浮腫みや脂肪から

小顔矯正なら浮腫みや脂肪から

当院では初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているんですが小顔矯正をしていくときにはボキボキすることもなく痛いこともなく怖いこともなく安心安全な小顔矯正をしています。

 

小顔矯正

 

小顔矯正をしていくときには本当に小さくなるのかと言う疑問があると思いますので当院では30年の経験から初回から顔が小さくなることで人気がある小顔矯正をしていますので安心してください。

 

小顔矯正とは

 

小顔矯正をしていくときには小顔矯正に入る前に鏡で見たり手で触ったりと言う練習を2度ほどして矯正に入っていきますので顔が小さくなるのが自分でもわかるようにしているのが特徴ですから自分で比べることができます。

 

小顔矯正に入る前に自分の顔を触って覚えてもらったり鏡で見たりすることをしていますので安心して小顔矯正を受けてもらうことができると思います。

 

顔を鏡で見る

 

まず初めに小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔を覚えてもらうことをしてもらいますが顔の何を覚えるのかと言うと顔の形や輪郭や大きさや左右差です。

 

いろいろ言いましたが1番は左右差を覚えてもらうことをしています。

 

顔と言うのは全員の方が左右が同じ人は、いませんので左右の違いを目で見て確認してもらうことをしています。顔には左右の違いがありますので真ん中を中心として右側の形と左側の形を目で見て確認するわけです。

 

真ん中と言うのは鼻がありますので端を中心にして右側の形と左側の形を比べて目で見て下さい。近しい目で見ると言うのも簡単な方法ではありませんので顔の形を意識してみないとわからないと言うことがありますので必ず右側の敵と左側の形を中心を境目にして比べるわけです。

 

当院では小顔矯正をしていくときにはメジャーで測ったり計測したりすることがありませんので自分で感じてもらうことをしています。

 

鏡で見て顔の形や大きさや左右差がわかったら次は手で触ってもらいます。顔の左右差と言うのは右側の形と左側の形が違いますので例えば端を中心にして右側全体が大きいのに左側はそこまで大きくなくて頬骨のあたりが1部出っ張っていると言う感じだと思います。

 

顔を手で触る

 

鏡で見て左右差がわかったら今度は手で触って確認してもらいます。鏡で見るよりも体で触ると言う事は簡単な方法ではありませんので、簡単だと思って触ってしまった方ほど意識をしてなくて手を顔に当てているだけと言うことがありますので、意識をしないと顔が小さくなってもわからないと言うことがあります。

 

小顔矯正の触り方は

 

小顔矯正をするときの触り方と言うのは手首を合わせるようにして、顎の部分に当てて両方の手のひらと指を顔に密着させて触るだけです。

 

単純にこれだけなんですが、これがすごく難しいことですから、鏡で見た顔の形が正解なので逆に感じてしまう方もいるほどです。

 

体で感じると言うのもただ手を当てただけでは分かりませんので、しっかりと意識を持ちながら触ってみると顔が小さくなったのが比べることができます。

 

顔を比べることができる

 

手で触ると言う事は簡単ではありませんからしっかりと意識をして触ってみると自分の顔の形がわかってきますのでそれともう一つむくみ度合いを確認してみるのもいっこの方法です。右側の顔を右手で左側の顔を左手で触ったときにぶよぶよしている方がより脂肪やむくみが多い方になります。

 

これを判断することをができると、しっかりと意識を持っていると言うことになりますので右側の顔のぶよぶよ感と左側の顔のぶよぶよ感を比べてみてください。

 

比べることをすると言う事はしっかりと意識を持っていることになりますので意識を持ちながら顔を触ると言うことが大切になります。

 

時々これが意識をすることができない方やしていない方がいますのでしていない方やできない方は顔が小さくなってもわかりません。

 

小顔矯正といっても10センチも20センチも顔が変わる事はありませんので顔が変わるのは1センチだったり2センチだったりと言う感じで変わってきますのでしっかりと触って覚えておくようにしてください。

 

顔を小さくするためには何をしたら顔が小さくなるのかということがいろいろな方法で紹介されたりテレビで特集されたりと言う感じで多く見受けられるんですがどれもこれも基本的なことを考えてもいませんし検査することをしていませんのでどんなにいくらテレビで紹介されたり雑誌で紹介されるような小顔矯正を自分でもしてみても顔が小さくならないと言うことで多くの方が諦めています。

 

小顔矯正とは

 

小顔矯正をしている時に、関係するものから減らしていかなければ、どんなに良いと言われる小顔矯正をしても効果が出にくいと言うことがあるようですから、小顔矯正をしていくときに1番、関係するものから減らしていくことをしています。小顔矯正をしていくときに減らしたり解消したりすると顔が小さくなると言うことで、当院では実践していますが関係するものと言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどと眠りの問題から多くなっていくものです。

 

小顔矯正をしていくときに減らすと顔が小さくなるものと言うのは疲れやストレスなんです。

 

一見、関係がないような事なんですが疲れやストレスと言のは深く顔を小さくしていくときには関係しているものですから疲れやストレスを減らしていく事で、顔は小さくなっていくということがわかっています。

 

顔を小さくするには

 

顔を小さくしていくためには疲れやストレスを減らすことをしなければいけませんがどこに溜まっているのかということも問題になるでしょうから検査することができないと減らすことはできませんし疲れやストレスと言うのを減らすのが1番、難しいと言うことがあります。

 

疲れやストレスと減らすためにはどこに溜まっているのかということを見つけ出すことをしなければいけませんので疲れやストレスの検査をしなければいけませんが普通一般的に疲れやストレスの検査と言うのは行われていませんので大変、難しい技術ですけど当院では簡単にしているようにしか見えないので、単純に簡単にして小顔矯正をしていると思われがちなんです。

 

小顔矯正を希望されてきた方も「自分でもできますかと」簡単に言われますが簡単にしているわけではないのでできるわけはありませんので30年の臨床経験がある技術があるからできる技と言うのも考えなければいけないと思いますけど。

 

簡単そうに見えるけど大変難しい技術ですから誰でもできるわけではありませんので、今まで多くの方の顔を小さくすることをしていますが、全員と言っていいほど、顔を触ることがうまくできないのに治療すると言うのはさらに難しいことです。

 

小顔矯正をしていくときには

 

小顔矯正をしていくときには体にも疲れやストレスが溜まっていくということは、わかっていると思うんですが、疲れやストレスと言うのは負のエネルギーに変換されますので負のエネルギーに変換されるときにはむくみや脂肪を起こしてしまい、単純にそれだけではなく骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが起きていくということが起きてしまいますので、代謝が悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が溜まっていると言うことが起きてしまいます。

 

疲れやストレスが多くなっていくと

 

疲れやストレスが多くなっていくといろいろな部分に脂肪やむくみを作ってしまいますので顔にも脂肪やむくみが起きるということがあると思いますので、朝から顔がパンパンになっているとか顔がむくんでいると言う状態は顔が大きくなっているから感じることなんです。

 

しかし朝からむくんでいると言う事はどうして朝からむくんでいるのかということを考えなければいけませんのでただ朝からむくんでいると思うだけではなく、朝と言うのは1番顔がすっきり細く引き締まっていなければいけません。

 

しかし自分でも気がつかないで眠りが浅いことがありますので眠りが浅ければ朝からパンパンで顔がなっている、または、むくんでいると言う状態が起きてしまいます。

 

顔を小さくしていくのが小顔矯正なんですが顔と言うのは、どこをどうすれば小さくすることができるのかということを考える必要がありますので、単純に表面上にあるむくみや脂肪を減らせばいいと言うわけではありません。

 

顔に大量の脂肪やむくみがあれば減らすことが可能なんですが、脂肪やむくみと言うのも皮膚や皮下脂肪層や筋肉そうに多くある浮腫もあれば皮膚の下の脂肪が分厚くなっていると言うこともあるかもわかりません。

 

小顔矯正と言うといろいろな方法がテレビなどで紹介されたり女性誌などで紹介されたりすることがありますが実際にやってみても効果が出なかったりイマイチだったりと言う感じの場合が多いようですので実際に顔を小さくするためにはどうすれば良いのかということを説明します。

 

小顔矯正とは

 

小顔矯正と言うのは単純に顔を小さくすれば良い小顔になれば良いと言う感じで多くの患者さんがこられていますが顔と言うのは何なのかと言うことも考えてみる必要がありますので顔と言うのは頭になります。

 

頭と言うと抽象的ですから分解してみたいと思いますのでまず顔を触ってみると1番に感じるのは皮膚です。

 

皮膚の下には皮下脂肪があって脂肪の厚みがここで決まります。

 

皮下脂肪の下には筋肉と人体層がありますので靭帯は厚みはあまりありませんが筋肉は厚みがある部分が多くありますので歯や顔を動かしたりすることで動かすことができるのは筋肉層があるからです。

 

筋肉や靭帯を減らすことができませんし顔と言うのはいつもしゃべったり噛んだりすることで多くの運動をしていますのでそれ以上の運動の力を与えても変わることはありません。

 

むくみと言うのはリンパの働きが悪くなって起きていますので何も原因がなくてリンパの対流が起きたりする事はありませんので、何かの原因が起きているからリンパの働きが悪くなり大量に滞留してしまっていると言うこともあるかもわかりませんが、例えば、ですけど朝から顔がパンパンになっているとか、朝から顔が大きいと言うふうに思ったことがあるかもわかりません、これらの現象は、すべて眠れていないのが原因なんです。

 

人と言うのは目が覚めなければ寝ていると勘違いしやすいんですが、多くの場合、目が覚めない状態で眠りが浅いことが、顔がパンパンになってしまう原因を作ってしまいます。

 

普通であれば寝てすぐですから朝から顔がパンパンになっていると言う事はないと思いますので1番朝が引き締まっていなければいけませんので、働いたり生活することで疲れが多くなっていきリンパの働きが悪くなると言うことが起きてしまうのが原因なんですが疲れが多くなればなるほど、どこでもリンパの働きが悪くなっていくと言うことなんです。

 

朝から顔がパンパンになる事は無い

 

小顔矯正をしていくときには眠りの問題もすごく関係しますので、眠れていない方は浮腫みや脂肪が多くなっていき皮膚がたれ下がったりすることも多いようです。

 

皮膚と言うのもむくみが多かったり脂肪が多かったりすると単純にむくみや脂肪を減らせば皮膚が引き締まるかというとそうではありませんので多くなってしまったものも皮膚を改善することも大変な作業になります。