小顔矯正

小顔矯正をしていますが 初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが多くの方の 小顔矯正をしてきましたが ほとんどの方は小顔矯正の意味を知らずただ顔を小さくして欲しいとか小顔になりたいとかいう風に 来ていますが 小顔矯正という意味があります。
小顔矯正をする時にはどうしたら顔を小さくすることができるのか ということが一番の疑問になると思いますし顔が小さくなったら小さくなったで維持することができるのか持続力があるのかということをよく聞かれます。

 

小顔矯正をしていく時には初回から顔が小さくなると説明したように本当に顔が小さくなる小顔矯正をしていますが 本当に顔が小さくなるということを自分で実感してもらうために 小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べてもらうことを自分でしてもらいます。

 

しかし触り方は簡単なんですが感じ方があって感じ取ることができないとわからないという方もいますのでわからないということがないようにしっかりと触って覚えておいてください。

 

小顔矯正をする時には10 CM は20 CM も小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきますので1 CM 変わってもわかるようにして覚えておいて欲しいんです。

 

小顔矯正で顔が一センチ小さくなっても小顔になっているわけですから 一cm 変わってもわかるように触って覚えておいてください。

 

特に顎の部分のラインは細く引き締まっていきますので細く引き締まると顔全体がシャープにスッキリして見えます。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をする時の顔の触り方があります。 一番触りやすい 小さくなったのが分かりやすい触り方なんですが触り方自体は簡単なんですがその後のことが難しいんです。

 

小顔矯正をしている時には 顔の触り方を2度ほど練習をして小顔矯正に必ず入ります。顔が小さくなったのが分かるようにしているので2度ほど練習をします。

 

触る練習は1回目は院長とデスクと向かい合って触る練習をして2回目は小顔矯正に入る直前に上向きで寝てもらって 顔を触って覚えてもらうようにしています。

 

触り方は単純なんですが両方の手首を合わせて顎の部分にひっつけます。

 

そして次に手のひらと指を顔から浮かさないようにして全体的に広げて触ります。

 

手のひらや指が浮いたところは分かりませんので指が反り返ったり手のひらが反り返ることなく密着度合いを高めるようにして触ってください。

 

鏡で見て確認しても構いませんので触る時には手のひらと指全体で顔を覆うようにして触るとよりしっかりとわかると思いますので鏡で見てしっかりと触って覚えておいてください。

 

触ることができたら次に 顔の左右差を感じようとして触ります。

 

顔というのは左右が対象の方はいませんので必ず誰でも顔の違いが右左でありますので右側が出っ張っているとか左側が一部分だけ出っ張っているとかいうのを感じながら触るんです。

 

左右差を感じようとする時に手の集中力も増しますし頭の感覚神経が働き出して手を応援してくれていますので左右差を感じるということが一番大切になりますがこれができない方が時々います。

 

左右差を感じようとする時に分からないという方はあることが起きていますのであることというのは睡眠負債状態です。

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方がご自分でも気がついていないことが多くあるくらい睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態というのは夜、寝ようとするとすぐ眠れるし目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいることです。

 

普通に考えたら良い眠りをしているように思えるでしょうが 眠りと言うのは脳から寝ていない限りは眠っているとは言えません。

 

脳が休養とって寝ていることが眠りなんですから人の体が横になってスースーに行きを立てていることが眠りではありません。

 

夜寝ようとする時間にあくびが出ていないと眠る準備が脳ができていません。 もう寝る時間だからといって寝ていると一応は眠りができますが本当の意味で脳が休養とる眠りはできません。

 

不眠症という言葉があるように夜寝ようとすると 1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったり夢ばかり見たりするということが不眠症でしたが最近の睡眠負債状態は形が違います。

 

睡眠負債状態は 寝ているつもりでも眠れていないのが特徴です。

 

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

 

夢を見ている睡眠も浅い睡眠なんですがその夢を見る睡眠よりもさらに浅い睡眠があります。

 

夢を見る睡眠よりも浅い睡眠というのは寝ながら考え事をしてる睡眠です。

 

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に 寝ながら考え事をしてたということを忘れてしまいますので記憶に残ることはあまりありません。

 

そのため布団に入って寝たらしばらくして眠りに落ちていきますがしばらくすると寝ながら考え事をしている睡眠になってこの睡眠時間が3時間も4時間も5時間も6時間も7時間も続きます。

 

例えばですけど6時間の睡眠がある方でしたら眠りにつく時間が3分から5分だとしたら 寝ながら考え事をしている時間が 5時間50分あって目が覚め嘔吐する時間が 5分ぐらいと夢がその中の数秒だったりします。

 

毎日毎日の睡眠が5時間50分ぐらいの時間寝ながら考え事をしている妄想状態になってしまった方はむちゃくちゃと言っていいほど体調が悪く町しようとしていて奈落の底のような体調していたりどん底のような体調をしていますが二通りの方がいます。

 

それをダイレクトに感じる方と感じない方です。

悪さを感じる方と感じない方

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが全員と言っていいほど小顔矯正を希望されて訪れた方は院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと言われると体調はいいですとか調子は悪くありませんとか答えが返ってきます。

 

しかし院長は30年の経験から正確な検査をすることができますので検査をしてみると体調が無茶苦茶と言っていいほど悪かったりどん底のような体調していたり奈落の底のような体調している方ばかりです。

 

体調が悪いという証拠に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくはあったり 骨盤の下の辺りが異常に広がっていたり背骨のズレが起きていたり椎間板ヘルニアがあったりということが起きているにも関わらず何も症状を感じていないという方が多くなっているからです。

 

感じる方は、まだいいんですが感じないという方は睡眠負債状態が長期に及んでしまっているため脳の力が極端に落ちているかどうかになって麻痺している場合です。

 

睡眠負債状態が長期に及んでしまっていると脳の中のことを確認しようとすると触ってみると分かりますがぶよぶよしていたり硬く以上に貼っていたり頭を触ってかすっとした最悪な状態の方もいます。

 

しかし睡眠負債状態が多くあったりするとハイテンションになってしまっていますのでハイテンションになっていればいるほど朝からすぐに動けますし疲れ知らずで色々なことができます。

 

自分では元気だと思っている方ほどハイテンションになっていますのでハイテンションになった方は本当は眠れていることはありません。

 

ハイテンションというのは大変強い状態を起こしていき自分が元気だと勘違いしてしまって本当は寝込んでいるような状態の体でも動いてしまっていますので大変危険なことがあります。

小顔矯正をしていくときに邪魔なものは

小顔矯正をしていくときに一番、邪魔になるものは 体に蓄積してしまった疲れやストレスと睡眠負債です。

 

体に多くの疲れやストレスが溜まっていると 維持する力がなく戻っていくこともあります。
さらに睡眠負債状態が強くある方ほど 小顔矯正をして 終わった瞬間から顔が崩れていく戻っていくという方までいました
いくら最高の小顔矯正で顔を小さくしても自分の状態の体がしっかりしていないと意味はありませんから初回は顔を触って小さくしていくことをしますが2回目からは身体全体を整えていったほうが持続力も上がるし維持する力もありますし顔を触らなくても顔が小さくなります。

 

小顔矯正をしていくときには体を整えていくことでも顔は小さくなっていきます。

 

それほど体も顔に影響を出しているということだと思います。

 

小顔矯正をしていくときには 体調を整えて疲れやストレスを減らしていくことと一番厄介ですが睡眠負債状態を少しでも改善していくことが小顔矯正で顔を小さくなることと 戻りにくくいにしやすくなります。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から 多くの方が小顔になるために小顔矯正を受けに来られています。

 

当院の 小顔矯正 はボキボキしない痛くない小顔矯正をしています。

トップへ戻る