小顔矯正

小顔矯正 をして行く時には初回から顔が小さくなると評判のいい小顔矯正をしています。
小顔矯正をしていくときにはどうすれば顔を小さくするのか小さくするためには何が必要なのかということを見つけ出すことをして顔を小さくしていく小顔矯正をしています。

 

当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもないし強くもないと思われる小顔矯正をしていますから顔を無理やり押さえつけたりすることも危険なこともない小顔矯正です。

 

小顔矯正をしていくときには多くの方が維持することができるのか持続させることができるのかということを顔が小さくなった時に 言われることが多くありますが、それにはあることが必要になります。

 

当院の小顔矯正は 小顔矯正に入る前に 自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを覚えてもらうようにして小顔矯正に入ります。

 

顔が小さくなったのを自分で比べることができるのが当院の特徴です。

 

小顔矯正をする前には必ず 顔を触って覚えてもらうことをしていますが触り方は簡単なんですが顔が小さくなってもわからないという方が時々いますのでわからないということがないようにして2度も練習をする事をして小顔矯正に入ります。

 

まず一度目の練習は院長とデスクで向かい合って 顔を触る練習をしますが触り方は 両方の手首を顎の部分に当てて合わせます。

 

そして手のひらと指を顔に密着させるようにしていきますがこの時に手のひらや指が浮いたり反ったりしないようにして鏡で見て確認をしてください。

 

そして最後に顔の左右を比べるようにします。

顔の左右差を感じる

一番重要なのが左右さを比べるということが大切になりますが顔は左右が非対称ですから同じではありませんので右側が出っ張っていたり左側が一部が出っ張っていたりという形の変化がありますので変化を感じながら触ってみてください。

 

左右差を感じようとする時には手だけではなく集中力と頭の部分にある感覚神経が働くとしっかりと分かりますから手だけで単純に触ったりすると小さくなったのが分かりません。

 

小顔矯正と言っても顔が10 CM を20 CM も小さくなることはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという幅で顔が小さくなっていきますので1 CM 変わっても顔が小さくなったのが分かるようにしておいて欲しいんです。

 

1 CM 以下顔を小さくしても触り方次第では本当に小さくなったのが分かりますから1 CM でも2 CM でも3 CM でも変化すると Y はそれぞれ違いますがどれくらい変化するかは小顔矯正をしてみないと分からないところもありますのでしっかりと触って顔の大きさを覚えておいてください。

 

はじめに 一度目の練習で顔の大きさを覚えたら今度は治療する台に寝てもらって 顔を触ってもらいますので顔を触ってもらった時に院長が手の上から顔を触りますから その時にしっかりとこういう風に触るんですよと説明しながら触りますから 顔の大きさを覚えておいてください。

 

触り方が難しいため2度練習しても顔が小さくなってもわからないという方はいますのでできるだけしっかりとわかるように一生懸命触ることをお勧めします。

 

特に始めから触り方が簡単にいい加減に触ったかたほど顔が小さくなってもわからないという方がいますのでしっかりと真面目に触ることをお勧めしていますが初回から強制する力はありませんので できるだけを教えする言葉を教えしますので触り方を簡単に触って 見ないようにしてください。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時にはボキボキすることもなく痛くもない強くもないと思う小顔矯正をしていますので顔を無理やり押さえつけたりすることもなくマッサージをするような感覚と思って 欲しいんですが実際にはマッサージをして顔が小さくなることはないと思っていますのでマッサージではありません。

 

小顔矯正をする時には顔を揉んだりしながらマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができる特殊な技術を持っていますからマッサージをしているわけではなくしかし誰が見てもマッサージをしているようにしか見えないのでマッサージ感覚と説明するようにしています。

 

小顔矯正をする時には院長は検査することをしていますので検査してみるといろいろな状況で顔の問題つまり顔のトラブルが分かっています。

 

顔のトラブルというのは顔にも多くのむくみや脂肪が多くなっていたりたるみが出てしまっている方が多くいますのでむくみやたるみを減らしていくことだけでも顔は小さくなっていくと思います。

 

しかしそれだけでは顔が1 CM も小さくなることはありませんので どうやったらそれ以上顔を小さくすることができるとかということを見つけ出さなければいけません。

小顔矯正をしていくときに

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感覚で顔を小さくしていくことができる特殊な技術を持っていますので 顔を小さくしていく小顔矯正をしていく時には検査をして異常のある部分を見つけると説明しましたが どんな異常なのかと言うと 顔が炎症や腫れを起こしている方が多くいます。

 

今まで小顔矯正に訪れた方、全員が顔に炎症や腫れを起こしていました。

 

顔の炎症や腫れがないという方は今まで一人もいませんでしたので全員が顔に炎症や腫れを起こしています。

 

顔の炎症や腫れが起きる原因というのは 毎日毎日の生活で体にも多くの疲れやストレスは溜まっていき 溜まったものが顔にも出てきています。

 

これが炎症や腫れとして起きているので炎症や腫れが起きると 脂肪が多くなったりむくみが多くなったり顔が歪んでしまったりということで骨まで変形して肥大して大きくなっていきます。

 

顔には表面上から言うと皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と骨がありますが その全てが炎症や腫れを起こしていたりそれ以上の方もいますので炎症や腫れとそれ以上の状態のことを解消することができれば顔がグンと小さくなります。

 

しかし初回は顔を触って小さくすることに専念していきますので顔が小さくなってもはっきり言って維持することはできません。

 

小顔矯正をしていく時には初回は顔を触って小さくなるということを分かってもらうようにしていますが 小顔矯正というのは顔だけで顔が小さくなるということはなく体の状態も検査すると骨盤の歪みが起きていたり背骨のズレが起きていたり内臓の働きを悪くなっていたり循環が悪くなっていたりリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していてありという色々な状況が起きています。

 

特に最近は毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などが多くありさらに睡眠負債状態の方が多くなっていますのでこれらが両方とも揃っていると多くの方は顔に炎症や腫れを特別にひどく起こしています。

 

こんな状態がある方は小顔矯正で顔が小さくなったと思っても立った瞬間にまたは小顔矯正を終わった瞬間に崩れていきます。

 

特に疲れやストレスの蓄積は筋肉にはたまりながら内臓に蓄積していきますので内臓の状態が疲弊状態や衰弱状態になっている方で 背骨の歪みが大きくなっている方はいます。

 

内臓と言っても即、何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓に蓄積していく疲れやストレスもあります。

 

内臓に蓄積していく疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら100 kg 中65 kg つまり65%はぎゅーっと絞れば水分です。

 

あとの残りは皮膚の重さ、脂肪の重さ、筋肉靭帯の重さ、骨の重さと神経と血管とリンパ管の重さ とあとは中枢神経系の大脳や脳幹と脊髄と内臓の重さになります。

疲れやストレスと小顔矯正

この中で疲れやストレスを溜めやすいところというのは筋肉と中枢神経系と内臓しかありません。

 

つまり疲れやストレスというのは 中枢神経系も内臓の一部ですから筋肉と内臓に多く溜まっていくということで体の中から崩れを起こしていきます。

 

体の中から崩れる時には骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレとして起きて行きますので何が起きると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が動くことで筋肉は緊張したりしてこりを起こしていきます。

 

しかしどんなに体調を落として悪くしていても睡眠負債状態で脳が弱ってしまった方は痛みやコリを感じませんし自分でもハイテンションになって動けるからといって体調が良いと思っています。

 

院長から体調はどうですかとか調子はどうですかとか聞かれると小顔矯正の方全員が体調はいいですとか調子は悪くありませんという答えが返ってきますが検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなったり背骨のずれが多すぎてガタガタしていたりということがあります。

 

こんな状態の方が調子がいい理由はありませんし 体調が良い理由はありませんが睡眠負債状態が多くあったりすると脳が弱っていますので脳が弱ると痛みやコリを感じにくく 風邪の細菌が体内に入っていても高熱を上げることもなくインフルエンザウイルスが体内に入って増殖していても高熱を動画あげることもできない状態になっている方が多くいますのでウイルス細菌が体内に入って増殖しても平気な顔で過ごすことができます。

 

体調が悪かったり疲れやストレスが多く溜まっていたり睡眠負債状態で脳が弱っていたりすると 骨盤矯正や小顔矯正をしても維持する力なんかはあるわけはありませんからそれらも考えながら整えることをしていかなければ顔だけ小さくなっても体がぶよぶよしていたりむくみが多くなっていたんではせっかく小顔矯正で顔を小さくしても綺麗に見えませんし顔が小さくなったねと言われにくいと思います。

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から 多くの方が 小顔矯正 で顔を小さくするために訪れています。

トップへ戻る