骨盤矯正

骨盤矯正をしています。
当院では初回から骨盤が小さくなることで人気のある骨盤矯正をしていますが骨盤矯正と言ってもただ調整をすればいいというわけではなく検査をすることで異常のある部分を見つけ出して整えていくことをしていくので危険でもなく安心安全な骨盤矯正をしています。

 

今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが 検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きている方ばかりですから骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていくことをすると骨盤が小さくなっていき骨盤が小さくなることで骨盤周辺にあるむくみや脂肪も減っていくという骨盤矯正をしています。

 

当院の骨盤矯正は院長である私が骨盤矯正をしていきますのでしっかりとした説明をしてどこがどういう風に変わるのかということを確認しながら骨盤矯正をしていきますので痛くもなく危険なこともなく 検査することで異常のある部分を見つけ出すことをして骨盤矯正に入っていきますので安心です。

 

骨盤矯正をしていくときには 矯正、全般的にマッサージをするような感覚で 歪みやズレを整えていくことができますので マッサージをするような感覚だと思ってもらえれば分かりやすいと思いますがマッサージをして矯正や歪みができる理由はありませんので院長だけができる特殊な治療法ということでしています。

 

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを整えて強制すればいいというわけではなく どうして骨盤の歪みが起きたのか骨盤の開きが起きたのかという原因がありますのでこの原因からも改善していかなければ踊りやすくリバウンドがありますので検査することでそれらを見つけていくことをしています。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をしていくときにはご自分の両方の手のひらを骨盤の両翼に当ててもらい骨盤の幅を触って覚えてもらうことをして骨盤矯正に入りますので自分で骨盤がどれくらい変化してのが分かるようにしています。

 

しかしこの触り方は簡単なものではありませんので簡単に触ってしまった方ほど骨盤矯正をして言葉が小さくなったにもかかわらず分からないという方までいますのでわからないということがないようにしっかりと触って覚えることをお勧めしています。

 

骨盤矯正に入る前に院長から説明をするようにしていますか 説明をする時には骨盤の両方の横に手を当てて幅を感じるようにしてもらい左右差を感じるようにしてもらっていますのでこの時に左右さを感じるということが一番大切が骨盤矯正の幅がわかることになります。

 

ただ手を当てただけでは分かりませんのでただ手を当てるだけではなく左右差を感じるようにしてもらった方が記憶に残り感覚神経の動員を手に集めることができますのでさらに変化がしっかりと分かります。

 

骨盤矯正に入る時にはマッサージをするようにして骨盤矯正をしていきますので痛くもなく骨盤周辺を揉んでいるだけで骨盤が矯正されて歪みや開きが改善できて周辺の 脂肪やむくみなども減っていくということで骨盤が小さくなっていきますので危険なこともない骨盤矯正です。

 

骨盤矯正をする時にはボキボキもしたりすることもなく電気や機械などを使ったりすることもなく手の技術力のみで骨盤矯正をしていきますので本当に骨盤が小さくなりご自分でも比べることができます。

 

必ず骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触って覚えてもらうようにしていますので骨盤が変わるのがよくわかりますが骨盤が変わるとウエストまで細くくびれてきて引き締まっていきます。

骨盤矯正に入る時には

骨盤矯正に入る前には骨盤の幅を触って覚えてもらい骨盤矯正をした後にもう一度触ってもらうことで骨盤が小さくなったということが分かるようにしていますので骨盤矯正に入る前に必ず記憶して覚えることをお勧めします。

 

しかし骨盤矯正の 強制というのはどうして歪みやズレが起きるのかまた骨盤が開いたりするのかということに原因がありますのでこれらは全て体調に関係しています。

 

体調というのは疲れやストレスの蓄積が問題なんですが疲れやストレスというのも 溜め込むことができますので食べれば多くなればなるほど歪みや開きが大きくなっていき歪みや開きが大きくなれば脂肪や浮腫が多くなり足が太くなっていきます。

 

体調というのは疲れやストレスがどれくらいたまったかで段階が違いますので段階が悪くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きい周辺の脂肪やむくみが多くなり足が太くなるということです。

 

最近は多くの方が自分でも気がつかない状態で疲れやストレスを置くためてしまいこの疲れやストレスというのはある部分に溜まっていきますのである部分に溜まることで働きが落ちて悪くなっていくことで代謝が悪くなったりリンパの働きを悪くなったりして老廃物が多くなるということが起こります。

骨盤矯正で小尻にするために

最近は多くの方々銀杏落としてる方が異常に多くいますので体調からあげていくことで骨盤の整えていき矯正して小尻にすることができますが体調と言っても疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスは内臓に溜まっていきますので内臓にたまると 骨盤の歪みは骨盤の開きになっていきます。

 

しかし内蔵といっても病気というわけではなく内臓に蓄積する疲れやストレスです。

 

例えばですけど体重100キロの方がいるとしたら100 kg 65 kg は水分です。

 

あとの残りの35 kg は骨の重さと脂肪の重さと筋肉の重さと皮膚の重さと神経と血管とリンパ管の重さしかありません。

 

後、残ったものは35 kg の中に入りますが内臓と大脳や脳幹や脊髄しかありません。

 

ですから疲れやストレスというのは内臓や中枢神経系に多く貯まるということなんです。

 

体が疲れたストレスが溜まったということは内臓や中枢神経系に疲れやストレスが溜まった時に起きることを言いますので疲れやストレスというのは たまるところがあります。

骨盤矯正をしていくときには

骨盤矯正をしていく時には骨盤の歪みや骨盤の開きなどを整えていくことはもちろんなんですが最近多くの方が疲れやストレスを溜めすぎている状態で骨まで炎症を起こしているということがありますので骨の炎症を起こすと骨が肥大して変形していくということがあります。

 

普通では起きるものではなく特殊なものなんですが最近はこの特殊の減少が多くなっていますので特殊とは言えなくなってきています。

 

骨盤矯正を希望されて訪れている方の検査をしてみると多くの方が骨に炎症や腫れを起こしていますので骨が炎症や腫れを起こすと変形状態が大きくなり肥大したりということで骨盤が大きくなっていきお尻が大きくなるということがありますのでそんな状態の骨盤をしていたら生理痛や生理不順や膀胱炎を繰り返しやすくなったり尿漏れを起こすということもあります。

 

骨盤の炎症や腫れを整えて改善していくためにも体調からあげて整えていくことをしていくのが持続性を長くすることにもなりますし継続して骨盤が小さくなった状態を維持しやすくなりますがそれだけでは長期間維持することはできませんし次のステップに進むという骨盤矯正もあります。

 

単純に骨盤矯正と言っても骨盤を小さくすればいいというものではなく安定した状態で骨盤が小さくなった状態を維持するためにも体質改善という治療に進むことをお勧めしています。

 

 

八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区から多くの方が骨盤矯正にきています。人気がある骨盤矯正。

トップへ戻る