骨盤矯正で小尻になる

骨盤矯正で骨盤を小さくするためには多くの骨盤矯正の方法があると思います。骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためには、どうしたら骨盤を小さくすることができるのか、何をしたら骨盤が小さくなっていくのかということを考えなければいけません。
骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためには二つの深く関係するものが存在しています。
関係する二つのものというのは、疲れやストレスの蓄積で起きている体調の度合いと睡眠負債状態からくるものです。
骨盤矯正

骨盤矯正とは

今まで多くの方の骨盤矯正をしていきましたが全員と言っていいほど疲れやストレスが大きくて待っていて体調を落としている方ばかりですから体調を落とすということは骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっているということに関係しています。
普通でしたら骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると腰痛が起きている方も多くいますが骨盤の歪みや骨盤の開きがあるからといって腰痛や腰の痛みになっているとは限りません。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている方は生理痛や生理不順があったり便秘を繰り返したり尿道炎を起こしたり膀胱炎を起こしたりということも当然として骨盤の中にある内臓ですから骨盤のトラブルから起こりやすくなります。
骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正しても確かに骨盤は少し小さくなることもあります。

骨盤周辺の脂肪、浮腫みも

骨盤の周辺に多くなってしまった脂肪やむくみを減らすことでも骨盤は少し小さくなります。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きがあるだけで骨盤周辺では代謝が悪くなりますので代謝が悪くなったぶんだけ脂肪や浮腫みが増えてしまっています。
骨盤矯正とは
しかしなにも原因がなくて骨盤の歪み骨盤の開きが起きることはありませんのでどうして起きてしまったのかということを原因として考えなければいけませんが原因を検査することは単純な方法ではなくボキボキしても骨盤の原因を見つけ出すことはできません。
骨盤矯正をしていく時には体調からあげて整えていくことをしないと骨盤の歪みや骨盤の開きというのは矯正をしても、また、すぐに歪んで行きます。

どうしたら骨盤が小さくなる

骨盤矯正をする時にはどうしたら骨盤を小さくできるのかということなんですが骨盤を小さくしていくためには体調からあげて整えていくことをしていくと骨盤が徐々に小さくなっていきますが根本的に改善していかないと維持することができなかったり持続力がなく戻っていくということが多くあります。
骨盤を小さくすることを押しても持続力や維持する力というのはご自分の体調の度合いに関係していますので矯正する技術の関係ではありません。
テクニックの関係ではなくても自分の体調の度合いで維持することができるのか持続力があるのかということが決まりますので維持するためにも持続性を上げるためにも体調からあげて整えていくということが必要になるということなんです。
そして最近は多くの方が眠りが浅い形が多くなっていますので自分で気が付いていなくても眠りが浅く眠れていない方が多くいますが眠れていないというよりも眠っていないという感じになります。

眠りと骨盤矯正

夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいます。
目が覚めないから寝ているということはありません。
不眠症という言葉がありますが不眠症という言葉は夜寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れないということが不眠症ですし、夜中に何回も目を覚ましてしまうことがあるのが不眠症の方です。
僕の来たが不眠症と勘違いしている場合が多くありますが不眠症とは違って睡眠負債という言葉があります。
睡眠負債という言葉は睡眠障害の一つなんですが不眠症とは違って夜中に何回も目が覚めることはありませんし朝までぐっすり寝たような気持ちになっています。
睡眠負債になってしまったら夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることはありません。

眠りの勘違い

そのため多くの方が勘違いしてしまっていますが勘違いしてしまって睡眠負債状態になっていることに気がついていない場合が多く睡眠負債状態の体調を検査するとむちゃくちゃと言っていいほど、どん底のヨナ体調をしています。
しかし体調が悪いことさえ気がついていない方が多くいますので体調が良いと思ってきている場合が多くあります。
当院の院長は正確な検査することをできますので骨盤矯正で訪れた方の全員に対して聞く言葉があります。
全員に対して聞く言葉というのは体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くことなんですが全員と言っていいほど同じ言葉を返してきます。

体調が深く関係する

同じ言葉というのは体調がいいですとか調子は悪くありませんという感じなんですが検査をしてみると逆の事が分かります。
逆のことというのは骨盤の歪みや骨盤の開きが多くあったりむくみや脂肪が多くなっているということなんですがこれらのものはすべて体調の悪さを示しています。
体調がもしいいとしたら骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなることはありません。
そして背骨の検査をしてみると背骨がずれすぎてガタガタ状態になっているのに痛みやコリを感じていない方が多くいますので感じていない方ほどの大脳が弱っている可能性があります。
大脳が弱ってしまったかたは睡眠負債状態になっているわけですけど自分で睡眠負債状態だということが認識していない方ばかりです。
睡眠負債状態になっている方は夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めることはありません。

睡眠負債と睡眠障害

しかし一番、眠りが浅い睡眠をしていますので体調がすごく悪く骨盤の歪みや言葉の開きが大きくあって背骨がずれすぎてガタガタ状態になっています。
こんな状態の方が維持できることはありませんし持続力なんかはありません。
体調が良ければ眠れていれば骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなることはありません。
本当に眠れていれば骨盤の歪みや骨盤の開きが少なく背骨がずれすぎてガタガタ状態になっているということはありません。
体の方が正直ですから骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくありますから疲れやストレスの蓄積というのも大きく溜まっているということですし睡眠負債状態から起きる大脳が急激に弱っているということで麻痺状態に陥っている場合があります。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的なプレッシャーを加えられることで色々な疲れやストレスが多くなっていきますので疲れやストレスというのは体に溜まっていきますが体の弱い部分に多くたまる傾向を示します。

疲れやストレスの蓄積

体の弱い部分に多く蓄積していく疲れやストレスですから疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きが起きます。
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事することや運動することで多くなっていきますしさらに睡眠負債状態でも多くなっていきます。骨盤矯正で小尻に
色々な物事で疲れやストレスは溜まっていくばかりですから溜まっていけば溜まっていくほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきます。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると骨盤周辺もむくみや脂肪が多くなっていきます。
そしてさらに背骨がずれてガタガタ状態になっていると色々な部分の代謝が悪くなり循環も悪くなりますから、さらに骨盤だけではなくむくみや脂肪が多くなっていく傾向があります。

浮腫み、脂肪を減らす

むくみや脂肪というのは体調の悪さを示していますので何をしても何もしなくてもむくみが脂肪が多くなっていきます。
しかも一番、減りにくいのが弱い部分に溜まった疲れやストレスです。
疲れやストレスが減れば体は引き締まっていきます。
水を飲んでもむくみや脂肪が多くなるというのは体調の関係が大きくあります。

栄養でもないものを減らす

栄養をとるかとらないかというよりも摂り過ぎはもちろんよくありませんが疲れやストレスを減らして基本的なものから整えていかない限りは骨盤矯正をしても戻りやすく効果がなかったりしていく場合もありますから疲れやストレスを減らしていくことも大切なものになりますが最近は睡眠負債状態が重なった方が多くなっていますので睡眠負債状態の方は骨の炎症や腫れまで起きている場合がありますので骨が炎症が起きていると骨が広がって大きくなりますので骨盤が大きくなってしまいます。
骨盤矯正で小尻になる
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

トップへ戻る