骨盤矯正

骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくためにはどうすれば骨盤が小さくなるのかということも考えなければいけませんが、単純に何も考えずに骨盤を小さくすることを希望する理由ではなくどうやったら骨盤を小さくすることができるのか骨盤矯正というのは何なのかということも考えなければいけません。
更新日:2018/12/06

骨盤矯正
骨盤矯正というのは骨盤を小さくしていくことなんですが骨盤というのは骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正すれば小さくなるのかと言うと少ししかなりません。
骨盤矯正で骨盤を小さくしても小さくなるのは骨盤の歪みは骨盤の開きから起きている問題を解消すると骨盤が小さくなるという感じになりますが骨盤の歪みは骨盤の開きがある時には骨盤周辺のむくみや脂肪が多くなっていきます。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている時には骨盤周辺のむくみが徐々に多くなっていき脂肪も多くなっていきます。
当然として骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているとリンパの働きを悪くなって循環が悪くなり老廃物が多くなったりしますのでリンパの働き悪くなっているを老廃物が溜まることがむくみになります。
何も原因がなくてリンパの働きが 悪くなる事はありませんし老廃物がたまるということは考えられませんので何かが起きているからリンパの働きを悪くなり老廃物がたまるということで浮腫みになります。
ですから浮腫みや脂肪が起きている時には何かが起きているから多くなっていると考えた方がいいと思います。
今まで多くの他の骨盤を小さくすることをしましたが全員と言っていいほど骨盤の歪みは骨盤の開きがありますがそれだけではありません。
骨盤矯正をしていくときには関係するものが二つあります。
骨盤矯正で小尻に

小尻になる為には

骨盤矯正をしている時に関係する二つのものというのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債です。
骨盤矯正をしていくときに骨盤の歪みや骨盤の開きがどうして起きるのかということは原因があるから起きているわけですから何も原因がなくて骨盤の歪みは骨盤の開きが起きることはありませんので、どうして起きているのかという原因があります。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きている原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで多く生み出されていくものが体に蓄積していくのが原因です。
毎日の生活で多くなる物というのは疲れやストレスです。
疲れやストレスが溜まるということはわかりますがどこに溜まっているのかどこに溜まっていくのかということを考えている方は少ないと思いますし専門家の先生も、それを知らない方が多くいます。
疲れやストレスを溜めてしまうとどこに溜まるとかという問題がありますが体のあらゆるところに溜まっていきます。
骨盤矯正で小尻に

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスがたまらないところはありませんので体のあらゆるところに疲れやストレスが溜まっていきますから疲れやストレスがたまりば溜まるほど骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので誰でも多くの疲れやストレスを溜めてしまっていますが疲れやストレスは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分に多くの疲れやストレスが溜まると負のエネルギーになっていきます。
負のエネルギーというのは細胞を変化させるエネルギーになりますので細胞を変化させるということは病気に近づこうとする部分があるということなんです。
負のエネルギーを食べてしまうと弱い部分に泊まりますので弱い部分が筋肉なったり関節だったりという感じで溜まっていきますが筋肉よりも関節よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうところがあります。

疲れやストレスのたまる所

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg から70 kg にもなりますので体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが水分と言っても血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水だったりという感じで色々な部分に水が存在しています。
水が何かを起こすということは考えられませんから中間を取ってあと残った35 km の中に疲れやすストレスがたまるところがあるということです。
35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と骨と内臓しか存在していません。
中枢神経系も内臓の一部です。
疲れやストレス

疲れやストレスはどこにたまる

筋肉、じん帯にも疲れやストレスが溜まりながらこの中で多くの疲れやストレスを貯めやすくなっているところというのは内臓です。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に蓄積していく疲れやストレスが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを起こしていきます。
ですから単純に骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正すればいいというわけでもなくボキボキすればいいというわけではありません。
骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしている原因は体に溜まった疲れやストレスが原因ですから内臓に溜まった疲れやストレスが最大のものになります。
体の中には水と皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪とその他の脂肪と神経と血管とリンパと骨と内臓しか存在していませんのでこの中で疲れやストレスをより多くためてしまうというのは内臓です。
内臓に多くの疲れやストレスを溜めてしまうと筋肉よりも奥に内臓はありますので全体的なバランスが崩れていき骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。
病気じゃない状態で疲れやストレスが溜まっていきますので病院に行って検査をしても病気の検査をしているわけですから内臓に溜まった疲れやストレスというのは病気ではありませんのでいくら検査しても数値的な異常はなく細胞の変化が起きている可能性はありませんが細胞の変化が起きる時には1年や2年で起きることはなく20年前後かけながらなっていくということです。

数値の異常は

しかも完成するか完成する前にならないと数値的な異常が出ることはありません。
負のエネルギーが溜まっていくということは徐々に細胞が健康な細胞からまた正常な細胞から変化していくことになりますので負のエネルギーというのは細胞を変化させて行き先将来の病気に繋がりやすくなります。
負のエネルギーに変わってしまえばその内臓はより弱くなっていきます。
負のエネルギーに変換されてしまうと疲れやストレスがなくなったような感じを受けてしまいますが実はなくなったわけではなく負のエネルギーとして働く事をしているからです。
疲れやストレスが解消できたまたは抜けたと思っていても負のエネルギーとして変換されてしまう場合がありますので注意しなければいけませんが負のエネルギーにならないうちに

早めに減らさなければ細胞の変化が起きていきます。


内臓の病気になる時には内臓の老化ということも考えられるんですが年齢が入った方が全ての内臓が老化しているのに年齢相応をなっているのに病気になっていないということがありますのでどうかすれば病気になるのかと言うとそういうものではありません。
弱い部分に負のエネルギーが貯まれば貯まるほど細胞を変化させていきますので変化した最終形態が老化ではない状態で起きていくのが病気です。
骨盤矯正をしていく時には骨盤が小さくなったぶんだけ骨盤の中にある内臓を圧迫してしまう可能性もあります。
例えばですけど骨盤矯正をしていくときに大腸や小腸の状態の問題があることは便秘を起こしていますので便秘を起こすということは大腸や小腸の中に便が多く溜まっていますから必然的に骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするのは当然だと思います。
不眠症と睡眠負債があると

骨盤の歪み・骨盤の開きは便秘、生理痛などから

また生理痛がある方は骨盤の股関節の部分が広がりますので足が大きくなったような太ももが太くなったような感じをする場合もあります。
つまり変形を起こしていているわけですから骨盤の矯正をすればいいというわけでもなく生理に関係するものだけを解消すればいいというわけではありません。
最近は多くの方が寝ているようで眠れていませんので眠りが浅いということは骨盤が開きやすく骨盤が歪み安く背骨がずれやすくなっていますので大脳が弱っていることになります。
不眠症というのと睡眠負債というのは違いますので多くの方が勘違いしている場合がありますが不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症です。

不眠症と睡眠負債の違い

また夜中に何回も目を覚ましてしまうのが不眠症です。
しかし睡眠負債というのは目が覚めることがありません。 目が覚めることはありませんが一番、眠りが浅い睡眠になります。
睡眠負債の特徴として夢を見たりするよりも熟睡状態をしているよりも最悪の睡眠をしていますので夢を見ているわけでもないし熟睡ができているわけでもありませんが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一応は寝ているわけですから眠りが浅く目が覚めることはないということです。
不眠症と睡眠負債

トップへ戻る