骨盤矯正

骨盤矯正とは骨盤を小さくしていくことで、小尻にすることが出来るのが骨盤矯正ですから、骨盤矯正というと骨を小さくしていくことをしないと骨盤が小さくなることはありませんので、骨を矯正することをしていく訳ですけど、骨が小さくなる訳はありません。

 

しかし、骨盤矯正という限りでは、骨盤を小さくすることをしていくのが骨盤矯正ですから、骨盤というのは本当に骨ですから、骨を小さくするということはできることではありませんので、ではどうすれば骨盤を小さくすることができるのか。

 

多くの骨盤矯正は骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正することをして、骨盤を小さくすることをしていると思います。しかし、それでは限界がありますので、骨盤を小さくすることができても、骨盤の中に入っている内臓は影響ないのかという問題があると思います。

 

骨盤が小さくなった分だけ内臓を圧迫している可能性もあるということなんです。

 

そして、どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因も追求がなされていません。

 

単純に骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいというわけではありませんので、当院では検査をする事をして異常のある部分を見つけ出すことができますので、異常のある部分を正常に戻していくことで骨盤が小さくなっていくという骨盤矯正をしています。

 

今まで30年間以上骨盤矯正をしてきて、骨盤に異常がなかったという方は1人もいませんので、骨盤矯正を希望されて訪れた方全員が何らかの骨盤に異常を示しているということがわかっています。

 

骨盤矯正をしていく時には、検査することをしていますので、検査することをして異常のある部分を正常に戻すことで、骨盤が小さくなるという骨盤矯正をしています。

 

当院では骨盤矯正をする時には電気や機械など物療を用いることなく手の技術だけで骨盤を小さくすることができる骨盤矯正をしています。そして、骨盤矯正をするときには、初回から骨盤が小さくなることで人気がある骨盤矯正をしていますので、初回から骨盤が小さくなるので評判がいい骨盤矯正ですが、ボキボキすることもなく痛くもなく怖くもない、骨盤矯正をしています。

 

骨盤矯正をしていく時には、院長が骨盤矯正をしていきますが、骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしていますので、小さくなったのを比べることができます。

 

そのためには、骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅を触って覚えておかなければいけませんので、触ってもらうようにして骨盤矯正に入ります。

骨盤矯正に入る前に

骨盤矯正に入る前には、自分で骨盤の幅を触って覚えてもらうことをして、それから骨盤矯正に入っていきますが、簡単なようで簡単ではないのが自分の骨盤の幅を触って覚えるということなんです。

 

今まで多くの方が骨盤矯正を受けてきましたが、数パーセントの方が骨盤が小さくなったのがわからないという方がいます。

 

わからないという方は、ある特徴があると思います。簡単なようで簡単ではないために、簡単に触ってしまった方ほどわからないという方がいますし、覚えていることができなかったという方までいます。

 

骨盤矯正をする時に骨盤の幅を触って覚えるということは、簡単な触り方で触ってもらっていますが、実は簡単ではありませんので、簡単に触ってしまった方ほどわからないということが起きてしまっています。

 

骨盤が小さくなったにも関わらず、分からないという方はあることが起きていますので、あることが多いと本当にわからないということがあるんです。

 

骨盤矯正をして骨盤が小さくなっても、わからない方は睡眠負債状態の方です。

 

骨盤矯正に入る時には、自分で手で触って覚えてもらうことをしていますので、スタッフの方がメジャーや計測する機械で測ったりすると位置が違ったり強く測ったり、ゆるく計ったりと色々な違いが生じてきますので一番わかりやすいのは自分の手で触るということなんです。

 

しかし、手で小さくなったのが分かれば骨盤矯正でも小顔矯正でもわかった時の顔が違うんです。今まで多くの方が小顔矯正や骨盤矯正を受けた後の顔が違うということが多く見受けられますので、皆さん驚く顔になっているか笑顔になっています。

 

自分の実感が湧くということなんですが、湧くためにも自分でしっかりと手で触って覚えておかないと分からないということです。

 

そのためにも、簡単なようで簡単ではない触り方を説明して触ってもらっていますので、覚えておいてください。

 

骨盤矯正に入る時に右手は右側の骨盤に当て、左手は左側の骨盤に当てて幅を覚えるように触ります。単純にこれだけなんですが、これだけでは小さくなってもわかりません。

 

というのは、手を当てているだけですから、感じようとしていません。

 

骨盤矯正をする時には目を閉じて右側の手は右側の骨盤だ真横に当て、左手は左側の骨盤の真横に当てて幅を覚えるようにします。骨盤というのも左右が同じ人はいませんので、左右差があるということなんですが、この左右差があるということをしっかりと集中して分かってもらわないと変化したのが分かりませんので、骨盤矯正と言っても10センチも20センチも骨盤が小さくなったりすることはありませんので、骨盤矯正をする時には1センチだったり2センチだったり3センチだったりという風に小さくなっていきますので1センチ変わっても判るように触っておいてほしいんです。

 

自分で骨盤の幅を触って覚えるということは大変簡単なようで難しいことですから、単純に手を当てただけの方がわかりません。

 

手を当てただけではないという意味は感じようとしていないためですが、感じようとすると大脳が働き出しますので、大脳の中の感覚神経の動員を持って骨盤が小さくなったのが分かるということなんです。

 

つまり、睡眠負債状態があるとは大脳が弱ってしまっていますので、感覚神経を働かせることができません。

 

そのため、小さくなった骨盤が分からないということです。

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をしていく時には一番邪魔なものというか多いと骨盤矯正の効果をなくしてしまうものがありますので、骨盤矯正をして邪魔なものというのは疲れやストレスの蓄積です。

 

毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することやショッピングや車の運転をすることや勉強することや本を読むことや色々なことで疲れやストレスが多くなります。

 

疲れやストレスというのは、どこに溜まるのかということを考えている方はいませんし、たまった疲れやストレスを軽くすると考える方はいません。

 

つまり、疲れやストレスというのは、溜まりっぱなしだということです。

 

疲れやストレスは体に溜まるという事は分かっている方が多くいますが体のどこに溜まるのかということを考えたり、わかっている方は少ないと思います。

 

疲れやストレスがどこに溜まったのかということを検査させることができませんし、検査するような機械はありません。

 

病気になったら病院に行って検査することができますし、尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査やMRI検査など色々な検査がありますが、検査をして数値の異常が出たら、病気になっているということなんです。

 

しかし、疲れやストレスというのは検査することもできませんし、確認することもできません。

 

骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積というのが大変邪魔なものになりますので、疲れやストレスを減らすだけでも骨盤が小さくなっていく訳です。

 

疲れやストレスというのは、どこにたまるのか、例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら百kgの体を、ぎゅっと絞ってしまえば65キロが水分になりますので、体の体重の大半は水分だということなんです。水分が何かを起こすということは、考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

疲れやストレスがどこに溜まるのか

疲れやストレスというのは、どこに溜まるのかということを考えなければいくらどんなにいい骨盤矯正をしても戻りやすく維持することができません。

 

骨盤矯正をする時には35キロの中であと残ったものは皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと、あとは中枢神経系と内臓です。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所と言えば、中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉に疲れやストレスがたまるということです。

 

例えばですけど、疲れやストレスが大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣などにたまるということが起きていると、骨盤の歪みや骨盤の開きになって骨盤周辺の脂肪やむくみが多くなります。

 

内臓に疲れやストレスが溜まるということは、誰でも知っていることはありませんので、大変珍しいことなんですが、普通に起きていることなんですが、誰でも検査することができませんし、調整することができませんので誰でもできることではありません。

 

疲れやストレスというのは、マッサージしても問題にしても減ることはありませんし、低周波治療器などの電気をかけてもサプリメントを飲んでも疲れやストレスというのは内臓に蓄積していますので、内臓から減るということは大変難しい技術が必要になります。

 

疲れやストレスを簡単に減らしていると思っている方も多くいますが、本当は減っていないのが現状なんで刺激をしているだけに過ぎません。

睡眠負債と骨盤矯正

骨盤矯正をしていく時には、睡眠負債状態の改善もしなければ大脳が弱ったままでは感覚神経も働きませんから、感覚神経が働かないと骨盤が小さくなったのがわからないし、何となく分かっている方も多くいますので、それがしっかりとわかってほしいんです。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっていますが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることを眠りといいます。

 

単純に夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思わないでください。

 

眠りというのは、大脳が寝ていることを言いますので、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが、夢を見ている時間というのは長く夢を見ていたなと思っていても数秒だったり数分だったりという短い時間でしか夢を見ている方はいません。

 

睡眠負債状態になる方は寝ながら考え事をしている睡眠の方ですが、寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。最悪な睡眠が寝ながら考え事をしてる睡眠なですが、この睡眠というのは脳を弱らせてしまっていますので、脳を弱らせると脳内ホルモンがいっぱい出てしまってモルヒネに似たホルモンですから痛みや凝りを感じなくなってしまいます。

 

脳を弱らせてしまうと、脳内麻薬がいっぱい出てしまいますので、脳内麻薬がいっぱい入れると痛みや凝りも感じなくなっていき、ハイテンション状態に陥っていることが多く見受けられます。

 

睡眠負債の方は奈落の底のような体調をしている方やどん底のような体調をしている方が多くいますが、そういう状態になっていることさえ気がつかないで自分でも体調が良いと思っているし、元気だと勘違いしている場合が多いようです。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が骨盤矯正に訪れています。

トップへ戻る