骨盤矯正

 

骨盤矯正 とは骨盤を小さくしていくことですから 当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなることで 人気のある骨盤矯正をしています。
骨盤矯正というのは 骨盤を小さくしていくということなんですが単純に骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正することでも骨盤は小さくなっていくかも分かりませんが 骨盤を小さくするためにも骨盤周辺にあるむくみや脂肪を減らすことも骨盤矯正の一部だと言えますので 骨盤の歪みや骨盤の開きだけではなく骨盤周辺に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことをしていくのが骨盤矯正です。

 

しかしそれだけでは骨盤も小さくなることはあまりありません。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きなどを調整して 骨盤を整えることをしても骨盤が小さくなるのは少しです。

 

そして骨盤周辺に多くなってしまった脂肪やむくみを改善することも骨盤が少ししか小さくなりません。

 

骨盤の歪みや骨盤の開き 骨盤周辺の脂肪やむくみを減らすことで骨盤がもう少し小さくなりますがそれだけではありません。

 

骨盤矯正をしていく時には必ず全員にしてもらうことがありますので それは骨盤を骨盤矯正をする前に触ることです。

 

骨盤が小さくなったのが分かるようにしているのが当院の骨盤矯正ですから骨盤矯正に入る前に骨盤の大きさなどを触って覚えておかないと小さくなったのが分かりません。

 

他人がメジャーなので測ったりすることもいいかも分かりませんが当院では自分の両方の手のひらで触って覚えておくことを基準にして骨盤矯正をしていますので 触り方にコツあります。

 

骨盤矯正をする時の骨盤の触り方のコツは右側の体は右側の骨盤を触って左側の手は左側の骨盤を触ります。

 

必ず骨盤の真横を触るようにしてください。

 

骨盤矯正をする時には 院長からここを触ってと説明をしても触れない方がいますので必ず股関節の上のあたりの部分を触ります。

 

骨盤矯正をする前に骨盤の幅を触って覚えておかないとどんなに小さくなったかということが分からないと思いますので直前で触る練習を二度ほどします。

 

しかし触り方というのは簡単なんですが簡単なようで大変難しいので簡単に触った方がわからないという方がいますので骨盤矯正と言っても10 CM 20 CM は骨盤が小さくなるということはありませんので1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという骨盤矯正ですから1 CM 変わってもわかるようにしておいて欲しいんですが。

 

触り方が簡単な割には単純に手だけで触ってしまうとわかりませんので骨盤の真横を触って骨盤の幅を覚える時に集中して触ることをお勧めしています。

 

そのためには 手だけで触ってしまうとわかりませんので手だけで触ることなく頭を働かせるようにしたほうがわかりますので頭を働かせるということは頭にある感覚神経を働かせることになりますので感じようわかろうとするということが大切です。

 

そのためにも骨盤矯正に入る前に骨盤の両翼に手を当てて骨盤を触りますが左右さを感じようとしてください。

 

骨盤というのは採用が対象ではありませんので左右差が存在しますので右側が大きいとか左側が一部分が大きいような気がするとかいう風に骨盤の幅を触ります。

 

骨盤の幅を触って覚えていることが基準ですから骨盤が小さくなったのが分かります。

骨盤を小さくする

骨盤矯正ですから骨盤を小さくしなければいけませんのでどうやって骨盤矯正をして骨盤を小さくすることができるのかということを説明していきたいと思います。

 

骨盤矯正をする時には院長が骨盤矯正をしていきますが 電気や機械を使うこともなく無理やり押さえつけたり痛いということもなく骨盤矯正をしていますので安心して寝て横になっているだけでオッケーです。

 

骨盤矯正をする時には院長はマッサージをするような感じが一番近いと思いますのでマッサージをするような感じで骨盤を揉んで行くだけで骨盤が小さくなるという特殊な技術を有していますのでマッサージをするような感覚で骨盤を揉んでいるだけで徐々に骨盤が小さくなっていきます。

 

他の専門家の先生が見てもマッサージをしているように骨盤を揉んでいるようにしか見えないためにマッサージ感覚という風に説明するようにしていますがマッサージをしているわけでもありませんし骨盤を何も考えずに揉んでいるだけでは骨盤は小さくなりません。

 

骨盤矯正をする時には本当にマッサージをするような感覚で骨盤の中央の仙骨の部分や両横の骨盤の部分などを揉んだりすることをして骨盤が徐々に小さくなっていきますがそれには理由があります。

 

当院の院長の骨盤矯正は骨盤矯正でも検査することをしています。

 

何を検査するのかと言うと骨盤に異常がないかという検査なんですが今まで多くの方の骨盤矯正を30年間してきましたが一人も骨盤に異常がないという方はいませんでした。

 

骨盤矯正をする時には骨盤の異常のある部分を見つけ出すことが検査することでできますので検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きやむくみが脂肪だけではなく多くの方が何らかの異常を持っています。

 

骨盤の異常というのは炎症や腫れです。

 

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどは疲れやストレスを多くしてしまいますが疲れやストレスが体に溜まるということは分かっていると思いますが体のどこに溜まるのかということに問題があるんです。

 

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっていきます。

 

例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら体をキュッと絞れば水分が65 kg にもなります。

 

体重の大半は水分だということです。

 

あとの残りの35 kg は 皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さ脂肪の重さ骨の重さ と神経と血管とリンパ管の重さ 後残ったものは中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

 

この中で疲れやストレスがたまりやすいところと考えられるのは筋肉と中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です。 中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄も内臓の一部ですから 疲れやストレスというのは内臓と筋肉に溜まるということなんですが最近、研究をすることをしてわかったことがあります。

 

疲れやストレスがどこにたまるのかということをさらに研究していくと骨にもたまるということが分かったからです。

 

骨にたまると言うと変な話になりますが実際に骨に溜まって骨抜か疲れやストレスを溜めてしまうと炎症や腫れが起きるということが分かったからなんです。

骨に溜まった疲れやストレス

骨にも疲れやストレスがたまらないと考えるのは大変変な話になりますが疲れやストレスは生きている部分に多くたまります。

 

筋肉や靭帯に溜まるなら内臓にも溜まっても不思議ではありませんし内臓にたまるなら骨にも溜まっても不思議ではありません。

 

つまり骨盤矯正をしていくときには骨盤の歪みや骨盤の開きだけではなく 骨盤周辺の脂肪やむくみだけ解消すればいいわけではなく骨の炎症や腫れを改善することをしないと骨が炎症や腫れを起こしていると骨が肥大しながら変形を起こしていくんです。

 

特に骨盤の中央の尾てい骨または仙骨という骨がありますがこの骨が炎症や腫れを起こすと前後にも大きくなりますが横にも広がりますので横に広がると骨盤が大きくなります。

 

仙骨という骨また尾てい骨という骨が横に広がっただけでも骨盤全体が大きくなり大きくなったぶんだけ周辺にもむくみや脂肪が多くなりますが検査することができないと本当にそれが起きているのかということがわかりませんので当院の院長は検査をすることで正確にその場所と状態を確認しながら矯正に入ることができます。

 

検査ができるかできないかで随分、骨盤矯正の意味が違ってきますので骨盤矯正で骨だけではなく内臓にも疲れやストレスが溜まると内臓が炎症を起こしたり晴れたりということが起きて肥大しながら組織がぶよぶよになったり炎症を起こして腫れ上がったりすることがあります。

 

骨盤の中の内臓ですが 大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣などが関係しています。

 

膀胱が炎症を起こして腫れ上がると周辺まで膿が出たりすることもありますので膀胱炎が繰り返し起こりやすくなったりします。

 

卵巣や子宮などの炎症や腫れが起きると生理痛や生理不順が起きやすくなったりか腹部が重たくなったりぶよぶよになったりします。

 

骨盤矯正と言っても骨盤だけで済むことはなく言葉の中に入っている内臓も 重要になります。

 

特に便秘があったりすると 大腸は便をいっぱいためていますので便を食べると大きく肥大して炎症を起こしたりハレたりということになります。

骨盤矯正とは

骨盤矯正というのは単純にただ骨盤の歪みや骨盤の開きなどを解消すればいいというわけではなく骨盤周辺のむくみや脂肪を減らせばいいというわけではなく全てに関係してしまうのが骨盤矯正です。

 

特に骨盤というのは体の土台と言われますので骨盤が歪んだり開いたりすると体調が非常に悪くなってしまっていますがその悪さを感じていない方が多くいます。

 

当院では院長から調子はどうですかとか体調はどうですかと聞かれると骨盤矯正を希望されて訪れた方は全員が同じ答えを言います。

 

体調は悪くありませんとか調子は悪くありませんとか単純に答えていますが検査をしてみると骨盤の歪みや開きがめちゃくちゃ多かったり背骨がずれてガタガタしていたりということが起きてしまっています。

 

特に骨盤の歪みは骨盤の開きもそうですが背骨のズレというのは内臓に関係していますので内臓が疲弊状態を起こしているということで背骨のズレが起きています。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくあるのに体調が良い理由はありませんが体調の悪さを隠してしまうあることが起きているのが原因なんです。

睡眠負債と骨盤矯正

最近は多くの方が骨盤矯正に訪れていますが全員と言っていいほど眠りができていません。

 

ただ寝ているというだけで先ほど骨盤の触り方にも言いましたがただ骨盤の横を触っているだけという感じではダメなんです。

 

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が眠っていない限りは寝ていません。

 

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残りを覚えていますが夢を見ている時間は短く1秒だったり2秒だったり長く夢を見ていたという記憶があっても脳が起こすトリックで1秒だったり2秒だったりという感じなんです。

 

あとの残りの寝ている時間というのは寝ながら考え事をする時間になっています。

 

寝ながら考え事をする時間というのは寝ているんですが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠です。

 

寝ながら考え事睡眠は睡眠負債状態を多くしてしまいますので 脳が弱っていき脳疲労を起こしていきますので脳細胞の急激な現象が起きて行きますから持続させる力や維持することができなくなります。

 

体調の状態が 良い方は持続力が長くあります。

 

眠れている方は 維持する力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区 などから多くの方が骨盤矯正に訪れています。

 

当院の 骨盤矯正 はボキボキもしないし痛くもない怖くもない骨盤矯正をしています。

トップへ戻る