骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなることで評判の良い人気がある骨盤矯正をしていますが多くの方は、ただ骨盤が小さくなればいいこじりになればいいという感じで希望されてきていますので骨盤矯正の意味というものがわかっていませんので説明していきたいと思います。
骨盤矯正というのは骨盤を小さくしていくことというのは皆さん理解してわかっていますが骨盤矯正というのはどういうことをしたら骨盤が小さくなるのかということを分かっていないということです。
骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためには 何が必要なのかどうしたら骨盤を小さくすることができるのかということになりますから 骨盤ベルトを巻いたりして骨盤を回したりウエストを動かしたりすることでも効果があるかも分かりませんがただ締め付けても意味はありません。

骨盤矯正とは

骨盤というのは動いている関節なんですが真ん中の骨の仙骨または尾てい骨ともいう骨と両方の寛骨という骨の見つから骨盤が形成されています。
骨盤ベルトというのはサポーターと同じですしガードルでも同じですけど締め付ける部分が違うだけで大した意味はなく動かなければいけない関節なのに固定化されてしまうということは大変良くない状態が起きてしまいます。
骨盤というのは階段を上ったり運動をしたりすることで動く関節ですから仙腸靭帯という靭帯できょうこにつながっているためそれ以上動くことはありませんし緩んでしまったりしたら運動することもできなくなりますし歩いて行くこともできなくなりますし階段を上ったり立ったり座ったりすることができなくなります。
骨盤というのは足と骨盤と上肢を支えている部分ですからそんなに簡単に歪んだりずれたり開いたりということは起こらないはずなんですがあることが原因で歪んだりずれたり開いたりします。

骨盤が歪んだりズレたり開いたりするのは

骨盤矯正で一番大切なものだと一般的に知られているものは骨盤矯正ですが骨盤矯正というのは骨盤が開いたり骨盤が歪んだり骨盤がずれたりというのを強制することです。
骨盤がトラブルを起こしていると 骨盤周辺にも脂肪が多くなったりむくみが多くなったりリンパの働きが悪くなったりということが起きて行きますが骨盤のトラブルがあればあるほど大きくなればなるほど骨盤は開いたり歪んだりしていきます。
骨盤が歪んだり開いたりすることで骨盤が大きくなりウエストまで太くむくみや脂肪が多くなります。

ボキボキしない骨盤矯正

骨盤矯正をしている時には痛くないボキボキもしないてのみで骨盤矯正をして骨盤を整えていくことで骨盤が小さくなり小尻になることができますがただ骨盤矯正をしていればいいというわけではありません。
骨盤矯正をする時に一番重要視しなければいけないのは誰だ骨盤矯正をして骨盤を小さくすれば良いというわけではなくどうして骨盤の歪みや骨盤の開きなどが起きたのかということになります。
腰痛や生理痛や便秘などの症状で起きていることもありますが骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると尿漏れなども起きやすく生理痛があったり生理不順が起きたり便秘などが起こりやすくなったり膀胱炎を繰り返すこともあります。

骨盤のトラブルは

しかし本当の骨盤の歪みや骨盤の開きのトラブルなどは体に溜まったあるものがある部分に溜まることが原因で起きていきますので このあるものというのを見つけることが必要になります。
あるものというのは体に多く たまるものであり日常的に色々な条件の上で積み重なっていくものが原因です。
あるものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスというのはない方はいませんし蓄積すれば蓄積するほど限界なく際限なく蓄積させてしまい 蓄積していくと歪みやズレになっていきます。
もう疲れやストレスというのは 体に溜まるということは皆さん知っていると思いますが体のどこにたまるのかというところがあります。
疲れやストレスのたまるところというのは筋肉にも貯まりますがさらに多くの疲れやストレスが溜まっている所があります。
先に説明する前にストレスというのは意味不明な言葉なんですストレスという英語はありませんしストレスを日本語に訳すと抑うつや欲求不満という意味になります。

和製日本語がストレスです。

ストレスという意味を日本語でわかりやすく説明すると蓄積した疲れということになりますので 一応わかりやすいようにここでは疲れやストレスと分けて言っていますが同じことを言っています。
疲れやストレスが溜まるところというのは例えば体重100 kg の方がいるとしたら65%つまり65 kg は水分です。
あとの35%の ものは 骨の重さであり筋肉の重さであり神経血管リンパ管の重さであり皮膚の重さであり脂肪の重さです。
あと残ったものは内臓や中枢神経系しかありません。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは中枢神経系にもたまり内臓にもたまりますが病気というわけではなく内臓や中枢神経系に疲れやストレスが溜まることで内部が崩されていき内部から歪みやズレが起きているということです。
内臓や中枢神経系に多くの疲れやストレスが溜まり体の内側からバランスが崩れた状態が起き骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。
これが骨盤が歪んだり骨盤が開いたりする原因なんですが多くは全体的な体調が落ちながら骨盤の中にある内臓がさらに疲れやストレスを溜めていくと 限界なく際限なく骨盤のバランスが崩れていきます。
これを矯正して整えていくことで骨盤が小さくなり小尻になることができますが最近は眠りが浅い方が増えていますので眠りが浅いと寝ているつもりでも体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方が多くなっています。

睡眠負債と骨盤矯正

昔でしたら夜寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠りができなかったり眠れるが夜中に何回も目を覚ましたり夢ばかり見るという方が不眠症という診断が降っていました。
しかし最近の方は夜寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています。
眠りというのは脳から寝ていないと眠りとは言えませんし、体がいくら横になって寝ているように見えても脳が活性化してる状態では眠れていません。
人から見てスースー寝息を立てていても脳がネバーエンディングストーリーを描いているような状態で脳から眠ることができてなく疲れやストレスを解消することはできません。

眠りと骨盤矯正

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないけど寝ながら考え事をしてる睡眠の方が多くなっているために目が覚める瞬間に寝ながら考え事をしているという睡眠をしていたことを忘れてしまいます。
寝ながら考え事をしている睡眠というのは睡眠負債になり 眠ることができていないために疲れやすですが解消できないで疲れやストレスが眠ることでも多くなるばかりで減ることがありません。
寝ながら考え事を知る睡眠というのは妄想に近い睡眠のため非常に体調が落ちやすく常識じゃない状態で落ちているか違いますがその悪さを感じていないぐらい脳が弱ってしまっているか違います。

睡眠負債で眠りが浅いのに

最近は隠れインフルエンザとか隠れ風邪とか隠れ心筋梗塞というように調べてみるとまた検査をしてみると実際に細菌やウイルスがあるということ もう起きていき本人はどうもないまたは発症もしていないという方が多くなっています。

脳が元気だからインフルエンザウイルスが体内に入って増殖したら発症します。

インフルエンザウィルスが熱を上げるわけではなく自分の脳がウイルスを減らそうとして熱を上げてウイルスを減らすことをします。
つまりインフルエンザウイルスが入っても脳が弱っていれば何も起きませんし何も感じません。
骨盤矯正をしていく上でこんな体調をしている方は戻りやすくむくみやすく持続する力はありません。
骨盤矯正

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れている人気がある 骨盤矯正 をしています

トップへ戻る