整体

整体とは腰痛や肩こりや生理痛や便秘や下痢や頭痛や首の痛みや首の凝りなどを改善していくのが目的で、体を整えていくことをして楽にしていくという施術になります。
体に起きるいろいろな不調というのは、必ずどんな症状も歪みやズレが起きていますので、歪みやズレから改善することをしていくのが整体という施術になります。

 

しかし、歪みやズレを矯正して整えなくても楽にする方法があるために多くの混乱を招いているのが現在の状況になっていますので、痛みやコリが起きている時には必ず歪みやズレが起きています。

 

歪みやズレを矯正していくのが整体なんですが、歪みやズレを矯正しなくても楽にする方法というのは湿布を貼ったりしても楽になることもありますし、ドラッグストアなどで売っている腰痛や肩こりや頭痛に効くというサプリメントや薬を飲んでも楽になることもあるでしょうし、家族の方に揉んでもらっても楽になることもありますし、専門家のマッサージの方に筋肉を揉んでもらっても楽に感じてしまうこともありますし、低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

 

しかし、楽にすることと原因を見つけ出して原因から治して行くということは全然意味が違います。

楽にすることは

楽にするということは、楽にすることですし、直していくということは直していくという意味ですから、混同しないようにした方が分かりやすいと思いますので、多く-1般的に行われている治療法というのは楽にする治療法ばかりです。

 

楽にする治療法というのは原因なんかを見つけ出すこともなく湿布を貼ったり、電気をかけたりという感じで、原因は関係なく治療していることで楽にすることをしています。

 

しかし、痛みはコリというのはどこから起きているのかという原因がありますので、原因を見つけ出すこともなく、検査をすることもなく楽にすることばかりしていると原因もいつの間にか同じままでいることはできませんので、進行していきます。

 

どうして痛みやコリが起きたのか、栄養が不足して起きたのかという問題がありますので、ビタミンやミネラルをとっても楽になることもあるでしょうが、原因が残ったままになっています。

 

サプリメントなどを飲んでも元気になることもありませんし、症状が緩和する可能性もないとは言えませんが、違う所の原因があるのにいくら栄養やサプリメントをバランスよく摂っても効果的にはどうかと思います。

 

痛みはコリが起きている時には検査することをしています。

 

痛みやコリが起きている時には、体全体にあることが起きています

 

悪いところや痛みや凝りがあるところだけが悪いわけではありません。

疲れやストレスの蓄積

痛みやゴリになる時には歪みやズレが起きているんですが、歪みやズレがどうして起きるのかという原因があるから起きていますので、その原因を見つけ出さなければいけませんが、歪みやズレというのは誰でも起きているものですから、歪みやズレがないという方はいません。

 

しかし、歪みやズレがあるからといっても、程度がありますので、軽いものから酷いものから酷すぎるものから色々な状況があるということで、痛みやこりになっていないだけだということのでもあります。

 

毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することやジョギングをする事やストレッチをすることや歩いたりすることやカラオケに行くことやショッピングをして歩いたりすることや荷物を持つことや車の運転をすることで疲れやストレスが多くなっていきます。

 

疲れやストレスが多くなることばかりなんですが、疲れやストレスがどこに溜まるのかということを考えたことがありますか。

 

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみたら何が出てくるかというと、水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上が水分で構成されているということですから、水分が何かを起こしたり疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということです。

 

35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと中枢神経系の大脳の重さと内臓の重さになります。

 

この中で疲れやストレスがたまるということですから、どこに溜まるのかということを確認してみると、多くの疲れやストレスというのは内臓と筋肉にたまるということがわかります。

 

中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉に疲れやストレスが多く蓄積していきます。

毎日毎日の生活や生きていくことで

本当に人が生きていく時には疲れやストレスの蓄積と無縁でいることはできませんので、深く関係を持ちながら生活して生きていくということをしていますので、疲れやストレスというのは病気というわけではなく、内臓に蓄積していくのが筋肉よりも多くあります。

 

内臓というとなんでもかんでも病気というのを結びつけることなく、内臓にも疲れやストレスがたまるということで、体は歪みやズレを起こしていきます。

 

多くの整体院では、骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを矯正するだけなんですが、どうして歪みやズレが起きるのかということを検査して解消しているところは少ないと思います。

 

歪みやズレというのは、内臓に蓄積していくと内臓が炎症を起こしたり、晴れたりということが起こりますが、それでもなおかつを数値的に異常が出ているかというとそうではありません。

 

数値の異常が出ている時には、病気ですから、その場合は病院に行って何らかの検査をして治療をしなければいけませんか、数値的に異常が出ていない状態で内臓の機能低下ということが起きるのが歪みやズレの原因を作っています。

 

生きている限りは疲れやストレスの蓄積は何事をしても積み重なっていきますので、筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していきますので、体の内側から崩れを起こすことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

体を整えていくためには

体を整えていくためには、まずは筋肉から緩めて解さなければいけませんので、筋肉をほぐした後に骨盤の歪みや骨盤のズレ、そして背骨のズレを矯正して整えていくことをしていますが、ボキボキすることもなく見たくもない矯正をしています。

 

そして、特に背骨のズレというのは、内臓の疲労に直結していますので、例えばアルコールを飲むわけではなく、肝臓が弱っている方は背骨-8番目の骨がズレを起こしていますので、肝臓と言ってもなんでもかんでも病気というのを関係づけることもなく、飲み過ぎでアルコールだということでもなく、肝臓も疲れていくということがあります。

 

疲れやストレスというのは、人の体の弱い部分に蓄積していきますので、弱い部分が肝臓であれば、アレルギー性鼻炎や花粉症になったり、膝の痛みを起こしたりということが起きてしまっています。

 

しかし、病気ではありませんので、病院で検査をしてもわかりませんし、検査して異常な数値が出てしまったらもう病気になってしまっているということです。

 

しかし、なんでもかんでもないぞと言うと、誰でも浮かぶのが病気という意味で浮かびますが、病気になるためには半年や1年で病気になったりすることはなりませんので5年や10年でもなく15年、二十年かけながら病気の細胞になっていくということです。

 

健康な細胞から半年や1年で病気の細胞に一気に変わることはありませんので、ゼロの状態ではないのに、健康だと病院では言われてしまいます。

 

内臓に疲れやストレスが溜まっていくと、徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきますので、それを伴いながら背骨のズレを起こしていきます。

 

弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすいわけですから、腎臓に疲れやストレスが溜まってしまうと腰痛になったり、ぎっくり腰になったり、椎間板ヘルニアになったり、坐骨神経痛になったりしていきます。

 

弱い部分がどこなのかということは一において違いますので、弱い部分に疲れやストレスが溜まりやすく、時々、痛みやコリを起こしながら徐々に細胞の変化を起こしていき、最終的には老化減少で関節が硬くなるか内臓でしたら病気という反応が出てしまうということです。

整体と睡眠負債

毎日毎日の生活や運動することや歩いたりすることや車の運転をすることや仕事をすることで疲れやストレスが多くなりますが、もう一つ、疲れやストレスが溜まってしまうものがあります。

 

それが睡眠負債です。

 

多くの方が睡眠負債状態になっていることさえわからずに毎日を生活していますので、睡眠負債状態になってしまった方は大脳が弱ってしまい、自分の体調さえも感じなくなっていきますので、どんなに骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていても背骨のズレが起きていても感じ取ることができないくらい麻痺している方が多くいます

 

限界まで溜めてしまうことをしないと痛みやこりとして感じてくれません

 

限界まで溜めてしまったものはむちゃくちゃと言っていいほど悪くしていますので、簡単に治ることはありませんから、細胞の再生を図ることをしなければいけませんが、細胞の再生を図る誠実というのは体質改善の施術のみ可能な場合もありますが、簡単ではありませんし、短期でちょこちょことして変わることはありません。

 

体質改善という治療は、細胞レベルから若返りをさせていく治療ですから、アンチエイジングの治療であります。

 

睡眠負債状態で夜寝ようとするとすぐ眠れて目が覚めない寝ていると思っている方が簡単に寝不足状態になってしまっています。

 

目が覚めない最悪な睡眠があります。

 

目覚めない、最悪な睡眠の事を寝ながら考え事をしている睡眠と言いますが、寝ながら考え事を教え、睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠になりますので、夢ほど覚えていなくて記憶に残ることはあまりありません。

 

それがどんなに悪いことになろうと思う、痛みや凝りが酷く起きていようと思う、わからないということなので、背骨のズレが起きていてもわからないということですから、背骨のズレは内臓疲労に直結していますので、内臓疲労が慢性化状態になってしまえば内臓がどうなるのかということが問題視されてしまいます。

 

 

八幡東区と八幡西区と、戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れている30年になる徳力整体院。

トップへ戻る