肩こりを解消するなら

肩こりを改善していこうと思うなら筋肉の凝りから、ほぐさなければいけませんので筋肉の凝りからほぐれたらそれだけではなくその先にあるものを、見つけ出さなければいけませんから筋肉のコリだけで楽になったからといって安心してはおられません。
普通一般的には肩こりと言うと筋肉のコリだけでほぐしたりマッサージをしたりツボを押したりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電気などをかけたり温めたりすることで楽になることもあるためにその先にがある原因を見つけ出すこともなく楽にしているばかりの治療法が多くあるからです。
肩こりとは

肩こりとは

肩こりと言うとサプリメントは飲んだりストレッチをしたり運動したり筋トレをしたり腕や肩を回したり湿布を貼ったり揉んでもらったり叩いてもらったり低周波治療器や電気などをかけたり湿布を貼ったりすることがありツボを押したりすることも有効なのかも分かりませんが肩こりと言うと筋肉のコリだけで起きていることはありませんのでこれらの治療法は筋肉の治療の場合が多くあり対症療法という治療方だと思います。
対症療法という治療法は原因何かは関係なく表面上残りだけを楽にすることを優先としていますが検査することもなく、肩こりだったら、ここ押せばいいとか、もめばいいとか湿布を貼ればいいとかサプリメントを飲んで栄養補給すればいいとかいう感じにしかなっていませんして周波治療器や電気などというのは循環を良くすることはできるでしょうし神経を刺激して電気を流すという行為もいいかも分かりませんが、単純にそれだけで済まされてしまっています。
今まで30年間肩こりを改善してきましたが筋肉のコリだけで起きている肩こりの方は一人もいませんでした。
肩こりというのはいつもいつも生活や運動することや荷物を持ったり買い物を持ったり車の運転をしたり物を書いてありスマートフォンを操作することでも指や腕や肩などを多く使うことがありますので使えば使うほど筋肉疲労が溜まっていきますので筋肉疲労が積み重なったものが肩こりだと言われていますが実はその上に背骨のズレが重なって起きているということがあるんです。
肩こりとは、どうして起きるのか。

背骨のズレとコリ

背骨のズレが重なって起きているということは特別なものではなく日常的に起きている現象ですから特別なものではありませんので普段からも必ず筋肉の緊張や筋肉疲労や筋肉の凝りが起きる時には背骨がズレています。
しかし背骨のズレも姿勢が悪かったり猫背になることでずれることはありませんのでどこからズレてしまったのかという原因を探さなければいけませんから単純に背骨を矯正すればいいというわけではありません。
しかし肩こりと言うと肩の筋肉を揉んでもらったり叩いてもらったり湿布を貼ったりマッサージをしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器などをかけても楽になることがあるために一般的な治療法だと思われていますが実はその先にあるものが深く関係しているということなんですがその先にあるものというのは背骨のズレなんですが背骨のズレも単純に矯正すればいいというわけではありませんのでどうして背骨のズレが起きているのかどこから背骨のズレが起きたのかということを見つけ出さなければいけません。
肩こりと疲れやストレス

肩こりを起こす背骨のズレ

肩こりを起こしている背骨のズレというのは疲れやストレスの蓄積から起きていますので疲れやストレスというのは誰でも多く溜まっているものですから多少なりとも背骨のズレが存在していると考えた方がいいと思いますがひどくなければ何も感じ取ることができません。
背骨のズレというのはひどくなった時に初めて何かの問題を起こすまたは何かの問題を感じ取るということが多くありますのでよければ何も感じていなくてそのままになっている場合があります。
背骨のズレを起こす原因は疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスがどこにたまるのかということの問題しなければいけない部分がありますので疲れやストレスというのは身体全体にたまりながら弱い部分にたまる傾向があります。
弱い部分に疲れやストレスが溜まりながら背骨のズレを関係する部分に起こしていきますので上部胸椎や首の骨のズレがある場合は関係する部分に疲れやストレスが溜まっているのが原因なんです。

疲れやストレスと肩こり

疲れやストレスが溜まっていくと必ず体のある部分に溜まっていきますので体には何があるのかと言うと体重が60 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65%つまり65 kg の水分が出てくるそうです。
あと残った35 kg の中に疲れやストレスがたまるところがあるんですが35 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
肩こりと疲れやストレスとは
この中で疲れやストレスを多く食べやすい所というのは筋肉にも溜まるということは分かっていると思いますが筋肉よりも何十倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのは実は、内臓なんです。
内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内蔵と聞くと病気というのを結びつけることなくしっかりと説明を聞いて疲れやストレスがたまるところが内蔵だと説明していますので。
内臓と聞くと病気というのを関係づけるまたはイメージすることが多くいますが病院に行って何も検査で異常が出なければ健康な内臓なのかということがありますが病気になっていないというだけなのかも分からないということですから未病という状態の段階もあります。
北九州市八幡東区からも肩こりの解消に多くの方が来ています。

 

 

TOPへ