肩こりとは

肩こりを楽にしていこうと思うなら筋肉のコリをまずほぐすことをしていますが筋肉のこりというのはどういう状況が筋肉に起きているのかという問題がありますので筋肉のこりというのは筋肉疲労だったり筋肉の緊張だったり筋肉が一時的に硬くなる現象のことを言います。
肩こりとは筋肉
筋肉というのも一時的に硬くなる現象のものと一時的ではないものがありますので分けて考えなければいけませんが一時的に硬くなる現象であればストレッチをしたり腕や肩を動かしたり首を回したりすることでリンパの働きが解消されて老廃物は流れていき循環は良くなりますが維持できない原因が他にある場合は維持できません。

肩こりと筋肉

肩こりというのは筋肉の問題だと多くの方が思っていますし専門家の先生も筋肉の問題だと思って湿布を貼ったり病院に行って注射を打ったりサプリメントを飲んだり家族の方に肩を揉んでもらったり叩いてもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけているということが多くあると思います。
しかし本当にそれだけでいいのかということなんですが湿布を貼ったりマッサージをしたり電気などをかけたりすることは対症療法という治療法です。
肩こりと対症療法

対症療法と肩こり

対症療法という治療法はコリを楽にしていくことを、目的とした治療法ですから悪くはないんですが原因が残ったままになっているということも考えなければいけません。
肩こりを起こす原因というのはしっかりとしたものがありますので、原因から改善していかないとこじらせたり悪化させたり筋肉の中にあるのはリンパ管だけではなく神経や血管も走っていますので神経や血管に影響が出てしまうと、筋肉が萎えたり、力がなくなったり、こわばりを起こしたり、力がなくなったり物を落としやすくなったりということが起きたり痺れや痛みなども起きてしまうこともあるということです。 単純に筋肉が一時的に固くなったり緊張したり筋肉疲労が起きていると、その中に走っている神経も血管も何らかの影響を受けて行きますので神経が凝っているという感じは言わないと思いますし神経が披露しているということもないと思いますので、神経も徐々に血行不良を起こし神経自体が硬くなるということも起きてしまいます。

肩こりとは筋肉疲労

肩こりというのは筋肉だけで起きていることはないと思っていますので背骨のズレが必ずありますが筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が少しでも動いたりすると引っ張られて緊張したり逆側は緩んだりしますので、リンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積してしまい肩こりになっていきます。
肩こりと対症療法と背骨のズレ

背骨のズレ

背骨のズレが起きていることもありますので筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨が少しでも動いたりすると筋肉が引っ張られたり緩んだりしますので引っ張られたりして緊張したりすると、リンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくということが起きて肩こりになっていきます。

背骨のズレと肩こり

しかし背骨のズレを矯正しなくても筋肉だけもみほぐしたり電気をかけたりすることや注射を打ったりすることで楽に感じてしまうことがあるために治ったと思うでしょうが実は原因が残ったままになっていますので原因が残ったままになっていると背骨のズレの原因の場合ですが骨と骨が癒着したり固着したり神経圧迫が起きたり循環が悪くなって狭窄症になったりということが起きてしまいます。
筋肉ばかりほぐしていると靭帯や筋肉も固くなっていくということが起きてしまいますので固くなったものはもんでも手が届きませんしマッサージをしても手が届く深さではありません。
筋肉というのも一時的に硬くなる場合と永久的に硬くなる老化現象というのがありますので一時的に硬くなった筋肉というのは揉んだりマッサージをしたり電気をかけたり湿布をしたりサプリメントを飲んだりすることでも楽に感じてしまうこともありますが永久的に固くなった老化現象から起きる筋肉というのは揉んでもマッサージをしても電気をかけてもサプリメントでも湿布を貼っても柔らかくなることはありません。
筋肉も固くなる

筋肉も固くなる

老化した筋肉というのは何をしても変わることはありませんが徐々に硬くなって進行していきます。
永久的に固くなってしまった筋肉というのは老化した筋肉ですから老化から起きる硬さというのが筋肉に起きてしまうとマッサージしても、何をしても効果はなくその時だけいい感じがしますが持続性もありませんので体質改善という治療で進めていく必要があります。
肩こりが起きてしまう原因というのは疲れやストレスの蓄積なんですが、疲れやストレスも毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や精神的な緊張などで多く高まってしまいますので何をしても蓄積しますし何もしなくても溜まっていきます。
何をしても多く積み重なっていく疲れやストレスを減らすことができるのは、唯一、寝ている間だけなんですが最近、多くの形が眠りが浅く眠りが浅いということも気が付いていない方が多くいます。
眠りというのも2種類ありますので不眠症と睡眠負債です。

不眠症とは

不眠症というのは寝ようとするときに1時間も2時間も3時間も寝つきが悪く眠れないとか夜中に何回も目を覚ましてしまうのが不眠症の特徴でもありますし夢ばかり見て寝た気がしないというのも不眠症の特徴です。
不眠症は目が覚めた状態ですから気が付いている方が多くいますが不眠症だと考えてもいないという方が多くいますので自分が不眠症の一部だということも理解していない場合がありますが睡眠負債というのは違います。
肩こりと不眠症

睡眠負債とは

睡眠負債というのは多くの方が感じている現象なんですが夜寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目が覚めないけど目が覚める瞬間に夢を見た状態になっている方です。
普通であれば良い睡眠をしているような感じなんですがいつまでながら考え事をしてる時間が圧倒的長くなっていて本当の眠りである熟睡ができていない状態なんです。
眠りというのは熟睡をしていることだけを言いますので大脳が寝ていることを熟睡と言います。
どんなに良い睡眠をしていてもスースー寝息を立てていても大脳が寝ていない限りは熟睡を取っていませんので熟睡を取っていない限りは眠れていませんから眠れていなければ以上に体調を落としているということも落ちてしまいますので肩こりになるのは当然だと思います。
眠れていない方は骨盤の歪みや骨盤の開きを大きく起こし背骨のズレもかなりひどくなっていきますので筋肉が引っ張られて掘り起こしたり痛みになるということがあります。
肩こりと不眠症と睡眠負債

TOPへ