肩こりを解消して楽になる

北九州市八幡東区からも肩こりの解消には。
肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリからほぐすようにしていますので筋肉のコリが起きてしまうとリンパの働きが悪くなり老廃物が多く蓄積して行きますので肩こりになっていきます。
肩こり
まずはなんといっても肩こりですから筋肉のコリからほぐすようにしていますので筋肉のコリと言うのは筋肉疲労だったり筋肉が緊張したりすることや筋肉が一時的に硬くなる現象のことを肩こりと言っていますので筋肉のコリからほぐすことが中心になります。
テレビや雑誌などでも筋肉を動かしたり肩甲骨を動かしたり肩や首を回したり腕を回したりストレッチをしたりと言うことでいろいろな方法が肩こり解消法として知られていますが多くの場合筋肉のコリをほぐしていると言う事ですから肩こりが楽になっていくと思います。

肩こりと言うのは

しかし肩こりと言うのは筋肉のコリだと決めつけられている場合が多くありますので当院では30年の肩こり解消法の経験がありますが今まで1人として筋肉のコリだけで起きている方はいませんでした。
肩こりと疲れやストレス
肩こりを検査するというのは普通一般的にはできるものではありませんので当院では正確な検査をすることをしていますのでいつも研究して検査技術を磨くことをしていますので検査をしてみるといろいろな状況が肩こりとして起きているということがわかっていますのでいろいろな状況と言うのは1つではないと言う意味にもなります。

肩こりになると

肩こりになってしまうと多くの場合、筋肉のコリばかり解していますので筋肉のコリをほぐすことでも楽になってしまうために一時的になくなることをいいます。
肩こりと疲れやストレスと歪みやズレ
筋肉が一時的に緊張がほぐれたりするために肩こりを楽になった、または肩こりが治ったと思うでしょうがコリを感じていない時でも原因はいつの間にか進行していくと言うことが起きている可能性もあると言うことを疑わなければいけません。
肩こりになってしまうと原因が、しっかりと存在していますので、原因を減らすことをしていかなければ、いつまでたっても肩こりを繰り返したり、肩こりを感じない時でも原因はいつの間にか進行していくと言うことが起きているのが肩こりの怖さになります。疲れやストレス以外にもう一つ関係するものがあります。

肩こりに関係するのは

肩こりに関係してしまう原因と言うのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することやものを持ったりバックを下げたりスマートフォンを操作したりすることで筋肉や腕や肩や指などは使うことが多くなっていますので連続して使ってしまうと筋肉疲労が解消しないうちにさらに積み重なっていくものが原因なんです。
積み重なるものと言うのは疲れやストレスです。

疲れやストレスを蓄積

疲れやストレスと言うのは誰でも多く積み重なっていきますので疲れやストレスと言うのは体の弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで多くの疲れやストレスが蓄積して歪みやズレになる部分が違います。
疲れやストレスが多く溜まれば溜まるほど体は堪えきれなくなってゆがみやズレを起こして行ゆがみやズレは骨盤の歪みだったり背骨のズレだったりと言う関係で筋肉が骨から骨にくっついているものですから骨が動いたりすることで影響を受けてしまい凝りを起こしていきます。
肩こりと不眠症と筋肉

肩こりと睡眠

最近は多くの方が不眠症と言うのと睡眠不在状態になっている方が多くいますので不眠症と言うのを、説明すると寝付き悪く1時間も2時間も、眠れなかったりするのが不眠症の特徴でもありますし、夜中に何回も目を覚ますことがあったり、夢ばかり見て日寝た気がしないと言うのも特徴でもあります。
しかし不眠症とは違い睡眠負債と言う言葉がありますので睡眠負債と言う意味は目が覚めないけど眠りが浅い睡眠をしているということです。
肩こりと不眠症
眠りと言うのは熟睡状態のことをいいますので熟睡状態が5時間も6時間も取れるわけはありませんので熟睡と言うのはたった何分かの時間だったり10分くらいの時間だったりと言うことなんです。
眠りと言うのは熟睡状態のことをいいますのでたとえ8時間の睡眠があっても熟睡時間は0.3時間つまり30分もないと言うことが言える可能性もあるということですから睡眠負債の方はその30分の時間もないと言うことが言えるといいます。
肩こりと疲れやストレスと歪みやズレと眠り
北九州市八幡東区からも肩こりを解消する徳力整体院。

TOPへ