腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛を楽にしていくなら、腰痛の原因になっているものを見つけ出すことをしないといくら湿布を貼っても楽になるからといって、湿布貼っを張ってばかりいると原因もいつまでも同じままではいられません。
腰痛を楽にする方法というのは、いくつか方法がありますが、多くの方法は対症療法という方法になりますので、直しているわけではなく、楽にしているだけです。
腰痛には
色々な症状を改善していくなら、楽にすることも大変重要なことなんですが、楽にすることばっかりしていると原因もいつまでも同じままではいられません。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは

腰痛には腰痛になる原因があるから腰痛になっている訳です。
腰痛になっている原因というのは、重たいものを持ったりしたら痛くなったとか前かがみれ何かを取ろうとした時に腰が痛くなったとか畑仕事をしていて座って仕事をしていて立とうとしたら腰が痛くて体を伸ばせないとかベッドに寝ていたら朝から腰が痛いとか車の運転をしていたら腰が痛いとか色々な腰痛がありますが、多くの場合これらはすべてきっかけにするしか過ぎません。
腰痛を起こす時には、きっかけと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが絡んでいます。
骨盤の問題と背骨の問題が重なった時に何かをしたら体を支えることができないで腰痛になります。
骨盤の問題と背骨の問題と重たいものを持った時に腰が痛くなります。
いつも仕事などで同じ動作をしていて、痛くない時もあれば痛みがある時もありますが、これらの差は骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレに関係があります。

骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛が起きる時には必ず骨盤の不安定性がある時に腰を痛めてしまうので、骨盤が安定している時には腰痛は同じことをしても起こりません。
腰痛を起こす時には必ず骨盤が不安定になっている時であり、背骨のズレが起きている時で腰が痛くなります。
しかし、何も原因がなくて骨盤が不安定になったりすることはありませんので、何かの原因があるということなんですが、それを見つけ出さなければ本当の意味で楽にすることばかりしているということです。
多くの整体院やカイロプラクティック院では、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正することをしていますが、どうして歪みや開き、そしてズレが起きたのかということまで見つけていません。

ボキボキすることはない

ただ、ボキボキしたり専用の治療代を使いながらドロップさせることをしながら矯正するということが一番ソフトな矯正法だということでしています。
腰痛が起きる時には悪化させたものが椎間板ヘルニアになり、坐骨神経痛に進行していくということがありますので、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものでもなく、悪化させた方は誰でも起きてしまうことが多くあります。
腰痛が起きる時には骨盤の開きや骨盤の歪み、背骨のズレが起きている時で重たい物を持ったりすることで体を支えることができませんので、体を支えることができないと腰を痛めてしまう結果になるということです。

背骨のズレの原因

しかし、どうして背骨のズレが起きるのか、どうして歪みが起きるのかという問題なんですが、それには毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや座っていることやショッピングをして歩いたりすることや色々な物事で積み重なっていくものがあります。
色々な物事で積み重なっていくものは、体に蓄積していくものです。
体に蓄積するものというのは、疲れやストレスです。
疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので、疲れやストレスは誰でも溜まっていますが、分かっていない方は時々いると思います。

疲れやストレスの蓄積

わかっていない方ほど多く疲れやストレスを溜めてしまっています。
先程から使っている疲れやストレスと説明しましたが、疲れやストレスというのは同じ意味になりますので、多くの方が分かっていないで使っていますが、疲れの蓄積したものがストレスになりますのでストレスイコール蓄積疲労という意味になります。
多くの方がストレスストレスと使っていますが、意味をわかっていないで使っている場合が多くありますので、本当の意味というのは蓄積した疲れがストレスになりますので、ストレスと言っても精神的なストレスと肉体的なストレスがあります。

ストレス発散

多くのストレス発散というのは、精神的なストレス発散のことを言いますので、カラオケに行っても飲みに行っても旅行に行っても温泉に行っても山登りに行っても精神的なストレス発散はできますが、肉体的なストレス発散は出来ていませんし、溜まるばかりです。
多くのストレスが肉体的に溜まっているのに、何も考えていませんし、減らそうとはしていません。
ストレスがたまる時には何をしても体を動かしたりしてもストレスが溜まるばかりですし、動かさなくてもストレスは溜まっていきます。
ストレスが溜まっている割には、ストレスを減らすことは考えていませんし、本当に減ったのかということも分かっていません。
ストレスというのは、溜まる所があるから溜まっていきます。

ストレスがたまる所

ストレスが溜まる所というのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや歩いたりジョギングをしたりすることや色々な物事で積み重なっていきます例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきます
体重の半分以上は水分で構成されているということなんですが、水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり色々な色々な水だということです。
水にストレスが溜まるということは、考えられませんので、あと残った35キロの中にストレスがたまるところがあります。
35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になります。

内臓疲労から骨盤の歪み・背骨のズレに

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、多く貯まるところは内臓と筋肉になります。
中枢神経系も内臓の1部ですから、中枢神経系にもストレスが溜まることが多くあります
当院では検査をする事をしていますので、検査をしてみると一番多く溜まっているのが筋肉よりも内臓ということが分かります。
しかし、内蔵というと誰でも病気というのを結びつけてしまいますが、病気の数値が上がることもない状態です。内臓が反応することもあります。
なんでもかんでも内臓というと病気というのは結びつけることなくしっかりと説明を聞いてください。
内臓にストレスが溜まっていくと検査をしている方でもよく見受けられるのが内臓の部分は触ると出っ張っていたり、大きくなっていたりということがありますが、左右差が感じられる内臓の場合は特に比べることができますので、肋骨を通して触るしかありませんが、肋骨が大きくなっていたり、高くなっていたりということが見受けられます。

内臓疲労は病気ではない

しかし、こういう状態が起きていても、病気というわけではありませんので、数値的な異常は出ていないということです。
内臓が反応している時でもなんでもかんでも病気というわけではなく、病気になっていない状態で何かが起こっていくということもあるということです。
その状態のことを未病と言います。
ストレスというのは、人の弱いところに溜まっていきます。
人は弱い部分とそうでもない部分が存在しますので、そうでもない部分は何も痛みやこりや先将来の問題につながることはありませんが、弱い部分はそうはいきません。

弱い部分にたまる

弱い部分にストレスが溜まることが原因で色々な問題を起こして行き、先将来に繋がっていきます。
弱い部分は内蔵だけではなく、関節が弱い方もいますので、特に膝関節が弱い方は膝自体に痛みを起こしやすくなります。
腰痛になりやすい方は、腰痛に関連する部分が弱いということです。
肩こりになりやすい方は、肩こりに関連する部分が弱いということです。
花粉症になりやすい方は、花粉症になりやすい部分が弱いということです。
頭痛になりやすい方は、頭痛になりやすい部分が弱いということが言えます。

この弱さが先将来に繋がっていくんです。

今は病気でもなくても、先将来の病気を暗示しているのが色々な症状を起こしています
しかし、先将来に必ず繋がるというわけではなく、繋がるためにはこれからどういう生活をしているかで違います。
腰痛を起こしている方は、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを起こしていると説明しましたが、どうして歪みや開きやズレが起きるのかという問題でも説明を加えていかなければいけませんので説明をしていきたいと思います。
腰痛を起こしている方は、腎臓が弱い方です。
腎臓の弱さが腎臓に関係するだいようきんと腸骨筋という筋肉のバランスを崩してしまい、骨盤が引っ張られたり緩んだりして骨盤が不安定になります。

不安定状態の時に重たいものを持ったりすることで腰痛を起こします。

腎臓が弱い方が先将来の問題になりやすくなりますので、先将来の問題につながる前に腰痛を起こしているという結果を招いています。
腎臓が弱いという方は、腎臓にストレスが溜まりやすく、腎臓が徐々に疲れを多くなってくると炎症や腫れを起こしたり、ぶよぶよしたりしとることがありますが、それでもなおかつ病気ではありません。
触ってみるとわかりますが、異常に硬く張っていたり炎症を起こしたり、腫れていたり、またブヨブヨしていたりということは腎臓の位置を触れば分かります。

腎臓疲労が骨盤の歪み・背骨のズレに

骨盤の少し上の辺りを触ると、腎臓の位置になりますので、正確な位置はここでは言いませんが、腎臓の位置は肋骨の下になりますので一番肋骨の下の位置を触ると異常に張っていたり出っ張っていたりという感じやぶよぶよしていたりという感じ方が多くいます。
それでもなおかつ病気ではありませんので、数値的な異常は出ていません。
数値的な異常が出る場合は、進行途中ではなく、ある程度完成状態を待たなければ数値的な異常は出ません。
ですから、なんでもかんでも病気というわけではありませんので注意してください。
しかし、最近多くの方が日常的な疲れやストレスや仕事をする上でのストレスを溜めてしまうことも多くありますが、それ以上に睡眠負債状態が多くなっているのが一番の問題だと思います。

睡眠負債と腰痛

睡眠負債状態が起きてしまった方は、大脳が極端に弱っていきますので、痛みやコリを極限まで悪くしない限りは感じません。
当院でも検査をしてみると、多くの方が睡眠負債状態に陥っていますけど、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくある方や背骨がずれてガタガタ状態になっている方もいますが、それらを感じ取ることができていませんので麻痺状態に陥っています。
まひ状態に陥っていることもわからずに、体調がいいと思っている方がいます。
大脳が弱ってしまっていると、脳細胞の急激な現象を起こしていきますので、初めはうっかり、もの忘れが多くなってしまいます。
物をどこに置いたのかわからなくなります。
腰痛とは
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを改善。

 

 

トップへ戻る