腰痛

 

腰痛 を楽にしていくためには対症療法ばかりしていないで原因を見つけ出す根本療法を考えるようにしてください。
普通一般的には治療法というのは対症療法と根本療法の二通りの治療法があります。
対症療法というやり方は症状のある部分に対して何かをする方法です。
根本療法というのは原因を見つけ出す方法です。
しかし腰痛を改善したり楽にするという治療法の多くは 根本療法ではなく対症療法が多くあり原因なんかは関係なくただその時に感じている痛みを楽にすればいいという治療法が対症療法なんです。

 

しかし腰痛には腰痛を起こしている原因がありますのでこの原因を見つけ出したり改善したり解消したりすることをしていかないと腰痛を一年に一回とか時々繰り返しやすく原因も腰の痛みや腰痛がない時でも進行していきますので腰痛としてではなく腰痛が悪化したものではなく違う形で症状を起こしていきます。

 

対症療法という方法は一般的に病院などで行われている治療法だったり整骨院で行われている治療法を何ですが湿布を貼ったりすることでも対症療法ですし サプリメントを飲んだりすることも対症療法ですから根本的に痛みを見つけて解消しているわけではありません。

 

腰痛と言うと病院に行って注射を打ったりすることもありますが注射を打っても一時的に痛みを止めているだけであり原因を探したり見つける 治療法ではありません。

 

病院に行って尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などをしてもし異常が見つかる場合は病気になっている場合であり腰痛というのは病気ではなく病名であって病気ではありません。

 

病院では病気と専門家ですから病気として完成したものは検査することで判明しますが病気になっていない限りは、いくら検査をしても健康であり 陽性反応が出ることはありません。

 

整骨院は病院や整体院やカイロプラクティック院でよく使われている電気では低周波治療器というのがありますが低周波治療器というのは低周波の電気を プラス端子とマイナス端子にセットして電気を流すだけで刺激を与えて筋肉運動を与えます。

 

確かに低周波治療器をすると刺激を加えることでまた動かすことで リンパの働きが良くなって老廃物が多く溜まり蓄積していたものが解消されて循環が良くなるということはありますが 運動療法の一種ですから筋肉疲労が余計に重なっていきます。

 

腰痛が起きている時には腰の周辺の筋肉が緊張したり筋肉疲労を起こしていますので筋肉疲労があるのにそれを解消することもなく積み重ねていくのが低周波治療器の意味になります。

腰痛と言うと

腰痛とゆうと重たいものを持ったり前かがみの姿勢をしたり中腰をして立とうとした時に体が伸びないくらい腰が痛くなったりくしゃみをしただけで腰痛を起こしたり 夜寝て朝起きたら腰が痛くて動けなかったりとか靴下を履こうとしたら急に腰が痛くなったとか車の運転をしているだけで腰が痛くなるとか色々な腰痛がありますが、これらは全て原因ではなく切っ掛けです。

 

腰痛を起こす時には切っ掛けと原因の二つが存在します。

 

腰痛を起こす原因というのは 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレです。

 

ズバリ骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがある時に 重たいものを持とうとしたときや中腰をして体を保持できない状態の姿勢をした時に一気に腰が痛くなるということで腰痛になってしまいます。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのも程度と段階がありますので軽いうちは何も起こりませんけど、それがどんどんひどくなったりすることで後はきっかけがかさなれば腰痛やぎっくり腰や信仰したものが椎間板ヘルニアであり坐骨神経痛になって行きます。

 

逆に考えれば骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれがない方はいません。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレもどうして起きるのかという原因がありますのでこの原因から改善していくようにしないと 骨盤の不安定状態が残ったままだといつまた腰痛を起こすかも分かりませんし腰痛や腰の痛みを感じていない時でも 原因はどんどん悪くなっていきますので椎間板ヘルニアや坐骨神経痛として悪化した形として出てきます。

骨盤の不安定性の原因

骨盤が不安定になったりする原因が潜んでいますのでこの原因というのは疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスが体に溜まっていくとさらに弱い部分に多く蓄積していきますのでこの弱い部分が 腰痛に関係するものであれば骨盤が不安定になってしまい 腰痛として起こります。

 

疲れやストレスというのは日常的に溜まっていくものなんですが生活する上でも疲れやストレスは溜まりますし仕事上でも色々な疲れやストレスが肉体に溜まっていくことがありますし精神的なプレッシャーや緊張なども疲れやストレスを溜めてしまう原因になったりすることもありますし最近多くの方が寝ているようで眠れていないので眠れていないと眠れないことで疲れやストレスが蓄積していきます。

 

体に多くの疲れやストレスが溜まると限界なく際限なく溜まっていきますので腰痛だけではなく身体全体の体調を落としていきどん底のような体調の方や奈落の底のような体調の方が特に腰痛に関係する部分に疲れやストレスが溜まっているということで腰痛を起こします。

 

疲れやストレスというのは腰痛だけに溜まることはありませんから身体全体に蓄積していくことが起きますが症状を感じるのは多くの場合、一箇所が2箇所だけの場合が多いようです。

腰痛の本当の原因

腰痛の本当の原因というのは内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因なんですが内蔵と言っても何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓に疲れやストレスがたまるということで理解をしてください。

 

体に疲れが溜まったまた体にストレスが溜まったと言いますがこの疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくんです。

 

例えばですが体重100 kg の方がいたとしたら65キロは水分ですから水分が何かを越すというのは考えられません。

 

体重100 kg 35 kg の重さが骨の重さであり脂肪の重さであり筋肉の重さであり皮膚のぼせてあり 神経や血管やリンパ管などの重さです。

 

後の残ったものは内臓しかありませんので毎日毎日働いている内臓が食べたり呼吸することでも疲れやストレスを食べるということも考えられないわけではありませんけど日常的に我々は運動したり仕事をしたり掃除をしたり洗濯をしたり車の運転をしたりすることでも体に疲れやストレスが溜まっていきその疲れやストレスというのは内臓に最終的に溜まっていきます。

内臓に蓄積すると腰痛に

内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で 骨盤が不安定になると説明しましたがでは内臓と言っても多くの内臓がありますから腰痛に関係する内臓というのはどこなのかということになります。

 

腰痛に関係する内臓というのは主には腎臓です。

 

腎臓の疲れやストレスが溜まっていくと大腰筋と腸骨筋という筋肉のバランスが崩れていきますので崩れた状態が骨盤を不安定な状態にしていき骨盤が開いたり言葉が歪んだり背骨がずれたりということが起きます。

 

この不安定な状態の骨盤の時に重たいものを持ったり体をひねったり運動をしたりくしゃみをしただけでも腰痛を起こすということがあるわけです。

 

 

 

八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が訪れている腰痛が楽になるから人気があります。

 

腰痛 を楽にしていくためには原因から改善。

トップへ戻る