腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛や腰の痛みを楽にしていこうと思うならまずは楽にすることから始めていきますが楽になったら普通はそこで終了なんですが楽になってからの治療があります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど
腰痛や腰の痛みと言うとどういう状況で起きているのかということを確認しなければいけませんので検査をすることをしていますから検査をしてみて痛みの原因を見つけ出すことをしなければ本当の意味で腰痛を治していくということができないと思いますから治すためにも楽にすることから始めていかなければならないと思っています。

どうして起きる腰痛

腰痛や腰の痛みで起きた時には、どうして起きたのかということを聞くと重たいものを持ったりして持ち上げた時に腰が痛くなったとか、何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったとかはたけ仕事をしていて前かがみで耕していたら腰が痛いとか車の運転を長くしていると腰が痛くなるとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか合わない靴を履いて長く歩いたので腰が痛くなったとか靴下やズボンを履こうとした時に腰が痛いとか色々な腰痛があります。
何か押して痛くなったというのは切っ掛けです。

骨盤の歪み・背骨のズレから痛みになる

腰痛と言うときっかけと骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが深く関係しています。
骨盤のトラブルときっかけの両方が重なった時に腰が痛くなります。
どちらかが欠けても腰痛が起きることはなく腰が痛くなることもありません。
例えばですけど骨盤のトラブルが起きている時に重たいものを持ったりすると体をさせることができません。
体を支えることができないのに重たいものを持ったり腰に負担がある姿勢をした時に腰が痛くなります。
そして腰痛は腰の痛みのある方が進行してしまうのが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

椎間板ヘルニア、坐骨神経痛

椎間板ヘルニア坐骨神経痛というのも特別なものではありませんので誰でも普通に起きてしまっていますが、それが分かっていないという方もいますしレントゲンで検査しても見つからない場合もあります。
当院でも病院に行って検査をしてきたレントゲンを撮ってきたという方が来られますが当院で検査をしてみると椎間板ヘルニアがあると言うかと思いますがレントゲンを撮った時点ではなかったという場合もあります。
体の状態とはいつも違いますので変化していますからレントゲンを撮った時点ではなかったということもあるということです。
疲れやストレス
腰痛や腰の痛みや坐骨神経痛や椎間板ヘルニアが起きている時には体はどういう状態になっているのかという問題なんですが体調を落としている時です。
体調が良いのに腰痛や腰の痛みが起きていたり椎間板ヘルニアが治らなかったり坐骨神経痛が起きるということはありませんので体調が良いことの逆のことが起きているということですから体調が悪い時に腰痛や腰の痛みが起こります。

体調が関係する腰痛、腰の痛み


しかし体調というのは何を感じて体調というのかという問題があります。
検査をしてみると体調が異常と思えるほど悪いのに本人は腰だけが痛いという方もいます。
体調が悪いということは全体が落ちていますので体調が悪いわけです。
体調を落としているから骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起こります。
体調が悪くて骨盤の問題が起きている時に重たいものを持ったりしたら腰が痛くなります。
※しかし湿布を貼ったりしても痛みは改善できる可能性もありますが骨盤の問題は残ったままになっていますし体調を上げているわけではありません。
ドラッグストアなどで売っているサプリメントや健康食品を飲んでも体調を上げることができませんし栄養をからだに取らせるというだけですから体調とは全然意味が違います。

簡単ではない体調を上げる事

一番難しいのが簡単には上がりにくいのが体調をあげるという治療ですから元来、体調をあげるという治療はないと考えた方がいいと思います。
体調を上げるためには運動をしても体調をあげることはできませんし余計に運動したりすると疲れやストレスが増えてしまいます。
ジョギングをしても同じことが言えますので体調をあげるというよりも筋肉を鍛えるだけですから筋肉を鍛えても筋肉を鍛えた代償として疲れやストレスが多くなっていきます。
疲れやストレスというのはどこにでも溜まっていきますから何をしても溜まっていきますし何もしなくても溜まっていきます。

疲れやストレスが多くなるばかり


散歩をすることでも疲れやストレスが多くなっていきますので気分転換にはなると思いますが気分転換になる代わりに肉体的には疲れやストレスを多く蓄積させてしまいます。
旅行に行っても行き帰りの疲れやストレスが加わっていきますので気分転換にはなりますが精神的に開放状態を行うことができますが肉体的には疲れやストレスは溜まるばかりです。
カラオケに行っても日商をするとストレス発散と言いますが精神的なストレス発散はなりますが肉体は歌えば歌うほど疲れを感じてしまいますので疲れを溜め込んでしまう結果になります。
飲みに行っても気分転換にはなりますが精神的な開放状態を作ることはできますが肉体的には内臓疲労もアルコール分解やアルコールを消化することだけでも大変なエネルギーを消費しますし座っているだけでも疲れやストレスを送り出していきます。

疲れやストレスの蓄積

多くの方が勘違いしている場合がありますが何をしても疲れやストレスが多くなるばかりですが多くなったものを減らす努力をしていませんし減らすことを考えていません。
疲れやストレスというのは限界なく溜め込んでしまうことができますが負のエネルギーになってしまい色々な部分を悪くしたり故障の原因につながります。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向を示しますので弱い部分は急速に悪くなっていき不のエネルギーが溜め込んだ状態で細胞の変化が起こります。
腰痛や腰の痛みになりやすい形慢性化した状態で治りにくくなっている方というのは不のエネルギーを弱い部分に貯めてしまっている場合が多くありますので単純な骨盤の歪みや骨盤の開きだけではすみません。
骨盤の歪みや骨盤の開きがどの期間長く起きていたのかということがありますから長く起きていた期間が多ければ大きいほど単純に骨盤の歪みや骨盤の開きを戻せばいいというわけではすまないということです。
周辺にある筋肉や靭帯も関係しますので筋肉や靭帯が伸びきってしまっているという方がありますので運動した時に痛めてしまうと筋肉や靭帯が伸びてしまうと言うことがきくと思いますので同じような現象が起きてしまい故障の原因になってしまいます。
大腰筋、腸骨筋

筋肉とじん帯も痛みの原因に

筋肉や靭帯というのは骨から骨にくっついていますので骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きるということは筋肉は伸ばされたり緊張したり緩んだりしますのでそういう状態が長く続いていると筋肉や靭帯を戻すのも大変の作業になってしまいます。
単純に骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正したら戻る部分もありますが戻らない部分もあるということです。
しかし毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することは精神的な緊張を加えられることで疲れやストレスは多く生み出されていくばかりなんですが生み出されたものは体に蓄積していきます。
体に蓄積したものは弱い部分に蓄積していきます。
弱い部分が腰であれば腰痛を起こしやすくなっていきますが痛みがない時でも骨盤の歪みや骨盤の開きを起こした弱い部分は同じままではいられませんので進行していくということがあります。
体というのは一年に一才歳をとっていきますが弱い部分は一年に一才歳をとることはありませんので弱い部分というのは疲れやストレスを溜めて負のエネルギーに変換されてしまうと細胞が徐々に変化していくということが起こります。
負のエネルギーというのは大変厄介なものなんですが人は疲れやストレスを溜めてしまうと普通は寝ることで解消できるんですが最近、多くの方が不眠症というよりも睡眠負債状態に陥っている場合がありますので気がついていなくても睡眠障害になっています。

睡眠負債、睡眠障害

睡眠障害というのは寝ているようで深く眠れていないんです。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますが目が覚めないから寝ていると勝手に思わないでください。
音無理というのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので胎嚢が休養とって寝ていることを熟睡と言います。
体が寝ていることではありません。
目を閉じてスースー寝息を立てていれば誰でも見た目で寝ていると思いますが大脳が寝ている場合だけです。
大脳が寝ていない限りは眠れていません。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするから不眠症ですし夜中に何回も目を覚ます方で不眠症です。

不眠症と勘違い

多くの方が不眠症ではないという状態で眠りが浅いんです。
睡眠障害や睡眠負債というのは目が覚めることはありません。
目が覚めることはないけど眠りが一番浅い睡眠になります。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。
目が覚める前に見た夢だけを覚えています。
どんなに長く夢を見ていたと思ってもたった数秒の時間ということなんです。
睡眠負債
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院。

トップへ戻る