腰痛を楽にしていこうと思うなら原因から考えるようにしてください。
どうして腰痛が起きたのかということを考えなければ表面上の痛みだけを楽にすることは可能ですが根本的に治療するためには原因を見つけ出さなければいけません。
腰痛や腰の痛みやぎっくり腰が起きる時には必ず原因がありますがどんなに強い痛みがあっても原因が残ったままになっていると繰り返しやすくなりますし慢性化状態になってしまいますので注意しなければいけませんが多くの治療が対症療法という治療法になっています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは低周波治療器や電器

対症療法と言う治療

対症療法という治療法は原因なんかは関係なく痛みさえ楽にすることをして直したということになります。
対症療法という治療法の中には湿布を貼ったりすることでも入りますので湿布を貼って鎮痛効果があるということで腰痛が楽になることもあります。
家族の方、専門家の先生にマッサージをしてもらうことでも腰痛を楽にすることはできますが対象療法という治療法ですから原因なんかは関係ありません。
鍼を打ってもらってもお灸をしてもらっても対症療法ですから原因なんかは関係ありません。
低周波治療器や電気などをしてもらっても原因なんかは関係なく腰痛を楽にすることはできます。

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因

しかし腰痛というのは原因があるから起きているわけですから原因が残ったままになっていると繰り返しやすくなったり長期間腰が悪くなったりすることもあり進行するということも起こりますが痛みがないときでも原因が残ったままになっていると強く痛みになってしまったり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に進行したりすることもありますが違う形として出てくることもあります。
椎間板ヘルニアというのは特別なものではありませんので誰でも起きていても不思議ではありませんし坐骨神経痛というのも腰痛が進行したものが坐骨神経痛になりますので神経を接触してしまってまたは圧迫したりしてしまって足がしびれたり足が痛くなったりすることがあります。
骨盤の歪み・骨盤の開きから腰痛に

坐骨神経痛、椎間板ヘルニアも

腰痛が起きた時には椎間板ヘルニア、坐骨神経痛なども起きる可能性はあります。
しかし腰痛が起きる時には必ず原因が存在していますので原因から改善していかなければいけませんが原因というのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張を加えられることで生み出されていくものが原因です。
毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することで生み出されて多く蓄積していくものが体に溜まっていきます。
生み出されて体に溜まっていくものというのは疲れやストレスです。
疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので程度や段階があるということですが多くなればなるほど体の部分に異常状態が起きてしまいます。

異状があるから痛みになる

体に起きる異常状態というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレとして現れていきます。
痛みやコリになっていなくても疲れやストレスが溜まっているだけで骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きているということです。
歪みやズレというのは特別なものではありませんので誰でも疲れやストレスが溜まっていくと徐々に大きくなっていきます。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きてしまったりすると何もしなくても痛くなります。
腰痛が起きてしまった時には代表例で言うと重たいものを持ったりしたら腰が痛くなったとか車の運転をしているだけで腰が痛くなるとかくしゃみをしただけで腰に響くとか中腰で 今日してる時に立とうとしたら腰が痛くて伸ばせなかったとか布団に寝て朝、起きたらいつも腰が痛いとか色々なことを言われますがすべては骨盤の歪みは骨盤の開きがないと起こらない現象です。

骨盤の歪み・骨盤の開き

どんな時でも同じ事をしても重たい荷物を持っても骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のずれがないと痛みにはなりません。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きている時に何をしても切っ掛けで痛みになります。
骨盤の歪みは骨盤の開きが最大限になった時に重たいものを持ったりすると体を支えることができませんので体を支えではない状態が起きるのがぎっくり腰であり急性的な捻挫状態です。
ぎっくり腰や寝違えというのは部分でさえ違いますが捻挫です。
ネンザが起きる時には体調が悪い時に起こりますので体に多くの疲れやストレスが溜まっている時に起きる現象が多くあります。
突き指や手首を痛める時でも体調が悪い時に多く起きたりしますので突き指をしても痛みがない時もありますから。
骨盤の歪み・骨盤の開きから腰痛になるのは

ギックリ腰と腰の痛み

ぎっくり腰やネンザが起きる時には必ず体調の悪さが関係していますので体調からあげて整えていくことをしなければ急性状態で痛みを抑えることができます。
腰痛は腰の痛みで起きる時には必ず体調が深く関係していますので体調の状態を考えれば体調からあげなければいけませんが体調を上げることよりも痛みをとることに専念するようにしています。
体と言うのは毎日毎日の生活や運動することや精神的なものを加えられることや仕事をすることで多くなっていくものがありますので多くなっていくものは疲れやストレスなんですが疲れやストレスというのは体の弱い部分に溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

腰の部分が弱いかたは腰の部分に疲れやストレスがたまりやすく溜まっていくと骨盤の歪み、骨盤の開きになっていきます。
肩が弱い人であれは肩に多くの疲れやストレスが溜まっていきますので疲れやストレスが溜まっていくと肩こりに進行していきます。
どこが弱いかで起きる症状が違いますので生理痛の方は生理に関係する部分が弱いということになります。便秘の方は大腸が弱いから便秘になってしまうということです。
必ず人というのは弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそうでもない部分には疲れやすいですがたまりにくくなりますが弱い部分というのはそうはいきません。

弱い部分にたまる

弱い部分というのは疲れやストレスをためやすくなりますので疲れやストレスを溜めてしまうと歪みやズレに進行していきます。
疲れやストレスというのは大変厄介なものなんですがマッサージをしても電気をかけても針をしても、何をしても簡単に減ることはないのが疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分のどこにたまるのかいうことで起きる症状が違います。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

トップへ戻る