腰の痛みと腰痛とは

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になってるものから改善していかないとも取りやすく繰り返しやすく痛みがないときでも原因はどんどん進行していきますが普通一般的に行われている腰痛の治療というのは対症療法という治療が多く見受けられますので対症療法という治療法は湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけたりしても楽になることもありますので表面上の痛みだけを楽にする方法を対症療法といいます。

対症療法とは

対症療法という治療法は多くの治療院で用いられる治療法なんですが楽にすることにかけては可能かも分かりませんが原因が残ったままになっていますので原因が残ったままになっています。
腰痛を起こす時には重たい物を持ったり前屈みで何かを取ろうとして腰が痛くなったり同じ姿勢をして腰を痛めてしまったり、 座って仕事をしていて立とうとした時に腰が痛くなったり合わない布団に寝ていつも朝から腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか色々な原因を言われますが、すべてこれらは、切っ掛けです。
切っ掛けというのは、あくまでも切っ掛けであって原因ではありません。
腰痛を起こしている原因が、もう一つあるからです。
疲れやストレスと腰痛

腰痛の原因とは

腰痛を起こす原因として一番に挙げられるのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレなんですが骨盤の歪みやひらきや背骨のズレというのも何も原因がなくて起きたりすることはありませんのでどうして起きているのかということを見つけなければいけないということなんです。
腰が痛くなったり腰痛になったりするのは原因がありますので骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレがある時には大きくなったり小さくなったりしていますのでいつも変化しているのが歪みやズレです。

歪みやズレが変化する原因

歪みやズレというのはいつも変化していますが変化するのは体に多くの疲れやストレスが溜まった時が原因で、疲れやストレスが溜まっていくと徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなり背骨のズレが大きくなっていきます。
疲れやストレスと腰痛と歪みやズレ

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのはたまるところがあるから溜まっているわけですけど身体全体に泊まりながら弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が形であれば肩こりになり腰が弱ければ腰痛になっていくということで腰の痛みとして現れてきます。
疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで痛みになりやすい所となりにくいところがあるということです。
疲れやストレスというのは誰でも溜め込んでいますが弱い部分でどれぐらい溜まっているかで痛みになるかならないかということが違いますので毎日毎日生活をすることや仕事をする事や運動することでも多くなって積み重なっていきますが体というのは何をしても積み重なって多くなっていきますし何もしなくても多くなってしまうのが疲れやストレスです。

疲れやストレスと腰痛

疲れやストレスが弱い部分に泊まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレで起きて行きますが歪みやひらきや擦れを起こす原因というのは弱い部分にたまると説明していますので弱い部分がどこなのかという問題があります。
体というのは体重の65%から75%が水分で構成されていますので水分に疲れやストレスがたまるということはないと思いますので後残った35 kg の中に溜まるところが存在しています。
疲れやストレス

疲れやストレスがたまる所

あと残った35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
この中で疲れやストレスをためやすい所というのは筋肉にも溜まるということが分かっていると思いますが筋肉にたまっていくと緊張したりこれが起きたり乳酸が多く違ったりということが起こりますが、それ以上にたまるところが存在しています。
それ以上にたまるところというのは内臓です。
しかし病気というわけではありませんので内臓=病気というのを関係付けるのはやめてください。
弱い内臓に疲れやストレスが溜まっていくと特に星に関係する部分というのは今日の後ろ側にある筋肉が深く関係していますので大腰筋と腸骨筋という筋肉になりますが大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが内臓疲労から崩れていくということで保持、出来なくなっていきます。

内臓疲労から腰が痛くなる

ある内臓の疲労が積み重なって行けば行くほど大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなり股関節の内側についている筋肉で背骨まで入ってる大きな長細い筋肉なんですがこの筋肉が骨盤を保持をしていますので特に歪みやズレを起こすのは大腰筋と腸骨筋が原因の場合がほとんどです。
そしてさらに背骨のズレというのも複合的に原因が二つ重なっていますので骨盤が安定度合いを失えば背骨は不安定になりますので不安定状態から腰椎の5番目と4番目の骨は濡れやすい状態になります。
骨盤が歪んだり開いたりしているのに、その上に立っている背骨が正常な理由はありませんしまっすぐでいられることはないということです
腰痛とは大腰筋、腸骨筋
大腰筋と腸骨筋に影響が出す内臓というのは腎臓です。
腰痛や腰の痛みと聞くとすぐにイメージ 腎臓疲労です。
弱い腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋の筋肉のバランスが悪くなり骨盤が歪んだり骨盤が開いたりして 背骨が不安定になって腰椎の4番目と5番目つまり骨盤の上がズレを起こしていきます。
腰痛とは大腰筋、腸骨筋と疲れやストレス

TOPへ