腰痛

腰痛を 楽にしたいと思うのなら 原因から改善していかなければ ボキボキしてもマッサージしても湿布を貼っても低周波治療器をかけても 効果がなかったりすることも多くありますので原因を見つけ出すことです。

腰痛を楽にしていく

腰痛を楽にしていくためには、色々な方法があるかも分かりませんが、湿布を貼ったりしても楽になることがありますし、ドラッグストアで売っているサプリメントや腰痛を楽にするという薬を飲んでも楽にすることができますが、家族の方に腰を揉んでもらったり、専門家の先生にマッサージをしてもらったり、整骨院や整体院やカイロプラクティック院で低周波治療器などをかけてもらったり、ボキボキしたりすることでも腰痛は楽になっていくことはありますが、腰痛の原因が残ったままになっています。

 

腰痛というのは重たいものを持ったりすることで、痛めたりすることが多くありますし、急に屈もうとして腰が痛くなったり、前屈をして何かを取ろうとした時に腰が痛くなったりくしゃみをしただけでも腰が痛くなったり、車の運転をしている時にも腰が痛くなったり、中腰で座っている時に急に立とうとした時に腰が伸ばせないぐらい痛くなったり色々な腰痛があります。

 

何かをしたりしていたくなることは多く見受けられますが、何もしなくても痛くなる時もありますので、原因を見つけ出さなければいつまでも楽にすることばかりしていると原因もいつの間にか進行していく場合が多くあります。

 

腰痛には腰痛を起こしている原因が存在していますので、腰痛を起こしている原因を見つけ出さない限りは1時的に楽にすることができても対象療法という治療法ですから、痛み止めにしかなっていません。

 

腰痛には腰痛を起こす原因があるから、腰を痛めたりするわけですけど、重たい物を持ったりすることが原因ではありませんしくしゃみをしただけで腰が痛くなる方もいますので、どうして腰が痛くなるのかということを見つけ出さなければいけません。

腰痛には二つの原因

腰痛を起こす原因というのは二通りの原因があります。

 

一つ目の原因は重たいものを持ったり、中腰お2人、何かを取ろうとして手を伸ばしたりくしゃみをしたり、車の運転をして同じ姿勢を続けたり、横座りをしたり、あぐらを組んだりサッカーをしたり、野球をしてひねったりすることでも腰痛が起きてしまいますが、これらは全て一つ目の原因になりますので一つ目の原因のことを切っ掛けと言えます。

 

一つの原因と言いましたが、切っ掛けとあることが重なった時に腰痛を起こしやすくなる条件が揃っています。

 

ある条件で腰痛が起きたりするというのは、骨盤の歪みや骨盤の開き骨盤が不安定になっているのに気が付かないで重たい物を持ったり、前屈をしたり、中腰をしたり、同じ姿勢を続けたりすることで体を支えることができないと腰痛になる条件が揃っているということなんです。

腰痛を起こす切っ掛け

骨盤の歪みと骨盤の開きと切っ掛けが揃った時に腰痛がいつ起きても不思議ではない状態になっていますので、骨盤の歪みや骨盤の開きというのはどうして起きるのかという裏側にある原因があるということなんですが、単純に楽にする治療が多くあるため、原因を見つけ出すことはしていませんので、多くの方が骨盤の歪みや骨盤の開きを残したままになっています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きを残したままになっていると、残したままで何も起こらないということはありませんので、何かが起きてしまうことも多くあります。

 

腰痛を起こす時には、骨盤の歪みと骨盤の開きがある時にきっかけがあって、腰痛やぎっくり腰や椎間板ヘルニアや座骨神経痛になっていきますので、椎間板ヘルニアや座骨神経痛というのも特別なものではなく、誰でも起きるものなんです。

 

腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きています。

 

腰痛を起こしているのに、骨盤の歪みや骨盤の開きがないという方はいません。

腰が痛くなる時には

腰痛や腰が痛くなる時には、骨盤の歪みと骨盤の開きがあって、重たいものを持ったりするきっかけがあると腰痛になると説明をしましたが、何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることはありませんので、何かの原因があるから歪みや開きが起きるということなんです。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや色々な物事をすることに原因があります。

 

毎日毎日の生活することや、運動することや仕事をすることや歩いたりすることやジョギングをしたりする事やストレッチをしたりすることや車の運転をすることや足を組んだり座っているだけでも多くなったりするものです。

 

これが溜まっていない方はいません。

 

多く体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

体には毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動することや何をしても疲れやストレスは多くなるばかりですし、色々な物事で体に蓄積していくということが多くありますので、蓄積して多くなるものを減らすことをしていけば、骨盤の歪みや骨盤の開きが最小限にとどめられるということなんです。

 

しかし、疲れやストレスというのは身体にある弱い部分に多く蓄積していきます。

 

疲れやストレスがたまるところがあるから、身体に歪みやズレが起きます

 

疲れやストレスが溜まる所というのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきます。出てきた水というのは、血液だったり、リンパ液だったり、体液だったりという色々な水の成分が出てきますが、水に疲れやストレスが溜まるということは考えられないと思いますので、あと残ったものに疲れやストレスがたまるところがあります。

 

体重の半分以上が水分ということですから、あと残った35キロの中に疲れやすいですが、たまるところがあります。

どこに疲れやストレスが溜まる

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら残った35キロの中に原因があるということですから35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になります。

 

この中で疲れやストレスがより多く溜まりやすいと考えられるのは、中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉にたまるということが多いということです。

 

疲れやストレスというのは、体-1番奥にある内臓に蓄積していきますが、内臓と言っても病気と言ってる訳ではなく、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく説明を聞いてください。

 

疲れやストレスというのは、体の内臓に溜まっていきますが、内臓にたまっても病気と言ってる訳ではありません。

 

疲れやストレスの溜まる所というのは、内臓に溜まっていき、内臓の働きを低下させてしまいますが、数値の異常は出てきませんので病気ではありません。

 

病気になっている時には、血液検査や尿検査やレントゲン検査やMRI検査やエコー検査などでわかるのは数値の異常が出ている場合と、細胞の何かの状態が起きている場合だけですから、それら以外は病気ではありません。

疲れやストレスの蓄積が

疲れやストレスの蓄積が内臓に溜まることが原因で内臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり、体の歪みやズレがおっきいていきます。

 

内臓と色々な筋肉というのは関係がありますし、背骨のズレも内臓に関係がありますので、内臓の部分に疲れやストレスがたまることが原因で背骨はズレを起こしていきます。

 

誰でも生活している限りは生きている限りは疲れやストレスと隣り合わせで付き合っていくしかありませんので、生活する上で仕事をする上で色々な疲れやストレスが多くなるばかりです

 

テレビなども見ているだけで疲れやストレスが多くなるとでます。

 

車の運転を長時間しているだけでも疲れやストレスが溜まって眠くなります。

 

疲れやストレスというのは、全員に溜まっているものなんですが、腰痛になる部分が弱い方がより多く蓄積してしまい、骨盤の歪みや骨盤の開きになっていきます。

腰痛を起こす時には必ず

腰痛を起こす時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますので、そして背骨のズレも同時に起きていますが、背骨のズレは骨盤の歪みや骨盤の開きから不安定状態で腰椎の5番目と4番目の骨がずれて椎間板ヘルニアになっている方が多くいます。

 

しかし、腰痛の原因になっている骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレを直さなくても1時的に楽にすることができるために安易に考えている方が多くいるため、こじらせている方や悪化させている方や形を違えて腰痛という状態ではない状態で出てきている場合があります。

 

特に最近多くなっている、腰痛の根本的な治療を行わない方が多く見受けられるのが脊椎管狭窄症という問題が出てきています。

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が腰痛の解消に訪れています。

 

トップへ戻る