腰痛

腰痛を楽にしていくためには、何をしたらいいのかということを考えたら方がいいと思いますので、湿布を貼っても楽になることもありますし、家族の方にマッサージをしてもらっても楽になることはあるでしょうし、ドラッグストアなどで売っているサプリメントや腰痛を解消するという薬を飲んでも楽になることもありますし、低周波治療器などを当てても楽に感じてしまうこともあるために本当の腰痛の原因を忘れてしまっている方が多くいます。
特に腰痛の時に病院で行う注射というのは痛み止めですから、痛みは止まるでしょうけど、原因が残ったままになっています。

 

腰痛には腰痛を起こしている原因が潜んでいますので、原因から改善していかなければ、いつまでたっても原因が残ったままになっていますし、原因もいつまでも同じ所にはいられません。

 

腰痛を楽にする治療というのがありますが、楽にする治療というのは対象療法という治療法ですから、根本的な治療にはなっていませんので、楽にすることを中心的にしていますから、痛みを楽にすることをしているだけです。

腰痛の原因

まずは痛みを楽にしたら原因を見つけ出さなければいけません。

 

腰痛を起こした原因と思われているのが重たい物を持ったりしたら、腰が痛くなったとか中腰をして何かをしていたら腰が痛くなったとかには仕事をして座って仕事をしていたら立とうとした時に腰が痛くなったとか夜寝て朝起きたら腰が痛くなったとか前かがみで前屈していたら腰が痛くなったとか野球のスイングをしていたら腰が痛くなったとか、サッカーで蹴ろうとしたら腰が痛くなったとか色々な原因だと思われているものが存在しますが、これらは全て原因ではなくて、切っ掛けです。

 

切っ掛けというのは原因ではありません。

 

切っ掛けをする前に、あることが起きていないと腰痛にはなりません。

 

あることというのは、骨盤の歪みや骨盤の開きです。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがある時に重たいものを持ったりすると、体を支えることができないぐらい言葉が不安定になっていると腰が痛くなったりながらぎっくり腰をしたりなります。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがない時には重たい物を持っても腰痛になることはありません。

腰痛の原因とは

腰痛になる原因とはどうしてなるのかというのは骨盤の歪みや骨盤の開きと説明をしましたが、どうして言葉の歪みや骨盤の開きが起きるのかという原因がさらに上にあります。

 

何も原因がなくて歪みやズレが起きることはありませんので、どこかに歪みやズレが起きる原因があるということなんですが、横座りをしても骨盤が歪んだりすることはなく、足を組んで座っても骨盤が歪んだりすぐズレたりすることはありませんし、歩いたりジョギングをしたりすることでも骨盤が歪んだりズレたりすることはありません。

 

どうして骨盤がずれたり開いたりするのかという原因があるということなんですが、その原因として考えられるものは普段日常的に多く積み重なっているものが原因なんですが、日常的に積み重なるものというのは疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスというのは、生活することでも多くなりますし、運動することでも多くなりますし、仕事をすることでも多くなっていくのが疲れやストレスです。

 

ジョギングをしたり、歩いたりすることでも疲れやストレスは多くなるばかりですし、食事をつかっ作ったりすることでも疲れやストレスは多くなりますし、掃除や洗濯することでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですが、疲れやストレスはかなり溜まるということは知っていると思いますが、体のどこに溜まるのかということを考えた人は少ないと思います。

 

疲れやストレスがたまるところがあるから、溜まっていってる訳ですから、疲れやストレスが溜まる所から減らさないと減ることはありません。

 

疲れやストレスが、勝手に溜まっていってるからといって何も考えないと大変な結果になっていきます。

疲れやストレスの蓄積

人の体には疲れやストレスが多く、蓄積しているという風に簡単に言いますが、言うだけであって減らす努力をしている方はいません。

 

疲れやストレスというのは、溜まるところがあるから溜まっていってる訳ですけど、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまりながらある部分に何10倍も多くの疲れやストレスが溜まっています。

 

疲れやストレスが溜まる所というのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので、体重の半分以上6割以上は水分で構成されているということが言えますが、水分と言っても血液だった人リンパ液だったり体液だったり色々な水があるということなんですが、水に疲れやストレスが溜まるということは考えにくいので、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあると思います。

 

三十五キロの中にはリンパと血管と神経と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系と内臓しかありません。

 

中枢神経系も内臓の1部ですから、疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉にもたまにながら体の奥の内臓に溜まっているということが言えると思います。

 

内臓には多くの疲れやストレスが溜まっていっていますが内臓というと何でもかんでも病気というのを関係づけることなく、内臓に疲れやストレスが溜まると説明をしていますので、内臓の病気というわけではありませんので注意して説明をしっかりと聞いてください。

 

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓に多く蓄積していきますので、内臓というと体の1番奥にありますので一番奥から崩れを起こしていきます。

内臓疲労が腰痛に

内臓疲労が腰痛になりますので、内蔵というのは人の体には多くの内臓がありますが、腰痛になりやすい内蔵というのは腎臓と膀胱と子宮になります。

 

人の体には弱い内臓とそうでもない内蔵というのが遺伝的に決まっていますので親からもらった家系的なものから弱さが関係をしていますので弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく腎臓が弱い方が腎臓に疲れやつれすがためてしまうと腎臓に関係する大腰筋と腸骨筋という筋肉に影響が出てしまい骨盤に付着しているため骨盤を引っ張ったりしますので骨盤が開いたり骨盤が歪んだりということが起こりますので骨盤の歪みや開きが骨盤不安定状態を起こし腰痛になりやすくなりますので、あとは切っ掛けだけです。

 

腎臓が弱くない方は腰痛になる可能性は少なく、腰痛が起きやすい方は腎臓が弱いということなので、腎臓の病気になりやすくなります。

 

弱い内臓が先将来に色々な問題になっていきますので弱い内臓を強くすることができれば、先将来の問題を変えられる可能性もあるかも分かりませんが、簡単にはいきません

 

腰痛と言っても1時的な痛みで済んでしまうと考えがちなんですが、先将来の道に繋がっているということなんです。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので、睡眠負債状態になっている方は自分でも気がつかないうちに眠れていなくて、大脳が弱ってしまっている方が多くいます。

 

睡眠負債状態というのは怖さがありますので、睡眠負債状態になっていることさえ気が付いていないで寝ている方が多くいます。

 

睡眠負債というのは、夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしやすいんです。

 

睡眠負債というのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、熟睡状態のことなんですが、熟睡状態が全然ない方がいますので、ただ寝ているという状態になっている感じです。

 

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、長く夢を見ていたと思っても脳が起こすトリックであり、数秒の時間だったりする分の時間だったりという感じなんです。

眠りが浅いことが骨盤の歪みや開きになる

睡眠負債というのは、寝ているようで眠れていませんので、大脳が急激に弱っていき、奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調をしていますが、いくら体調をあげようとしても上がることはありませんし、逆に大脳が弱ってしまうことが原因で痛みやこりを感じにくくなっていき、限界まで悪さを溜めてしまった時に起こしている方が多くいますので、その時には簡単な疲れやストレスの蓄積という状態の腰痛ではありません。

 

こじらせてるというか、悪くしているというか、変な状態の方が腰痛を起こしていますので、長期間の治療がかかりますから、簡単に治る方とそうでもない方がいるということです。

 

本当に厄介な状態の骨の変形状態の方もいますし、周辺にある筋肉靭帯が硬くなりすぎて、骨化状態の方もいます。

 

骨化してしまった筋肉が簡単に柔らかくなることはありませんので、今までどんな治療をしてきたのかというと湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり、低周波治療器を当てたり、マッサージをしたいという治療の方が筋肉が硬くなりすぎて骨化してしまっている方が多くいます。

こじらせている腰痛

本当に多くの方が腰痛をこじらせていますので、単純な腎臓に疲れやストレスですが、溜まった状態の骨盤の歪みや骨盤の開きから起きる腰痛とは違います。

 

もっと最悪な状態で腰痛を起こしている方が多くいますので、簡単に治る方もいれば簡単に治る方というのは単純に腎臓に疲れやストレスが溜まった状態で起きている骨盤の歪みや骨盤の開きの形の場合だけです。

 

特にこじらせている方や骨化してしまった状態の方や睡眠負債状態のある方は大脳が弱ってしまっていますので、簡単に回復させることはできません。

 

大脳が弱ってしまった方は、たった瞬間に骨盤が崩れていきます。

 

それほど大脳が弱ってしまった方が多くなっているので、簡単ではないという意味で説明を加えています。

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が腰痛を楽にするためにこられています。

トップへ戻る