腰に強い痛みが走ったら

腰に強い痛みが走ったら

腰痛、腰の痛みがおきるのは

腰痛、腰の痛み 男性では膀胱と前立腺女性では膀胱と子宮が関係しています。

 

腰痛、腰の痛み

 

男性も女性も膀胱は硬くなることが多くなって硬くなると尿を貯めづらくなって夜中にトイレに行きやすくなることは知られています。

 

この膀胱の問題から 骨盤がゆがんだり言葉が開いたりすることは起きています。

 

そして生理痛がある方や 生理不順がある方便秘がある方などは骨盤の内臓の問題なので骨盤の内臓の調子が悪い時には骨盤の歪みが起きていますこういうことからも腰痛や腰の痛みが起こります。

 

膀胱や 子宮 や 前立腺の問題というのは腰痛や腰の痛みの方のたった数パーセントに過ぎませんので、あと大半の問題は腎臓に関係するものです。

 

95%以上の 腰痛や腰の痛みの原因は腎臓です。

 

腎臓に多くの疲れやストレスが溜まることで大腰筋、腸骨筋という筋肉がバランスを失って骨盤がゆがんだり、開いたりして骨盤の歪み 開きが起きると体を支えられないので 腰痛や腰の痛みになります。

 

 

 

 

足をあげるときに使う筋肉が大腰筋、腸骨筋という筋肉なので、この筋肉のバランスが悪くなることが 骨盤を開いたり骨盤の歪みを起こしたりする原因なんですが、 どうして、この筋肉がバランスが悪くなるということが起きるのかそれには内側に原因があります。

 

 

 

 

大腰筋、腸骨筋のバランスの狂いが言葉を開いたり言葉の歪みを作る原因ですから上のイラスト見てもらえばわかると思いますが、大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなって背骨や骨盤が歪んでしまっています。

 

この背骨や骨盤の歪みやひらきが起きている時に姿勢が悪くなったり中腰の姿勢は前かがみの姿勢や重たいものを持ったりしたことが原因で腰痛は腰の痛みになります。

 

それらを悪化させたものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛や足のしびれ足の痛みになっていきます。

 

腎臓というのは 内臓的にはどういう働きをするかというと血液が腎臓中に入ってきて尿を生成するところです。

 

つまりおしっこを生成するわけですけど、血液が中に入ってきて、ろ過することで老廃物を除去して良い血液場、体内にかえして、いらない水と濾過したものはゴミとして膀胱へ送られます。

 

膀胱から体外に排出されていきます。

 

つまり水道で言えば浄水器と同じ役目を負うのが腎臓です。

 

体内に混ざっている老廃物が多くありますからその老廃物をろ過して体外に出すことをしているのが腎臓の働きです。

 

腰痛や腰の痛みが起きてる方は、この腎臓機能が弱っていて腎臓機能が弱っていることが原因で大腰筋、腸骨筋に影響を出してしまってバランスを崩してしまって腰痛は腰の痛みになっていきます。

 

腎臓が弱っているわけですから病気ではありませんので、ここでも注意をしておきます。

 

腰痛や腰の痛みの原因は95%以上は腎臓の働きの問題ですから腎臓の働き悪くなると血がドロドロしたりということも、老廃物の処理ができなくなって体内にゴミが多くたまるということも起こリます。

 

もちろん腎臓に限らず骨盤の歪みが起きるということは、腸の働きや膀胱の働き、また子宮、前立腺の働きの 阻害してしまうことは起こります。

 

骨盤が歪んでいるのにまたは骨盤が開いてるのに内臓臓器は正常だという事は考えられませんから。

 

腰痛や腰の痛みが起きるのは原因があると言いましたけどこの原因は歪みですが、歪みも、どうして歪みになったのかという原因がさらに奥に潜んでいます。

 

骨盤の歪みというのは、大変多くの方に起きていますので腰痛が起きていない方でも、生理痛や便秘など、また下半身の太りや冷えなど すべて骨盤のゆがみから起きています。

 

骨盤の歪みがあるからと言って腰痛や腰の痛みだけではありません。

 

骨盤の中に入っている内臓全てが関係していますので、また骨盤から下、全体的に骨盤の歪みに関係していますから色々な症状が起きて行きます。

 

骨盤の歪みがあると

 

骨盤の歪みがあるといつでも腰痛になってしまいますので重たいものを持ったりしたりすると骨盤の歪みがあると体を支えられないので腰痛は腰が痛くなることが普通に起こリます。

 

骨盤の歪みはこのように誰でもある現状なので腰痛や坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの予備軍がいっぱいいるということも言えます。

 

腰痛や腰の痛みが無い方でも骨盤の歪みが長期間あると脊椎管狭窄症などにもなっていきますので間が狭くなったり神経を圧迫したりして色々な症状が起きていきます。

 

骨盤の歪みがあるだけで歪みが起きた周辺は代謝も悪く循環も悪く流れが悪くなっていきますので神経の中で血液の流れリンパの流れ全てに影響を出して行きますから、それらが、そのままであるわけではありません。

 

体はいつも何かが動いていますので、普通は悪い方向の方に動いて言っています。

 

ではどうして骨盤の歪みや 骨盤の開きが起きるのか、その原因は何でしょうか。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因

 

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は どういうことで起きるのか。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると代謝が悪くなったり循環が悪くなったりリンパの流れ悪くなって老廃物が多くたまるということは言いましたがもうひとつのものが奥底で進行していきますのでその進行したものが主な原因になっていきます。

 

痛みの原因は

 

腰痛や腰の痛みが起きるのは原因があって起きていますのでその原因というのが どこなのかどんな部分なのかによって 腰痛や腰の痛みやぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になっていくものがあります。

 

腰痛は腰の痛みが痛くなる原因というのは2つ原因があります。

 

腰の痛みは腰が痛くなったりする原因は内臓疲労から起きています。

 

内臓疲労と言っていますので病気ではありませんから注意して下さい。

 

腰痛や腰の痛みに関係する内臓に疲れやストレスが溜まることを、内蔵疲労と言っていますので、この内臓疲労から骨盤がゆがんだり骨盤が開いたりして行くと筋肉、靭帯もバランスを失ってしまって、バランスを崩れたときに悪い姿勢、例えばですけど、重たいものを持ったり中腰をしたり体を支えられない姿勢をすると、一気に腰痛が起きたり、腰が痛くなったり、椎間板ヘルニアなったり、ぎっくり腰になったりた骨神経痛になっていきます。