急に腰に痛みを感じたら、どうする?

急に腰に痛みを感じたら、どうする?

腰痛、腰の痛みとは

腰の痛みや腰痛が起きる時には 必ず骨盤の歪みや 骨盤の開き そして 骨盤の不安定状態があるときに重たいものを持ったり長く中腰をしたり前かがみをしたり 同じ姿勢を続けたりして 腰が痛くなります。

 

腰痛、腰の痛み

 

腰の痛みや腰痛がある方は湿布を貼ったりしてもそれなりに効果があることもありますしマッサージをしても痛みが少し良くなることもありますが、それらをしても 原因が改善できているわけではありません。

 

腰痛とは

 

腰の痛みと腰痛の原因というのは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定状態ですから骨盤の問題を改善していくようにしないと繰り返し起きやすくなったり癖になったり痛みがないときでも一気に悪化して 椎間板ヘルニアが起きたり坐骨神経痛が起きる場合が多くはあります。

 

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのも特別なものでもなく特殊なものでも荒く誰でもいつでも起きやすいというのが骨盤の不安定状態です。

 

特に痛みがいつまでも続いて急激な痛みに見舞われる方というのは椎間板ヘルニアになっている可能性がありますので骨と骨の間にある軟骨が損傷起こして膨れている場合がありますからこれのことをヘルニアと言います。

 

腰の痛みは腰痛がある方は 姿勢で起きると思っている方が多いようですが姿勢が関係するのはきっかけで関係する時です。

 

重たいものを持ったり体をひねったり何かを取ろうとして痛みが起きるときにも 体の状態が全てに関係していますので体の状態が良くないと腰の痛みや腰痛が起こります。

 

腰痛などを感じてしまったら何をしたらいいのか迷うことがありますので腰痛と言うと色々な治療法がありますが湿布を貼ったり家族の方に揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったりサプリメントや薬などを飲んだり鍼を打ったりお灸をしたり指圧をしたりなどのように色々な治療法があります。

 

しかし腰痛は根本的には湿布を貼ったり揉んでもらったりマッサージをしたり低周波治療器などの電気をしたりすることでも楽になることはありますが腰痛や腰の痛みを起こしている原因が残ったままになっています。

 

 

 

 

腰痛は腰の痛みが起きる時には原因があるから起きているわけですから原因から改善していかなければ繰り返しやすく 戻りやすくなったり腰の痛みがない時でも原因は同じままではいられませんので進行してしまうということが多くあるんです。

 

腰痛とは

 

腰痛は腰の痛みが起きた時にはどうして起きてしまったのか、なぜ起きるのかということを考えなければいけません。

 

多くの方の腰の痛みを改善してきましたが腰の痛みばかり訴えるばかりで関係するところは関係ないということが多くありますので腰痛や腰の痛みがある方はどうして腰が痛くなるのかということも考える必要があるし表面上の痛みだけを楽にしてしまって治ったと思うでしょうが実は違うんです。

 

対症療法と腰痛

 

対症療法という治療法がありますが対症療法という治療法は湿布を貼ったり揉んでもらったりマッサージをしたり低周波治療器や指圧やはりをしたりということが対症療法になりますので根本的に腰痛はどうして起きているのか腰の痛みのメカニズムのことを考えていませんので表面上の痛みだけを楽にすることを中心にしているのが対症療法という治療法です。

 

多くの治療法が対症療法になりますので、例えば病院に行って注射を打ったりすることでも対症療法の一つですから単純に痛み止めにしかなっていませんので対症療法だということなんです。

 

表面上の痛みも大切ですが

 

腰痛は腰の痛みを治そうと思うならまずは考えなければいけないのは表面上の痛みを楽にすることももちろんですがどうなっているのかということを検査して見つけ出すことをしていますが多くの場合は筋肉や靭帯の炎症が起きている場合がありますので筋肉や靭帯の炎症から改善することをしなければいけません。

 

筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善できたら次にあるのは骨盤の歪みや骨盤の開きから改善していくことをしていますが骨盤の歪みや骨盤の開きから改善していかないと背骨を整えても効果がないということもありますのでまずは骨盤の歪みや骨盤の開きから改善していくことをしています。

 

腰痛の原因

 

骨盤の問題が改善できたら次にあるのは背骨のズレですが背骨がずれたりする時には椎間板ヘルニアが起きている場合もありますので骨と骨の間にある椎間板が膨らんだり膨隆したりひねられたりすることが多くありますので椎間板ヘルニアが骨の正しい位置から飛び出ているということもあります。

 

椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく普段から誰でも起きていても不思議ではありませんので椎間板ヘルニアがある方は背骨のズレを伴いながら起きているというものです。

 

姿勢で痛くなる

 

腰痛や腰の痛みがある方は何をしたら痛くなるのかと言うと重たい物を持ったりしたりすることで体のバランスが悪くなることが原因で痛みになってしまいますが大元は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあることが原因でもあります。

 

腰痛や腰の痛みがある方は必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが存在していますのでズレや歪みが開きから改善していかなければ原因も、いつまでも同じままではいられませんので進行してしまいます。