腰痛、腰の痛みを改善していく施術

腰痛、腰の痛みを改善していく施術

北九州市小倉南区で腰痛の解消をしている徳力整体院ですが腰痛を解消していくためには何をすべきかということを考えなければいりませんので湿布を貼ったりしても 腰を揉んでもらってもマッサージをしても 運動や筋トレをしても 低周波治療器や電気などをかけても色々な方法があると思いますがどれもこれも対症療法という治療法であり腰痛の根本的な改善にはなっていません。

 

腰痛、腰の痛み

 

腰痛を 解消していくためには 原因を検査することをしていかなければいけないのに検査することが、一般的にはできないし検査自体がないために 対症療法という治療法を多く用いていますが対症療法という治療法は原因なんかは見つけ出すこともなく検査することもなく表面上の痛みだけを楽にすることを中心にしていく方法です。

 

腰が痛くなるのは

 

腰痛が起きる時には何かをして起きることが多くありますので一番多いのは重たいものを持とうとして 腰を痛めてしまったとか 何かを取ろうとして前かがみになった時に腰が痛くなったとか 掃除をしていると腰が痛いとか 洗濯物を干そうとする時に腰が痛いとか長く座っているだけで腰がズキズキ疼いてくるとか くしゃみをしただけで腰が痛くなるのか布団に寝て朝起きたらいつも腰が痛いとか色々な腰痛があると思いますが全ては原因があるから起きているわけです。

 

しかし腰痛は腰の痛みと言うと対症療法という治療方が多く見受けられるために根本的な解決にはなっていなくて慢性化を招いたり坐骨神経痛になったり椎間板ヘルニア起こしたりということで進行していくことが多くあります。

 

腰痛や腰の痛みが起きる時には 必ず原因があるから起きているわけですけど重たい物を持ったりすることで腰が痛くなるのは原因ではなくて切っ掛けなんです。

 

腰痛を起こす原因は

 

腰痛を起こす原因は 切っ掛けと原因の二つが初めて揃った時に痛みになっていきます。

 

二つの原因が初めて揃って痛みになりますのでどちらが欠けても痛みになることはありません。

 

腰痛を起こす原因はきっかけと骨盤の歪みと骨盤の開きそして背骨のズレが ある時です。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあると体を支えることができませんので体を支えることができないでバランスが崩れた時に腰を痛く します。

 

しかし骨盤のトラブルというのは姿勢で起きることもなく、横座りすることもなく足を組んだりしても起きることもなく横座りをしても起きるものではありませんので骨盤というのも背骨というのも中枢神経系を守っているものですから簡単に歪んだりずれたりすることはないわけです。

 

しかし骨盤のトラブルが起きる時には必ず骨盤の歪みや開きや背骨のズレが起きているわけです。

 

腰痛と言うと湿布を貼ったりしても楽になることもありますしサプリメントなどを飲んでも楽になることがありますし痛み止めを服用しても楽に感じてしまうこともありますし家族の方に腰を揉んでもらったりしても楽になることもあるでしょうし、専門家のマッサージの先生にマッサージをしてもらっても楽になることもありますし 鍼を打っても呼吸をしても指圧をしても楽になることもあるでしょうし低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあります。

 

また病院に行って注射などを打ったりすることも楽にする方法だと思いますが 楽にすることばかりしていると原因が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられません。

 

腰痛の原因

 

腰痛というのはどうして起きるのかという原因があって起きていますので原因を考えて見つけ出すことをしないといつまでたっても 治らなくなって慢性化したり長期に悪い状態が起きたりすることがありますし進行してしまったりすることもあるということです。

 

腰痛というのは起きる原因が存在するから起きてしまうわけですけど起きる原因というのは自分の体の中に原因があって原因が、起きた時に重たい物を持ったりしたり中腰をしたり同じ姿勢をしたり座って仕事をしている時に立とうとした時に腰が痛くなったりすることがあるので自分の体の中に原因があります。

 

原因がなくて痛みになることはありませんので、どこかに何かの原因があるということですけど湿布を貼ったりして楽になることもあるために対症療法という方法が多く用いられています。

 

対症療法という方法は多くの治療院で、用いられている治療法ですが湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり痛み止めを服用したり注射を打ったり 鍼灸をしたり指圧をしたり 低周波治療器や電気などをしたりすることです。

 

確かに対症療法をすると楽になることもあるために、原因が置き去りになって原因もいつまでも同じままでは入ることができませんので進行してしまうということがあります。

 

腰痛の原因とは

 

腰痛の原因で一番に考えられるのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになってしまっていますので、骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きてしまうことが、原因で重たい物を持ったりして腰を痛めてしまうということが骨盤が不安定状態の時に起きてしまいます。

 

腰痛が起きた時には、どうして起きたのかということを尋ねると多くの方が何かをしていたら痛くなったとか場合によっては何もしていないのに痛くなったとか色々なことを言われますが、これらは全て切っ掛けです。

 

腰痛や腰の痛みが起きる時には、きっかけと 原因である骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが大きくなった時に起きています。

 

両方が初めて揃った時に痛みになりますので軽ければ痛みになることもなく普通に生活することもできています。

 

そのため気がついていない方が多くいますが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレは誰でも起きています。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きは

 

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは誰でも軽く起きていますがどうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きたり背骨がずれたりすることがあるのかという原因は 疲れやストレスに原因があります 。

 

疲れやストレスが多くなればなるほど骨盤は徐々に歪みが開き起こし背骨がズレて行きます。

 

歪みやズレというのは誰でも起きているものなんですが、軽けば何も感じ取ることができていません。

 

骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなる時には疲れやストレスが多く溜まっている時ですから疲れやストレスというのは体に蓄積していくんですが体にも貯まるところと詰まりにくいところがあります。

 

疲れやストレスがたまりやすい所というのは体の部分でも弱い部分になり疲れやストレスがたまりにくいところというのは弱くないというよりも強くないというよりもそうでもない部分になります。

 

腰痛や腰の痛みを楽にしていくためにはどうすればいいのかと言うことも考えなければいけませんので腰の痛みを気にすることも大切なんですが原因を見つけることなく表面上の痛みを楽にすることもできますので楽にする治療のことを対症療法と言います。

 

対症療法とは

 

対症療法と言う治療法は多くの治療院で行われている治療法なんですが原因を見つけ出すこともなく検査することもなく単純に痛みを起こしている部分に湿布を貼ったりサプリメントを飲んだり家族の方に腰を揉んでもらったり専門家の先生にマッサージをしてもらったり低周波治療器や電気などをかけたりすることが対症療法と言う方法ですし病院に行って注射を売ったりすることも対症療法の1つになります。

 

対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられませんので進行していくと言うことが起きてしまうのが怖いところなんですが表面上の痛みを楽にすることができる可能性もあるために多くの治療院で行われている治療法でもあります。

 

腰痛や腰の痛みには原因があります

 

腰痛や腰の痛みを改善していくためには原因を見つけ出していかなければいけませんがまずは筋肉や靭帯の炎症や腫れを改善することをしたり骨盤の歪みや骨盤の開きを改善することもしなければいけませんし、どうして、どこから骨盤の歪みが起きているのか、背骨がずれているのかということを見つけ出さなければいけません。

 

腰痛や腰の痛みがあるときには必ず炎症や腫れを伴って起きていることがありますから炎症や腫れを見つけ出して改善していくことをしていかなければいけませんが多くの場合検査することもできないと炎症や腫れがどこにあるのかということを見つけ出すこともできない可能性もあります。

 

腰痛や腰の痛みと骨盤の歪み

 

腰痛や腰の痛みが起きるときには必ず骨盤の歪みが存在していますので骨盤の歪みを矯正することをしなければいけませんが骨盤の矯正も、ただボキボキすればいいと言うわけではありませんのでどこどこから骨盤の歪みが起きているのかということを見つけ出すためにもまずは骨盤の歪みを矯正して正すことをしていきます。

 

骨盤の歪みと同時に起きているのは背骨のズレですから背骨のズレも解消していくためにも背骨のズレを見つけ出してどの部分のズレが大きく動いているのかということを考えなければいけませんので考えるためにも検査をして見つけ出すことをしています。

 

腰痛や腰の痛みの原因は骨盤の歪みや背骨のズレだけではない

 

腰痛や腰の痛みが起きているときには、必ず存在している骨盤の歪みや背骨のズレなんですが原因がなくてずれたり歪んだりする事はありませんのでどうしてどこから歪みやズレが起きているのかということを見つけ出す必要があると言う事なんですが普通一般的では足の長短で判断したりすることも多くありますが足の長短だけで判断することができないことも多くあります。

 

腰痛や腰の痛みの原因

 

腰痛や腰の痛みの原因と言うのは特別なものではなく毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや歩いたりすることやジョギングをしたりすることや筋トレしたりすることやお買い物をして歩いたりすることやいろいろな動作で多く蓄積していくものが原因です。

 

何をしても多くなっていきますし何もしなくても多く積み重なっていくものが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きていきます。

 

疲れやストレスの蓄積から痛みになる

 

腰痛や腰の痛みが起きるときには必ず疲れやストレスが多く溜まっているときにで起きていきますので疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が腰であれば腰痛になると言うことです。