腰痛

腰痛 が起きやすいか繰り返す方、数年に一回でも腰が痛くなったり腰痛を起こしたりする形は原因がありますので原因から改善していかないといつまでも原因がそのままではありませんのでそのままではないということは進行していくということで腰痛としてではなく腰痛が悪化した形ではなく違った形で進行が進んでいきいつかは表面上に出てくることがあります。
腰痛や腰の痛みが起こりやすい方は 姿勢が原因だと考えている方が多くいますが姿勢が原因ではなく姿勢はあくまでも切っ掛けでしかありません。

 

例えば腰痛を起こした時には 重たいものを持ったりして腰が痛くなったと患者さんは言われますが重たいものを持つことが原因ではなくて同じものを同じように持っても腰が痛くならないし腰痛にならない場合もありますから他の原因があると思うほうが普通です。

 

畑仕事をしていて前かがみになったり 中腰をしたり座ったりして しばらくすると腰が痛くなったり立とうとするときに急激に腰が痛くなったりするのは 原因が中腰やはたけ仕事にあるわけではなく同じことをしても痛くならないし何も起こらない時もありますので畑しごとや前かがみ屋中腰などで痛くなることではなくその前に原因があるから同じことをした時と違いが出ます。

 

車の運転を長く続けていると姿勢が悪かったりクッションが悪かったりすることで腰が痛くなったり腰痛になるという方までいますが 同じことをしても痛くなる時と痛くならない時があります。 痛くなる時と痛くならない時の差があるわけですからそれらを考えていかなければ本当の意味で腰痛や腰の痛みを楽にすることはできないと思います。

 

靴下を履こうとした時に前かがみになったら腰が痛くなったという方は多くいますがこれらも前かがみになって靴下を履こうとしたからではなくその前にあることが起きているのが原因ですからあることから強制して整えていくことをしないと同じことを繰り返しやすくなります。

 

夜寝て朝目が覚めたら腰が痛くて動けなかったまたは動けなくなったという方は寝た時に眠りが浅く眠りが浅いのに寝ている状態があって 原因がどんどん進行したのが痛みの原因です。

 

くしゃみをしただけで腰が痛くなったりヘルニアになったりぎっくり腰になるという方もいますがこれらも全てきっかけであって原因は別なところにあります。

腰痛や腰の痛みは

腰痛や腰の痛みを起こす時には何が起きているのかということを考えなければ先に進めることはできませんのでまずは腰痛や腰の痛みの原因のトップである骨盤の歪みや背骨のズレを見つけ出して強制することをしていますが最近は骨盤の歪みや背骨のズレだけで起きているという方はどんどん少なくなっています。

 

つまり腰痛や腰の痛みの原因が変化しているということです。

 

普通は腰痛と言うと骨盤の歪みと背骨のズレが起きて骨盤の歪みのために体が支えられないくらいになると急激に靭帯の炎症や筋肉の炎症が起きて強い腰痛になっていきさらに悪化させたものが誰でも起きますが椎間板ヘルニアになります。

 

椎間板ヘルニアというのも特別なものではなくまた特殊なものではなく誰でも起こるものなんですが歪みやズレを悪化させると椎間板が潰されたりでまったりしてきますのでこの現象の事を椎間板ヘルニアと言い出っ張った部分が神経を圧迫したり触ったりすることで起きるのが坐骨神経痛です。

普通の原因は骨盤の歪みと背骨のズレです。

しかしどうして骨盤の歪みと背骨のズレが起きるのかという原因があります。

 

骨盤の歪みと背骨のズレが起きる原因は体に蓄積した疲れやストレスが原因なんですが疲れやストレスというのはどこにたまるのかという問題になると思いますが疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

 

筋肉にもたまりながらある不をに溜まる疲れやストレスというのは大変多くの方に起きていますので全員と言っていいほどその部分に疲れやストレスが溜まって骨盤の歪みや背骨のズレが起きていきます。

 

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら100 kg 中65 kg は水分なんですが身体全体はぎゅーっと絞れば水分が65 kg あるということです。

 

100kg中65 kg が水分ということなので後残った重さというのは35 kg しかありませんので35 kg には骨の重さ筋肉の重さ人体の重さ脂肪の重さ神経と血管とリンパ管などの重さしかありません。

 

後残ったものは 内臓と中枢神経系しかありませんのでつまり疲れやストレスというのは内臓に多くたまるということが分かると思います。

 

特に腰痛に関係する内臓というのは腎臓と膀胱と子宮と前立腺です。

 

内臓と言っても即何でもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れがストレスが溜まると言っていますので内臓の病気とは違いますので注意してください。

 

特に腰痛を起こす法の原因は8割の方が腎臓疲労から起きる腰痛ですから腰痛も腎臓に疲れやストレスが溜まれば多くなればなるほど 大腰筋腸骨筋という筋肉のバランスに腎臓と関係がありますので大腰筋腸骨筋の筋肉のバランスが腎臓に疲れやストレスが溜まることで崩れていき骨盤の歪みや骨盤のズレそして背骨のズレになります。

腎臓に疲れやストレスが溜まると

腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で筋肉のバランスが悪くなり筋肉が骨盤を引っ張ったり歪ませたりしてそして背骨のズレを起こしていき、さらに悪化させたものが椎間板ヘルニアになります。

 

腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや開きが起き背骨のズレが起きますが程度が軽いと何も感じませんし腰が痛くなることはないと思います。

 

歪みやズレにも程度と言うか段階がありますので疲れやすレスが多く貯まれば貯まるほど歪みやズレは大きくなっていきますがこれでもまだ痛みはありません。

 

骨盤の歪みや開きが大きい時に背骨のズレがある時に 姿勢が悪かったりするきっかけが必要なんです。

 

切っ掛けも特別なものではなく重たいものを持ったりくしゃみをしたり車の運転を同じ姿勢で続けたりということが原因になります。

炎症や腫れを改善しただけでも楽になる

ですから 腰痛や腰の痛みがある時でも炎症や腫れを抑えていくだけでも腰痛は楽になりますのでそのため湿布を貼ったりしただけでも腰痛が楽になることはありますが骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレは 残ります。

 

腰痛や腰の痛みがある時にマッサージをしたりしても楽になることはあるかも分かりませんが 痛みは楽になっても骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレがなくなったわけではありませんので残ったままになっています。

 

腰痛や腰の痛みがある時に低周波治療器などの電気治療器をかけると筋肉バランスが余計に悪くなるというよりも炎症や腫れを改善することができますので炎症や腫れを改善しただけでも腰の痛みは楽になることはありますが骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが なくなったわけではありません。

 

骨盤の歪みは骨盤の開きを整えたり背骨のズレを矯正しておかないと脊椎管狭窄症という病気になったり腰の骨にトゲ状のものが出たり脊髄が中に入っている部分に何らかの問題が起こるということもありますので そのまま骨盤の歪みや開きそして背骨のズレを放置しておけばいいというものではありません。

 

骨盤の歪みや骨盤のズレまた背骨のズレというのも何も感じていなくてもそのままでは血行が悪くなったり脊椎管狭窄症という病気に進行して手術を受けたりしなければならなくなることもありますので放置しておいてもいいわけではありませんので注意するようにしたほうがいいと思います。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区、から多くの方がくる腰痛が楽になる。

トップへ戻る