頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛を解消するなら薬ばかり使っていないで原因を見つけていくことから始めなければ、いつまでたっても薬で抑えているだけですから、いつかは頭痛が止まるとゆうよりも進行した状態になっていると頭痛が楽になるという変なことが起きてしまいます。
この現象は頭痛が治ったわけではなく、頭痛が違った形として進行してしまっているという場合が多くありますので、大変、厄介な状態になっていくことが多くなっていきます。

 

頭痛というのは原因があるから頭痛になっている訳ですから、原因を見つけたただければいけませんが、多くの方の場合、原因なんか見つけ出すこともなく簡単に薬ばっかり飲んで痛み止めを使用して安心しているという方が多くいます。

頭痛の原因

頭痛がどうして起きるのか、なぜ頭痛になるのか、なぜ偏頭痛が起きたりするのかということを考えることなく簡単に薬ばっかり使って1時的に抑えていることばかりしていると大変なことになるということです。

 

頭痛というとドラッグストアなどに売っている痛み止めを使うことが多くありますが、原因を見つけ出すこともなく、ただ飲んでしばらくすると自然と頭痛や頭の痛みが治まっていくということで、原因の解決には全然なっていません。

 

原因を見つけ出さなければ、いつまでたっても頭痛を繰り返したり5年も10年も痛み止めを使うということが起きたりすることがありますが、原因が関係している場合はいつまでも同じままではいられません。

頭痛になる時には

頭痛になる時には原因があると説明しましたが、どんな原因があるのかという問題なんですが、よく一般的には肩こりからずっとになるとか、首の痛みや首の凝りから頭痛になるとか、目の使いすぎで眼精疲労が起きてしまい頭痛になるとかいう風に言いますが、重なっているだけだと思います。

 

しかし、重なったものを楽にマッサージをしたり、湿布をしたりすることでも頭痛が治まってしまうために勘違いしている方が多くなっています。

 

肩こりから頭痛になることはありませんし、肩こりと頭痛が同時に起きているという意味になりますが、肩こりや頭痛が起きている時には圧力が高くなっていますので、圧力を下げるマッサージをしたり、電気治療をしたりすることで下げてしまうことで頭痛や肩こりが楽になることが多くあります。

 

痛みやコリが起きている時には圧力が高くなっていますので、圧力を下げてしまうことで色々な痛みは1時的に楽になるというよりも感じなくなってしまいます。

 

感じなくなっているだけで治ったわけではないし、変わった訳ではありません。

頭痛になる時には

頭痛になる時にはどうして頭痛になるのかという原因があると説明しましたが、この原因を見つけ出さなければいけませんが、多くの初診の患者さんは原因だけではなく色々なものが重なって起きている場合が多くありますので、体調の検査をしてみると奈落の底のような体調をしていたり、どん底のような体調をしている方が多くいます。

 

奈落の底のような体調をしていても、どん底のような体調をしていても感じるものは一つしか感じるとることができない場合が多くありますので、頭痛が起きているということがありますが、頭痛が起きる時には圧力が上がって頭痛になっていますので、頭痛だけで起きていることはありません。

 

頭痛だけで起きていることはありませんので、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが必ず起きています。

最近は多くの方が頭痛に悩まされている

本当に最近は多くの方が頭痛に悩まされていますので、頭痛の原因を見つけ出すことをしていますが、多くの方の頭痛に同じような現象が見受けられます。

 

同じような現象というのは、睡眠負債状態の方が多くあります。

 

自分でも気がついていないぐらい睡眠負債状態になって借金状態を重ねている方が多くいます。

 

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くいますので、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

 

どんなにスースーに寝息を立てていても、大脳が休養とって寝ていない限りは眠れていません。

 

眠りというのは、脳が休んでいる状態で熟睡状態を言いますので、毎日毎日、熟睡状態がどれぐらい深く取れるのかということが問題になりますので、熟睡ができている方は頭痛なんかになることはありません。

熟睡状態

毎日毎日の睡眠で大脳がどれぐらい熟睡状態を取れているのかということは、寝ている方には分かりません。

 

寝ている方が分かったら寝ていません。

 

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、長く夢を見ていたなと思っても脳が起こすトリックであり、数秒の時間だったり数分の時間で夢を見ている場合が多くあります。

 

人が見てもスースー気持ちが良さそうな眠りをしていたりすると、寝ていると思うかも分かりませんが、大脳のことを見ていませんから格好だけを寝ていると勝手に思っているだけです

 

眠りというのは簡単なものではありませんので、あくびが出ることが眠る原因になっていますので、あくびというのは大脳が休養取りたいという意味になりますので、寝る前にあくびが出なければいけませんし、どんなに良い睡眠をしていたとしても目がぱっちり開いたとしても、あくびが出ているのが普通です。

 

そんなに毎日毎日、熟睡状態が取れる方は今の世の中にいませんし、環境がそれを許してはくれません。

頭痛と睡眠負債

最近は本当に多くの方が頭を触ったりするとわかりますが、眠れていない頭の方は頭皮がぶよぶよして余っている方が多くいますので、ぶよぶよした状態の頭では地震のあとの液化現象ような感じで脳が弱っている証拠です。

 

また、頭を触ってみると異常に硬く張っている状態の方がいますので、ぶよぶよ状態か固く以上で張っている方が2つに分かれてしまいます。

 

頭を触った感触が正常なのは、しっかりしているような感じがする時に正常レベルの大脳の部分だということがわかりますので、直を時間に触ることはできませんが、頭蓋骨を通してでも脳の状態なことが分かります。

 

最近は多くの方がこんな状態の頭をしていたら眠れていないなと思っていても、本人が気がついていないという方が多くいますので、単純に目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっています。

頭痛と眠り

もし本当に良い眠りをしていたら、頭痛なんか起きるわけはありませんし、もし熟睡状態が取れているのに頭痛が起きていたら大変なことになっています。

 

眠りができないということは、目が覚めないから寝ていると勘違いしやすいですが、寝ながら考え事をしている時間になっている方が圧倒的に多くいますので、寝ながら考え事をしてる時間の方は目が覚めた瞬間に寝ながら考え事をして寝ていたということを忘れてしまいます。

 

そのため、多くの方が眠れていると勘違いしてしまっています。

 

眠りというのは先程も説明しましたように大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので熟睡状態の時間なんですが熟睡状態の数分の時間なんです。

 

眠りがどんどんどんどん深くなっていき、大脳が休養とって寝ている時間に脳を休めることができますので休めていない限りは大脳がどんどん弱っていきます。

 

大脳が弱ってしまうと緊張や興奮状態が強く起こりますので、興奮や緊張状態で頭痛になったり、偏頭痛になったりということがあります。

大脳の弱りから頭痛

大脳が弱ってしまうことが原因で興奮状態や緊張が強くおきますので、興奮状態や緊張状態が続けて起きたり繰り返して起きたりすると脳血管に損傷を起こしたり破れてしまうということも起きたりします。

 

最近、見たテレビで言っていましたが、以前頭痛が起きた方が今、現在、脳梗塞になっている方が半数いるということです。

 

これは年齢に関係なく起きてしまいますので、若いからといって安心してはいられません。

 

頭痛というのは、脳梗塞や脳出血の予兆でもありますから、病気になっていないからといって安心していることができませんし、健康な細胞から1年や2年で病気の細胞に変化するということはありません。

 

何かの予兆として起きてしまうのが頭痛ですから、その頭痛が脳梗塞や脳出血、または脳貧血に連なるという方が半数いるということなんです。

 

頭痛でも起きる頻度と感じ方と強さが違いますので、どういう状態で進行していくのかということが問題になると思います。

頭痛の予兆を見逃さないで

頭痛には頭痛を起こす原因が潜んでいますので、その原因を見つけなければいけませんので、当院では検査をする事をしています。

 

多くの方が大脳が弱ってしまっている方が多くいますので、簡単に治るものではありませんが、大脳を元気にして正常レベルで持っていくという治療をしています。

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が頭痛の解消に訪れています。

 

トップへ戻る